毎日パワフルで前向きに生きる方法


私の元気で絶対前向きでパワフルな秘密とは、

敬愛する中村天風先生の手帳です。

 

前向きな言葉と叡智がちりばめられており、

それが私の毎日の心と魂の栄養源!!

もう、20年ぐらい愛用しています。

 

Tempu 2
写真:頭山満氏の書「大和魂」の掛け軸の前で。

颯爽(さっそう)としていて、

その恰好良さには男性も惚れてしまうほどとか。

 

手帳の中の心と魂の栄養とは、例えば;

 

✳︎人の喜びを損なうような言葉は、冗談でもいうべきではない

 

✳︎体も心も生きるための道具である

 

✳︎あなた方、良い時に感謝しないんだから、悪い時にはもっと悪くなる

 

✳︎心の力が勝れば、敵をも味方にすることができる

 

✳︎「ああなりたい、こうなりたい」と思うだけでなく、

  もうそうなった状態を心の中に情熱の炎でありありと描きなさい

 

✳︎幸福も成功も他にあるんじゃない。あなた自身の中にあるんだよ

 

日露戦争後、当時死病と言われた肺結核にかかった

天風先生は、治療のため、ヒマラヤの麓の自然の中で、

ヨガの聖人カリアッパ氏の指導を受けながら
毎日のように瞑想し、自分の心と対峙しました。

 

ある日、流れる白い雲を見つめている自分が、

何ものにもこだわっていない無心の瞬間にいることに

気づいた天風先生は、大自然と一体になって生きている
自分の命を感じた時、自分はその大自然の力そのもだと

力強く実感。

 

その時のほとばしる心の叫びを、次のように表現。

Tempu-sensei sho

私は力だ 力の結晶だ
何ものにも打克つ力の結晶だ
だから何ものにも負けないのだ
病にも運命にも……
否あらゆるすべてのものに打克つ力だ
そうだ 強い強い力の結晶だ

 

その後天風先生は、全国各地での講演活動も

積極的に行われました。

Tempu-sensei seminar
写真:1927年11月、広島高等女学校講堂にて。

 

「身に病あろうとも、心までも病ませるな。

運命に非なるものありしといえども、心まで悩ますな」

 

と説き、自分の心を思うとおりに使いこなすための

方法を指導したのです。

 

天風先生は、潜在意識を積極的なものにするには、

言葉が大切であると説きました。

 

気高い言葉、明るくて元気な言葉など、積極的な言葉を

使っていれば、生命の一切が極めて状態のいい事実に

なって現れてくると……。

 

 

Tempu-sensei undo
写真:大本山護国寺の本堂で、「統一式運動法」

を指導する天風先生。1962(昭和37)年、85歳のころ。

 

会員を対象にした、心と体を訓練する夏季修練会では、

「心身統一法」のメソッドとして、心を磨き体を鍛える

天風式座禅法、体操法、呼吸法などを指導されました。

 

身に病があろうと、運命に非なるものがあろうと、

「怒らず、恐れず、悲しまず」
だんぜん逆境を乗り越えていこうとする力強い態度であり、
積極人生を築く一番の根本であると教えられました。

 

天風先生は、東郷平八郎元帥、原敬、松下幸之助など、

戦前戦後、そして今でも、各界の頂点を極めた

日本のリーダー達に多大の影響を与え続けています。

 

 tenpu2016

 

「中村天風成功手帳」

充実したカレンダーやスケジュール表付きで、

天風先生の有り難い金言も満載!

すでに愛用している方々は、注文をお忘れなく!

 

初めての人たちは心と魂の栄養補強にオススメです。

アマゾンで購入可能ですよ。

 

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in 幸運・強運・人生好転. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!