残酷なぐらい正直な話15<家族編> 賢い親は子供に期待するより、自分が実践


お母さん方からよく「うちの子は勉強しなくて」

「成績が悪くって」
「もっと本を読む子になればいいのに」

とこぼされることがあります。

すると私はこう言います。
「じゃあ、まずあなたが勉強しなくちゃ!」

「子は親の背を見て育つ」といいますが、

いい背中を見せていますか?

 

経営コンサルタントである神田昌典さんの

『お金と英語の非常識な関係』という本のあとがきに、
父親に関するとても素晴らしいお話があります。

 

神田さんのお父様は、ご本人が言うには、

「ごく普通に仕事をし、ごく普通に毎日を過ごす」

父親でしたが、ある一つの日課がありました。
 

それは夕方6時になるとNHKのラジオ講座を聴き、

大きな声でカタカナ英語の発音で復唱しながら勉強すること。

 

その姿を見ていた子供たちは、

「今さら英語なんてうまくなるはずがない」

とバカにしていたそうです。

お父様は英語の勉強をやめることなく、学び続けて25年。
いまだに英語をしゃべることはできません。

しかし、息子の神田さんは外務省で働きアメリカの

大学で二つの修士号を得て、英語に関する著書もあります。

さらに娘(神田さんのお姉様)は国際線の

キャビンアテンダントになったあとで、
イェール大学に入学し博士号を取り、

今はハーバード大学で教鞭をとっています。

 

写真:ハーバード大学(ハーバードヤード)

家では寝転がってテレビしか見ないお父さん、

読む物といえば週刊誌、ご近所のうわさ話や他人の

批判しかしないお母さんなら、

子供も寝転がって、ゲームや携帯電話で友達とつまらない

おしゃべりしかしなくなっても当然です。
 

「勉強しなさい」と言っても、子供は勉強のしようがありません。

その「見本」がないのですから。
 

親が一人の人間としての生き様を毎日の生活の中で見せれば、

子供は自然と、きちんと育つものなのです。

 

【神田昌典さんの著書】

『お金と英語の非常識な関係(上)』

『お金と英語の非常識な関係(下)』

 

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in ★学び, 「残酷なくらい正直な話」, 残酷なくらい正直な話し~家族編~. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!