心温まる春の思い出「ガチョウの家族」


私の最愛の夫のロブ(ロバート)が天国に人事異動する前

に、日本の皆さんにアメリカの生の様子をお伝えしたいと

書いてくれたエッセイ集『ジョリー・タイムス』。

 

「ジョリー(Jolly)」とは、「楽しい、愉快な」という

意味で、ロブの苗字でもあり、よくクリスマスに使われます。

 

今日は、この『ジョリー・タイムス』から、春らしい、

私の大好きな、ほのぼのとしたお話をお届けします。

 

*****

 

皆さん、こんにちは!

 

いつも行くゴルフ場で、孵化(ふか)して1週間

ぐらいのガチョウの子供たちを見つけました。

 

シカゴの春はガチョウの誕生の季節で、いろいろな

所で孵化したばかりの子供たちを見ることができます。

 

 

ガチョウは離婚することなく、夫婦は一生連れ添います。

この写真は両親と6羽の子供です。

 

アメリカでは、実に様々な鳥や動物を身近に見ることができます。

 

シカゴの郊外では、ガチョウの親子が

車道を横切ったりするので、車が止まります。

 

そのとき、もう少し子供が大きくなって、きちんとしつけができていると、

皆一列に並んで歩くので、その光景はとても微笑ましいです。

 

車は止まらなくてはなりませんが、皆ニコニコと

家族全員が歩道を渡るのを眺めています。

 

この写真の子供達は、まだ小さくて、時々えさを見つけたら

そこで止まってしまい、1羽だけ遅れてしまうなど、

一列に並ぶ歩き方を学んでいないようですが…

 

 

驚くかもしれませんが、シカゴにはガチョウがたくさんいるのですよ。

 

朝はたくさんの数が集まり、えさを食べている風景をよく目にします。

 

 

それを見つけるたびに、私が

 

「あっ!あそこで、また、ガチョウが朝の食事大会をやっている!」

 

と喜ぶと、妻(雅代)に、

 

「あなたは、ホントにガチョウの大会が大好きね」

 

といつも笑われます。

 

まだ春の陽気が続くシカゴから、お届けしました。

 

 

ガチョウのように(!?)“おしどり夫婦”と言われた、私たち。

私のメガネは視力用でなくヒーリングメガネ。

 

ロブは私と結婚してから髪の毛が真っ白になったのではなくて、

両親とも若いうちから真っ白の家系。

 

この写真はメガネが反射して、よく顔がわからなくて

おじいさんみたいだけど、本当は若くてハンサム!

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in ★学び, ジョリー・ストーリー(楽しいお話), 心温まるお話. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!