残酷なくらい正直な話12(家族編)賢い女は、夫の「目」より「耳」を見る


多くの人たちは家族でも会社でも、

相手の状況にお構いなく話しかけ、

 

相手をイライラさせたり、相手の集中力と生産性を

下げていることに全く気づいていません。

 

あたかも、「自分にはいつでも誰にでも

自分が話したいときは話しかけて良い」

という権利があるかのように。

 

 

しかし、私のこの傲慢な利己主義な態度

に気づいて、思いやりの態度に変えてからは、

私と亡き夫との人間関係は大幅にアップしました。

 

今日は、多くの人たちが陥っているにも関わらず

気づいていない、この問題を簡単に改善でき、

人間関係が大改善するコツを私の著書、

「ためこまない生き方」から伝授します。

 

 

〜〜〜〜

 

夫のロブは、朝、新聞をスミからスミまで読むのが

毎日の楽しみでした。
 

夫は新聞を読み始めたら最後、

私がどんなに話しかけても生返事、

ひどいときには私の声さえ聞こえません。
私が話しかけても、彼の耳には全く届いていないのです。

そんな夫に、おろかな私は、妻というものは

いつでもどこでも夫に自分の言いたいことを言っていい

権利があるかのように、相手の状態を無視して

気の向くままに話しかけていました。
 

そして、夫が私の話しかけることにきちんと返答しないなら、

私が気分を害して怒っても、夫が悪いと思ってOKと、

一方的に信じていました。

ですから、毎朝夫が新聞をゆっくり味わっている

ときでさえ、かまわずに話しかけ、集中していた夫が

私の期待する内容の返事をしないときには、

ガンガン文句を言っていたのです。

 

しかしある日、当時私たちのところに居候していた友人が、
「雅代、新聞を読むのはロブの楽しみなんだから、
この時間くらいは静かにして放っておいて

あげたらどうかな?」と言ったのです。

 

そこで私は、自分が今まで所かまわずどれだけ

自分勝手に夫に話しかけていたのかに気づき、大反省。

それからは夫の朝の新聞タイムはできるだけ

そっとしておきました。
 

どうしても緊急に確認したいことがあるときは、

彼が新聞をめくって次の面を読み始める
ほんの一瞬のタイミングを見はからい、

「その瞬間」に話しかけてみました。

すると、お互いのイライラは消滅してしまいました。
 

このとき以来、新聞を読むときだけではなく、

生活のどんな場面でも同じように思いやりを賢く利用し、
私たちのコミュニケーションはスムーズで、

二人はいつもハッピーでいられるようになったのです。

 

私の周りにも、いい人たちなのにケンカの多い夫婦が

ゴロゴロいたので、さっそくこの大成功の秘策を教えて回りました。
 

すると彼女たちは口ぐちに「ケンカが減って家庭円満!」と、

とても感謝してくれました。

賢い女は相手に自分の話を聞いてもらうために、

目よりも耳に注目し、相手の聞く耳と心の

ベストチャンスを見つけるのです!

 

===========================

 

ご質問やご相談はこちら

「雅代メソッド・サポート」

 

 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

 

★超スピードで元気・健康・強運になる方法!!

まずはこちらで「雅代メソッド」について学んでください♪

↓クリック↓

 

★イベント・セミナーで直接雅代さんに会える!

個人的に相談ができるセミナーもあります。

↓クリック↓

 

 

 

 

★ホリスティック情報(自然根本療法)、ブログ情報、

特別音声配信のバックナンバーも聞けます。

↓いますぐ登録↓

 

 

 

★まとめの記事も是非ご覧ください!

 

 

 

 

★このブログには世界最強のホリスティックの実践法や体験談などが

やまほど載っています♪

↓クリック↓

 

★更に、前ブログも参考にしてくださいね!

↓クリック↓

 

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in ★学び, 「残酷なくらい正直な話」, 残酷なくらい正直な話し~家族編~. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!