シカゴ&アリゾナ、エゴスキュー会議レポート(1)


今年も毎年5月のエゴスキューのオーナー会議の為、

私、エゴスキューセラピストの宮崎信弥と、

同じくセラピストの加藤さんとで渡米してきました。

 

今回は、シカゴとアリゾナへ。

4回に渡り、現地の写真たっぷりのレポートをお届けします!

 

***

 

まずは、シカゴのエゴスキューで少し学ぶ為、シカゴの雅代さんのご自宅へ。

シカゴに到着した次の朝は、いつも早起きになります。

 

こうやってミシガン湖の向こう側に、最高の朝陽を部屋から

観れるので、時差ボケも悪くないと感じるほどです。

 

写真:雅代さんのご自宅から見えるヨットハーバーとミシガン湖の朝陽

 

それにしても、ミシガン湖からの朝陽と

シカゴの摩天楼の朝焼けを同時に見れる雅代さんの

ご自宅のロケーションは「本当に凄い」の一言!

 

写真:雅代さんのご自宅から見える、シカゴの摩天楼

シカゴはある都市計画家のお陰で、湖のところに工場がなく

湖と摩天楼だけで避暑地のように美しい。

 

「一流のホテルでもこの環境は有り得ない!!」

といつも有り難く感じます。

 

また、今年は、秘書のミッシェルのご主人にリフォームして

もらったとの事で、室内も一層素敵になりました。

 

食事をするリビングからの景色、すっきりしたバーカウンター、

どこに居てもまるで日常とは別世界。

 

 

雅代さんの元彼のお姉さんは「織物のピカソ」と言われる人物で、

成り行きで購入する羽目になったという、世界中の美術館に9枚だけ

収められている、時価数百万もするタペストリーなどもあり、

美術館のような重厚な雰囲気まで醸し出していました。

 

写真:まるで美術館の感じのタペストリー。

東京国立近代美術館などにも作品が収められているすごい方の作品!

 

この環境でやるエゴスキューは、この上なく幸せです。

 

 

下の写真の彼女が、雅代さんの「世界一優秀な秘書」のミッシェル。

ポーランドからの移民で、超働き者!

心も見かけも非常に美しく、稀に見る聡明さで優しく気配りいっぱい。

 

写真:ミッシェルの美しさに緊張する信弥さん。

 

医者を目指しているとても優秀な3人のお子さんを育てながら、

ご主人や雅代さんの仕事も助け、その上力持ち!

 

毎月雅代さんが日本に運ぶためのたくさんの非常に重い荷物を

軽々淡々と準備し、この素敵さ。非の打ち所がないですね!

 

一緒に行った加藤さんも、「ミッシェルはもうちょっと年配の方」

と思っていたようで、あまりにチャーミングなので、

その落差にビックリ!まっ、私も同様です!

 

この写真を見てもわかりますが、緊張のせいか

ミッシェルに顔を寄せられてないのが残念です(笑)

 

⇒ 次回へ続く

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in ◎エゴスキュー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!