天国からの「贈り物」と「合図」


サイキックのナンシーが私たちに教えてくれたことがあります。

 

「亡くなった人はイメージ、言葉や感情だけでなく、動物、

昆虫や香りを使って気持ちを表す」

 

それを踏まえて雅代さんが、実際に起きた「天からの贈り物のお話」と

「黒い揚羽蝶のお話」を教えてくださいました。

 

 

天国からの「贈り物」と「合図」

 

私(雅代)の親友でサイキックのビルが、心臓の手術をした直後のこと。

 

彼に「お見舞いに、お花を送ろうと思っているのだけれど…」と電話をすると、

「お花はいらないよ。その分のお金を、雅代の亡くなったご主人、

ロブの名前で寄付していた奨学金基金に寄付をしてほしい」と言うのです。

 

写真:雅代さんと夫のロブさん。

   (雅代さんのメガネは視力が悪いのではなく、実験の特別なメガネ)

 

私は夫が他界した折、お香典やお花代を、経済的な事情から

大学に進学できない人たちのための、ある奨学金基金に

寄付をしてほしいと、皆さんにお願いをしたことがあります。

 

ビルはそれを知っていて、そこで、「自分のお見舞のお花代も、

その基金に寄付してほしい」と、私に頼んだのです。

 

 

さて、その2日後の朝のこと――。

ビルは、手術後の苦痛に耐えながら、朝日を眺めていました。

 

そのとき突然、この世のものとは思えない、爛漫に咲き誇るお花の

なんともいえない香りが病室に漂ってきたのだそうです。

 

 

サイキックのビルには、私の夫が天国から、

「お花を受け取らずに、奨学金に寄付してくれたお礼に」

と、ビルにお花をプレゼントしてくれたということが、即座にわかりました。

 

ビルは今まで味わったことのない、そのあまりの豪奢で美しい香りを、

感動しながら満喫しました。

 

そして、その香りを嗅いだ直後から、彼は突然驚く速さで回復したのです!

 

ビルはまた、この香りが驚異的なヒーリングをもたらしてくれたことに気づき、

大感激して、この不思議な奇跡的体験を私に伝えてくれたのでした。

 

私もびっくり仰天でしたが、「天からはすべてお見通しで、

こんなこともできるのだ」と、お茶目な亡き夫の優しさと心遣いにも、

感謝 ・ 感激した次第でした。

 


 

もう一つは黒い超豪華な紋付のような蝶が札幌の気功の先生の

二重窓の間に現れた事があります。

 

北海道は寒いので窓が二重なのですが、

そこに蝶が入り込むのは不可能な事です。

 

これは「アポート」と言って、空中からこの蝶を作り出し、

この狭い二枚の窓にいれたようなのです。

 

この気功の先生は目に見えない世界の事が専門なので、

「雅代さんのためにこの蝶が二枚の窓の中に現れた」と、

わざわざ蝶を見せてくれました。

 

私は不思議に思い、サイキックのビルに誰が

この蝶を窓の間に送り込んだのか聞いたところ、

私の亡くなった夫のロブとの事で、もうビックリでした。

 

後悔が一つ・・・あの蝶をもらって、標本にして

取っておけば良かったと思う事です。残念!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in ★学び, 「心・魂の栄養」, 心温まるお話. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。