奴隷妻? それとも虐待妻?(3)


昨日までご紹介した奴隷妻はその後、勇気を持ってご主人に、
セミナーに行きたいと切り出したら……

photo0000-0650

「いい子にしてるなら行ってもいいよ。
でも、最近はお金を使い気味だからちゃんと節約するんだよ(^^)」
と言われたそうですが、

「いい子にしてるなら……って何よ?私はあなたの奴隷じゃない」
と思いつつ、

「いい子にして、節約とかがんばったらまた行ってもいい?」
というアピールをしたそうです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

実は、誰も押し付けてないのに、奴隷妻は自ら進んで奴隷になり、
ある意味、それを楽しんでいる
のです。

というのは、このようなタイプの人たちは、今まで自分で全力を尽くして
生きてこなかったので、自分に自信がないことが多い

だから、周りに依存する方が楽、自分の人生に責任を持ちたくない、
努力したくない、悪循環の繰り返しなのです。

ところが最近は、コントロールされるのを喜ぶのではなく、
コントロールしたい虐待妻が急増中とか。

今までは、男性が女性を暴力や言葉で虐待するのと思われていたのが、
最近では女性による子供、夫や親への虐待が増えていると
テレビなどで報道されています。

しかし、誰もその増加の理由はわからない!

私はこの報道を聞いた時、すぐに理由がピンときました!

明日は虐待妻が増えている理由を意外な角度から分析します。

奴隷妻?それとも虐待妻? (1) (2)

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in 幸運・強運・人生好転. Bookmark the permalink.

10 件のコメントがあります。 奴隷妻? それとも虐待妻?(3)

  1. ダヤン より:

    まるで父親が小さい子供に言うような言葉・・・
    大人になれない子供のままのような奥さんですね。
    破れ鍋に綴じ蓋で、夫も妻もこの状態を好んで一緒にいるようにも思います。
    そういう経験をすることが学びなのかもしれないですね。

  2. アメジスト より:

    奴隷妻的な生き方は悪循環の繰り返しだということがよくわかりました。この女性は見事そこから脱出できてよかったです。

  3. だいすけ@愛知 より:

    依存していてもどこかで自立するタイミングが来るので
    早めに自立の方向に行った方が良いと思いました。
    続きを楽しみにしています。

  4. 宮兄 より:

    依存しあう関係は、夫婦と言ってもとても危険な感じがしますね。
    そして、「虐待妻が急増中」との事…
    結婚を一度卒業、いや退学した身ではありますが、とても気になる話題です。
    明日の続きが楽しみです。

  5. MIZUNO より:

    とても興味ふかく、参考になるお話しをありがとうございます。夫婦は依存するのではなく、どちらも自立しながら、そのうえで、お互いにサポートし合う、そんな形でありたいと思いました。明日のお話しも楽しみにしています。

  6. 紫葉 より:

    奴隷妻はその身分に自ら甘んじ楽しんでさえいるのですね。そしてそれは自分に自信がなく、相手に依存していた方が楽、責任を持ちたくないのですね。虐待妻はどうなのでしょうか?明日が楽しみです。

  7. りんりん より:

    奴隷になってしまっていると認識していない妻にも、
    奴隷扱いを当然としている夫も、お互いに依存的に
    なっているのではないかと思います。
    人間は「人の間」でしか成長できないといいますから、
    夫婦という環境こそ、修行の場なのかもしれませんね。

  8. みか@名古屋 より:

    もっと自由に物事を決断できたはずなのに、結婚してからそれが思うようにいかない窮屈さを感じたことがあります。それに目をつぶっていたら、今頃は奴隷妻まっしぐらだったと思います。そして、その状況も嫌になって破たんしていたと思います。いろいろ話し合うこともあって、お互いに成長しているはず…。

  9. みか@名古屋 より:

    「もっと自由に物事を決断することが出来たはずなのに、なんでこんなに鈍くなったんだろう?」と、結婚してから思うことがありました。この疑問に目を瞑っていたら、気がつかないうちに奴隷妻になっていたかもしれません。結婚も人生の課題のひとつみたいですね。

  10. mChip より:

    「いい子にしてるなら行ってもいいよ。」という言葉に思わず「うわ、キモッ!」と身震いしてしまいました。。。この方は「何よ!」と思いながら、どこかでそれを良しとしているのですね。お互い様夫婦だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!