「親を選んだ理由」を理解できれば、生きるのが楽になる!(1)


新年にぴったりな、雅代さんからの

とっておきの「心の栄養」をお届けいたします。

 

「親子関係」についてのメッセージは

学びも多く、自分とも向き合える内容ですので、必読です!

 

 

***

 

「親を選んだ理由」を理解できれば、

生きるのが楽になる!

 

1.親に従えという発想は大間違い!

昔、弟の一人が、「親は誰よりも子供の事を思っているのだから、

親に従うべきだ!」という事を私に言ってきて、

この発想に大きな疑問を持ちました。

世の中ではこの「親には従うべき」という間違った発想が

当たり前になっている事で、人々が苦しんでいます。

 

そこで、世間が信じている幻想をぶち破り、

様々な角度からの親子関係をご紹介。

 

皆さんに安心して自由にのびのびと、

自信を持って生きてもらえるように、

親を選んで生まれる理由を分析しながら解説します。
2.この弟の論理に大反発した理由は・・・

【その1】

この世に存在している者には全て親がいる。

親がいつも正しいとなると、全ての存在が

正しいという事になり、この論理は全くおかしい。
【その2】

子供を産めば誰でも親になる。

しかし、親になった途端に、その人の人間性、判断力、

立派な親としての能力が高まる訳ではない。

 

 

私は子供の頃に、大人になると自然に様々な分別、

能力、判断力、素晴らしい人間性が備わり

賢くなるものとばかり思っていたが大間違い!

 

大人になっても精神性は子供の頃とあまり変わらず、

肉体だけが年を重ねたと言う感じで、人生経験が加わり、

面の皮が少し厚くなったと言う程度。

 

だから、親や年上が正しいと言うのは大間違いで、

若い人にこの論理を押し付けるのは

エゴと傲慢で間違っていると思う。

 

【その3】

ラッキーなことに、私には何人もの現世だけではなく、

過去や他の次元を熟知した信頼できる仲間がいるため、

その人たちの話や通訳を通し、肉体は親でも、魂的には、

その子供より未熟という人が多い事を学んだ。

肉体的に親というだけで、子供をコントロールしようとするのは大間違い!

 

3.親子関係を紐解くには

輪廻転生を理解しなくては始まらない!

アメリカン・ホリスティック医学協会の創始会長で、

脳神経外科のシーリー博士は、

「真の健康を達成するためには、過去生まで遡らなくてはならない」

と過去生と今世との繋がりを強調されています。

 

写真:シーリー博士

 

今や最も革新的な医療で、世界中をあっと言わせているアントワン博士も、

治療では必ず自分や先祖の過去生までさかのぼります。

 

写真:アントワン博士
いつも日本の皆さんに国際リーディングをしてくれている、

私の30年来の信頼できるビルとナンシーも、

親子関係の問題を分析する時は、必ず過去生に戻って説明します。

写真:サイキックのナンシー(左)とビル(右)

また、胎内記憶・出生記憶の研究で有名な池川明先生も、

前世の記憶がある子供も多く、子供は親を選んで生まれるようだと

色々な研究から証明されています。

 

4.私たちはグループでこの世に生まれてくる!

ダイバーがウエットスーツを着て海に潜るように、

私たちの魂も地球で学び、自分を進化・成長させるために

肉体というスーツをまとい、地球に生まれてきます。

 

その時、孤立した一人ではなく、昔何度も一緒に生きていた、

縁あるソウルグループと呼ばれる魂たちと一緒にやってきます。

これらのソウルグループは、過去の多々の人生劇場での役割が、

夫婦、親子、兄弟、親戚、友達、仕事仲間、

競争相手、殺めた相手など様々です。

ですから、今の親子が過去の何度かの人生では逆の立場で、

子供が親で親が子供、という事もよくあり、お互いその人生で

学べなかった事を体験、学び成長するために今回の人生で

役を変えて親子になって生まれてきたという事は本当によくあります。

 

夫婦関係も同様で、前世で何度も夫と妻が入れ替わって、

夫婦役をやっていた事はザラです。

 

⇒ 続く

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in ★学び, 「心・魂の栄養」, 幸運・強運・人生好転, 精神・魂, 自己成長. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!