体に最高、美味しい食品その他の輸入開始!(3)


前回のブログで、遺伝子組み換え食品の

恐ろしさがよくわかりました。

 

マグロに水銀が溜まるのと同じように、

動物の餌までさかのぼって見なければならないことは

とても勉強になりましたね。

 

★前回までのブログを読んでいない方は、まずこちらから!

⇒ 体に最高、美味しい食品その他の輸入開始!(1)

体に最高、美味しい食品その他の輸入開始!(2)

 

今日は欧米と日本の「オーガニック基準」の

差についての、重要な学びです!

 

***

 

最近注目されている食品②

【オーガニックの食品】

日本のオーガニック食品の基準が

まだまだ非常に低いのがわかる話をご紹介します。

ある健康食品の会社の社長がオーガニックの原材料を求め

北欧を訪れた時、北欧ではオーガニックと呼ぶものは、

高速道路から何百キロも離れた、農薬を一度も使ったことのない

畑で生産されたものだと知ったそうです。

また、彼がアメリカのオーガニック栽培をする農家に、

ある地面に落ちるハーブを買いに行った時の事。

 

収穫のために人々が一つ一つ拾っていたので、

この社長が「ビニールを広げてまとめて収穫すると

いいのでは?」と提案したそうです。

 

すると、「君はオーガニックのものを欲しいのだよね?

ビニールを使ったら、ビニールからの毒物の影響を受け、

オーガニックとは呼べなくなるよ」と言われ、びっくりしたそうです。

一方で、日本のオーガニックの作物といえば、

2年前まで農薬が使われていた、高速道路沿いの空気汚染が

明らかな畑で育ち、収穫後はビニールの容器に入れられ、

出荷前に腐敗しない様に薬物を吹きかける現実。

 

欧米と日本との「オーガニック」の基準の大差に面食らったそうです。

アメリカでオーガニックの野菜を食べると

味が全く違って美味しいのがわかりますが、

日本ではその味の違いがわかりづらいのも、

日本のオーガニックの基準が徹底していないのが理由だと思います。

 

⇒ 続く

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!