「キチンとした外見は自信につながる」エスティ・ローダーの斬新な発想と生き方(2)


アメリカの大手化粧品メーカーエスティ ローダー社をゼロから立ち上げ、
世界的に有名な企業にまで発展させ、偉大な功績を遺したエスティ・ローダー女史。

その歩みを、本日も昨日に引き続き、ご紹介します。

「化粧品を購入するとプレゼントがもらえる」など、
現在、各化粧品メーカーが当たり前のように行っているキャンペーンなども、
ほとんど彼女のアイデアで、最初は人から笑われたり、
馬鹿にされたりしたことも多々あったそうです。

彼女は、引退後も健康問題に支障がない限り、海外に出店する時には
自ら出向き、カウンターに立ってお客様に接したり、
週末も可能な限り、孫の経営するニューヨークの高級デパート
「サックス・フィフス・アベニュー」に入っている「オリジンズ」のお店に通い、
自ら接客をしたり、販売員の指導などをしていたとのこと。

「ビジネスが成功するには、お客様の心をつかみ、感動していただくこと」
というのが彼女の基本方針でした。

また、ビジネス以外にも、ベルサイユ宮殿の修復事業への寄付、
乳がん撲滅・支援基金などを始めたことなど、社会への貢献が高く評価されています。

彼女は「あらゆる女性に美しく輝いて欲しい」という情熱と夢を常に持ち続けていました。
生前の彼女を知る重役の一人は、「エスティはどんなに歳をとっても、いつでも一番若く、
柔軟な考え方を持っていた人でした。」と述べています。

エスティローダー
写真:「あらゆる女性に輝いてほしい」と、生涯を通して柔軟で斬新な発想法を
持ち続けたエスティ・ローダー。
彼女の生き方には、雅代さんと共通するものがありますね。

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in 幸運・強運・人生好転. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!