「親を選んだ理由」を理解できれば、生きるのが楽になる!(5)


前回の雅代さんのお母様のお話を読んで、

このような女性を目指そうと改めて身が引き締まる思いです。

 

雅代さん・亡き夫のロブさん・お義母様のエピソードも

とっても興味深いですね!

 

★前回までをまだ読んでいない方は、先にこちらから。

⇒ 「親を選んだ理由」を理解できれば、生きるのが楽になる!(1)

「親を選んだ理由」を理解できれば、生きるのが楽になる!(2)

「親を選んだ理由」を理解できれば、生きるのが楽になる!(3)

「親を選んだ理由」を理解できれば、生きるのが楽になる!(4)

 

これから私たちはどのようにしていけば良いのか、

雅代さんからの心の栄養をしっかり受け取り、

学んで、実践していきましょう!

 

***

 

7.  問題のある親や子供にどのように対処すべきか

 

【その1】

親の文句を言うなら、それはあなたの

親への教育が悪い証拠

 

前回記事 「親を選んだ理由」を理解できれば、生きるのが楽になる!(4)

5)今回の人生で学び成長できなければやり直しにも書きましたが、

親に問題があると思うなら、勇気を持って親に伝え教育すべきです。

 

私は、子供の頃から親たちを教育してきました。

「自分は親から愛情をもらえなかったから、

こんな人間になってしまった」などとは言えません。

 

私たちは体験し、学び、成長するために親や環境を

自分で選んで生まれてきたので、自分に全て責任があるのです。

 

自分でより良い人生を作り、魂の進化・成長のために

生まれてきたのですから、自分が親を教育するのです。

 

 

この世には、「立派な親になるための学校」もないし、

親になっても突然人間性が高まることもなく、

皆毎日を手探りで精一杯生きているのですから、

未熟な親に勝手に期待し、親らしいことをして

もらわなかったと文句を言う方がおかしいのです。

 

そして、親たちをも、自分と同様にそれぞれの人生劇場を

頑張って必死で生きている同じ仲間と思えば、

期待も落胆も怒りも無くなり、親たちを大きな器で

受け入れ、心の平安を感じられます。

 

【その2】

甘えている子供は突き放して自分で学ばせる

 

親を選ぶときは、全くの赤の他人ではなく、

知り合いの中から選ぶそうです。

また時には親を選んだ明白な理由がない時もあるそうです。

 

そして、生まれる前に自分の人生での学び(カルマ解消)や

成長のために人生の青地図を作って誕生するのですが、

怠け者で自分の学びの実践をしない魂もあるそうです。

 

その時、母親は決して「自分の学び成長のために、

この子が様々な問題を起こす」とは捉えず、

子供を独立した存在として捉える事。

 

 

そして、「子供は子供の学びがあり、自分には全く関係ない。

自分で学ばせる」と強く意識し、子供を決して

甘やかせずに、しっかり自分の人生で自分の学びを

得るように、突き放すべきだそうです。

 

これは、ナンシー、ビル、アントワン博士が

口を揃えて強調している言葉です。

 

⇒ 続く

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!