奴隷妻? それとも虐待妻?(2)


昨日の講演会に参加するのに、

「旦那様に相談」
「旦那様のお許しが出ない」
「旦那様にお願いする」

とコメントした女性に対して、
「雅代語録」でアドバイスしますね。

 

意思ある所に道あり。

yarukimanman

自分に正直に生きよう。自分をごまかすな。

初めからできない口実をさがすな。
(私は何をするにも、初めから必ずできると思って始める。)

旦那や親が悪いというのは、それはあなたの旦那や親への教育が悪いから。
(私は子供の頃から親を教育してきた。もちろん旦那も)

親や旦那がいつも正しいとは限らない。
(親や旦那の判断が正当という論理が成り立つなら、世の中はほとんどの人が
親や夫の役割をしている。それなら、世の中の人のほとんどがいつも正しいと
いうことになる)

歴史を見ても、凄い能力の人の陰には、それ以上に凄い伴侶がいるものだ。

賢い女性は夫にとって、妻にも、友達にも、母親にもなれる。

 

もしあなたが、昨日から紹介している女性だったらどうする?

コメント欄にどんどん書いてみてね。

 

奴隷妻?それとも虐待妻? (1)

===========================

ご質問やご相談はこちら
「雅代メソッド・サポート」

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★超スピードで元気・健康・強運になる方法!!
まずはこちらで「雅代メソッド」について学んでください♪
↓クリック↓

★イベント・セミナーで直接雅代さんに会える!
個人的に相談ができるセミナーもあります。
↓クリック↓

★ホリスティック情報(自然根本療法)、ブログ情報、
特別音声配信のバックナンバーも聞けます。
↓いますぐ登録↓

★まとめの記事も是非ご覧ください!

 

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in 幸運・強運・人生好転. Bookmark the permalink.

9 件のコメントがあります。 奴隷妻? それとも虐待妻?(2)

  1. だいすけ@愛知 より:

    自分の人生を自分で作っていく意思が何より大切だと思いました。
    チャレンジは多くなりますが、その方がやりがいがありますね。

  2. アサミ☆神戸 より:

    日本の男女平等指数はいわゆる先進国のなかでもダントツ低い101位と出ていますが、やはり社会的にみて男女格差はあると思います。
    支配する側・される側。

    経済的に男性支配になることがやはり原因としては大きいかなと。
    今でもテレビなんかでは「結婚相手の男性に求める年収は?」とか男らしさ・女らしさの概念は根強いようです。
    日本の女性議員はアフガニスタンよりも遥かに少ないとか。

    妊娠したら仕事を辞めないと白い目で見られる風潮も未だにあります。特に田舎は。

    色々フェミニズムについて最近は見ていますが、思うことは色々ありますね。

    ただ世の中のせいだーなんて嘆いても始まりませんね。

    まさに教育者にならないといけないのでしょうね。
    女性の抑圧は結局男性への抑圧でもあります。

    ますは蓋をすることに慣れてしまった自分の心の声を聴くことが大切かと思います。

  3. MIZUNO より:

    雅代語録をありがとうございます。「意思ある所に道あり」「初めからできない口実をさがすな」この2つが特に共感するところがありました。すべては自分の選択、決断からはじまりますね。今日も自分に正直に1日を楽しみたいと思います。

  4. 紫葉 より:

    自分の人生を生きるとはどういうことなのか、自分の人生を私は歩いていないのか、このままの人生でいいのか?。いや自分の人生を歩きたいが、ではどのようにしたらいいのか、気にかかっていた越山雅代さんの講演会に行ってみたら何かが見えてくるかもしれないから行ってみよう。

  5. 宮兄 より:

    「雅代語録」でのアドバイスを有難うございます。
    雅代さんの自由な発想には、いつもハッと驚かされますよね。
    特に、親や旦那が悪いの「教育が足りない」という考え方など、
    今後の様々な問題に直面した際にも、とても参考になると思いました。

  6. ミヤケン より:

    「★親や旦那がいつも正しいとは限らない。」この言葉を最初聞いた時は大変驚きと発見がありました。とくに「親」ですが。考えてみれば、「親」だって初めての親の経験で、それぞれの家庭の問題の中で結論・行動していかなくてはならず、常に正しいとは限りません。(私もそうです。)その時は、妻へも、子供にも「ゴメン、今朝の考えはパパが間違っていたと思う」と素直に誤るようにしています。

  7. アメジスト より:

    もし私がこの女性だったら、「行きたい」という気持ちに従って行動すると思います。
    我慢してくすぶらせた感情は、決してなくなることはないので。

  8. みか@名古屋 より:

    ★親や旦那がいつも正しいとは限らない
    確かにその通りだと思いました。自分自身の心の目を養う努力を怠らないようにしたいと思いました。

  9. mChip より:

    ★自分に正直に生きよう。自分をごまかすな。
    私はこの言葉が心に入りました。アサミ☆神戸 さんのコメントにあるように「まずは蓋をすることに慣れてしまった自分の心の声を聴くこと」が大切と私も思います。自分を大切にできないと、他の人も大切にできないですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!