感染症にもかからなかったマザーテレサから学ぶ奇跡の起こし方 ~後編~


★前編を読んでいない方は、まずこちらから ⇒ 前編

 

マザーテレサは飢えや病気で苦しむ人たちと、

環境的に最悪な条件のところで、ずっと働いていたのに、
どうして色々な病原菌に感染しなかったのでしょうか?

 

写真提供:Túrelio (author/photographer)
これは本当に不思議ですよね。
その答えは、亡き右脳開発の大家、七田眞先生がおっしゃられて
いたことが非常にわかりやすいです。

 

*****
宇宙には宇宙精神の知性が働いていて、

地球上のあらゆる現象、自然界における重力、

電気、磁気、毛管現象などは、

宇宙精神の知性が導いているもの。

人間の意識の中には超意識があり、

超意識にはサイキックなメカニズムが働いていて、

宇宙意識と交信することにより、
そのエネルギーを利用し生命を生じさせたり、

病を癒したりすることができる。

 

*****

このパワーは人助けをしようとするときに最もよく働き、
人への愛のエネルギーを放出すると、

宇宙意識からその何倍ものパワーをもつ

サイキックエネルギーがその人に流れ込むそうです。

 


マザーテレサやシスターズたちは、人への愛、奉仕の心が強くあって
ポジティブに生きていたから、彼女たちに宇宙のエネルギーがたくさん流れ込み、

たとえ病原菌に遭遇しても、そのエネルギーが

彼女たちの体を守っていたのではないでしょうか

おそらく、人間の集中した強い意志力が、

「不可能」を「可能」にするパワーを発揮したのです。

そしてそれがまた、高次元からの力を引き寄せ、

「奇跡」と呼ばれる、人間の理屈を

超えたことを可能にしました。

 

マザーテレサの人生からは、気持ちの持ち方、意志、確信などが、
自分の健康も人生もすべてを大きく変える、無限の力があることがうかがえますね。
そして、マザーテレサだけでなく、私たちも彼女と同様な思いで生きると、
「不可能」を「可能」にする、奇跡を導く生き方ができるのです。

私が敬愛している、アメリカン・ホーリスティック・医学協会の創始会長で
脳神経外科のシーリー博士が、40歳の時、光っていた本の中にあった、
やっと生きる意味が分かったという、言葉を思い出してしまいました。
「Love is a desire to do good to do others」
「愛とは他人に役立つことをしたくなる欲望」

 

 

家族や周りの人を元気にしたいという献身的な

マザーテレサのような穏やかな心をもち、

前向き元気な思想で生活をすれば体の免疫力もあがるので、

心配や不安に脅かされず、病気にも感染しづらくなりますよ。

 

*****

 

この世界が大変な時期だからこそ”本物の叡智”を!

 

この「ピンチ」を「チャンス」に変えて、より多くの人たちに、

より学びやすくと期間限定の「短期集中講座」がスタートしました!

 

★詳しくは ⇒ こちら

 

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!