幸運を運ぶ「言霊」の威力 ~「二匹の蛙」から学ぼう~


「言霊」―― 言葉に宿ると信じられている霊的な力のことで、声に出した言葉が
現実の事象に対して、何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると
良いことが起こり、不吉な言葉を発すると悪いことが起こるとされています。

より元気、健康、そして強運な人生を創るために、
雅代さんが「雅代メソッド」で最も重視しているのは「心のあり方」です。

常日頃から「素直で絶対前向き」を提唱し、実践している雅代さん。

言霊の威力を理解し、その重要性も教えてくれています。

今日は、以前雅代さんが紹介してくれた言霊にまつわる
興味深いお話しをシェアさせていただきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私(雅代)の夫ロブが、「皆さんとシェア」したらと、
このジャンプする蛙までつけてくれた、面白い話をご紹介します。
Click to get cool Animations for your MySpace profile

蛙のグループが一緒に森の中を歩いていた時、
突然その中の二匹がとても深い溝に落ちてしまいました。

その溝の深さを見て、残りの蛙たちは、
「この深さから飛び出るの不可能だ。死んだも同然!」と二匹の蛙に叫びました。

それにもかかわらず、この二匹の蛙たちは一生懸命、
この溝から出ようと何度もジャンプしたのです。

でも、他の蛙たちは、「まったく無理だから、そんなに必死で跳ねて苦しまないで、
あきらめた方が良い!」と叫び続けました。

そうしている間、この溝の二匹の内の一匹は、怪我をして死んでしまいました。

しかし、もう一匹はそれでも諦めずにジャンプを続け、
とうとう溝からはい上がって来たのです。

他の蛙たちは、
「君は僕たちが大きな声で叫んでいた言葉が聞こえなかったの?」と聞きました。

すると、この蛙は耳が悪くて、
皆の叫びの内容を分かっていなかったのが判明しました。

彼は、初めから終わりまで、
仲間たちが応援して叫んでいてくれたとばかり、信じていたのでした。

この話からの教え:

1.言葉には生死を決めてしまうような力がある。めげていたり、
気力が落ちている人に、勇気や元気が出る言葉を与えると、
その一言が、その人を救うことになることもある。

2.弱ったり困っている人に非建設的で破滅的な言葉を浴びせると、
その人を間接的に殺すこともできる。

周りの人たちに何を言うか、気をつけなさい。

人生で出会う人たちには前向きな激励の表現を使いなさい。

言葉の威力は、人の人生をまったく変えてしまうことができるくらい、
恐ろしい影響力を持つのだから。

人生の困難に立ち向かっている人に対して、
批判や士気をくじくようなことを言うのは誰でもできます。

その反対に、いつも周りを勇気づけたり、激励するような言葉を使える
人間になることが、努力を要する特別な素晴らしいことです。

**********

これを読んで、中村天風先生のお言葉を思い出しました。

1.「困った」「弱った」「情けない」「悲しい」「腹が立つ」「助けてくれ」
その他の消極的な言葉は絶対に口にしない。

2.明るく朗らかに、生き生きとした勇ましい態度で何人にも接する。

3.特に不健康、非運の人に対しては、鼓舞(こぶ)、
激励以外の言葉は口にしない。

特に、「残酷なぐらい正直」とロブ(主人)に言われていた私は、
いつも「言霊」の威力を感じています。

本当に、使う言葉で「活人」も「殺人」もできるのです。

ume0016-049

===========================

ご質問やご相談はこちら
「雅代メソッド・サポート」

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★超スピードで元気・健康・強運になる方法!!
まずはこちらで「雅代メソッド」について学んでください♪
↓クリック↓

★イベント・セミナーで直接雅代さんに会える!
個人的に相談ができるセミナーもあります。
↓クリック↓

★ホリスティック情報(自然根本療法)、ブログ情報、
特別音声配信のバックナンバーも聞けます。
↓いますぐ登録↓

★まとめの記事も是非ご覧ください!

 

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in 幸運・強運・人生好転, 心・魂の栄養, 心温まるお話. Bookmark the permalink.

11 件のコメントがあります。 幸運を運ぶ「言霊」の威力 ~「二匹の蛙」から学ぼう~

  1. うさぴょん より:

    蛙のお話をありがとうございます。
    「心の在り方」の大切さを学びました。
    常日頃、素直で前向きな姿勢で生きていきたいです。
    そして、人には元気に出る言葉を掛けたいです。
    ぴょんぴょん飛ぶ蛙さん、かわいいですね。

  2. さら より:

    受け止め方、捉え方もおおきな要因ですね。
    自分にも周りにもよい言葉を発していきたいです。

  3. だいすけ@愛知 より:

    「二匹の蛙」のお話ありがとうございます!
    言葉の力は人生が変わってしまうほど大きいのですね。
    何が起きてもポジティブな言葉を使いたいと思います。

  4. ダヤン より:

    思いが現実を作るのだから、楽しく幸せになりたければネガティブな事など言えませんね。
    脳の反応に流されて不用意なことを言わないように、冷静に心の在り方言葉の使い方を考えなければと思います。

  5. さとみ@シアトル より:

    このお話を読んで、家族や人との付き合いの場でも「言葉を選ぶ」ということを意識するようになりました。ビジネス界である成功している人の話では、「無理」「できない」「面倒くさい」「疲れた」「わからない」などの言葉を絶対に使わないそうです。否定的な言葉は口にするだけで人の心と思考のシャッターを下ろしてしまい、機能しなくなるそうです。私は何度かそういう否定的なスパイラルに陥りそうになった経験もあるので、よくわかります。絶対前向きも努力が必要ですが、言葉の威力、パワーの凄さもわかってきたので、そこを重視していこうと思います。

  6. 宮兄 より:

    二匹の蛙のお話、大好きです。
    物事の捉え方一つで、全く違う結果が起きる…結果を左右する言葉と想いは大切ですね。
    「明るく朗らかに、生き生きとした勇ましい態度で何人にも接する。」
    天風先生のこのお言葉、素敵ですね。心したいと思います。

  7. 近藤 美華  より:

    「二匹のカエル」のお話をありがとうございます。
    言葉の力について改めて考える機会になりました。発する言葉も、さらさんが書かれているように言葉の受け止め方も、前向きを心がけたいと思います。

  8. りんりん より:

    二匹のカエルのお話しをありがとうございます。
    自分の持つ力を信じるという意味でこのお話しが好きです。
    自分が発する言葉(言霊)の大事、その威力は頭では分かっているので
    気をつけています。しかし、つい、大変だ!困ったな!と思ってしまうことも。
    そんな時は、大丈夫!前向き前向き!と自分の言い聞かせて、天風先生の
    「絶対積極」を口にするようにしています。

  9. アメジスト より:

    元気なカエルつきの、読んで勇気の出てくるお話をご紹介いただきありがとうございます。何か行動する時は、周りの雑音など気にしない方が良いのだと、このお話を読んで感じました。心の持ち方次第で結果も変わってくるのですね。

  10. ミヤケン より:

    常にポジティブに生きる生き方というのは、癖にするともはや、楽しくてしょうがないですね。
    出来ない、辛いというには無くなり、どうしたら、この難関をクリア出来るかなと、前向きになれます。雅代さんや天風先生のおかげて、考え方がポジティブになれてとても感謝しています。

  11. mChip より:

    天風先生の「明るく朗らかに、生き生きとした勇ましい態度で何人にも接する。」という言葉、素敵です!それには相手を楽しませるだけではなく、自分も楽しくないとできないからです。周りの人の為にも、いつも明るく朗らかな自分でいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!