「エゴスキュー」で体が軽く抜けるような爽快感になり、人生がとても明るくなりました! 「タワー」で、母の嚥下障害も改善しています


 
「継続は力なり」という言葉がありますが、
自分で体の痛みやゆがみをとることができる「エゴスキュー」で
それを実感された方がいます。

本日は、エゴスキューの個人セラピーを続けていく中で、体も心も元気になられ、
お母様をも健康に導かれた鵜飼義憲さん(神奈川県・50代)の体験談をお届けします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私は、飛行機の長時間移動で鈍い痛みやつらさがあり、
セミナーなどで長い時間座っているのにも痛苦しさがあり、困っていました。

特に治療は受けませんでしたが、椅子の形に気をつけるようになり、
そのために乗っている車も買い替えました。

そんなとき、シンガポールで開催されたアンソニー・ロビンスのセミナーで、
私は「エゴスキュー」を知ったのです。

個人セラピーは、初回から手ごたえを感じていましたが、やるたびに薄紙を剥ぐように、
きちんとメニューを行うほどに良くなっていくのを感じます。

あるときからスコーンと抜けるような快感があり、
体が軽くなり不快感がなくなりました。

お陰で仕事もやる気がみなぎり、人生がすごく明るくなりました!

また、脳梗塞の後遺症で、施設でほとんど寝たきりで、たまに車椅子を使うような
状態の母は、誤嚥(ごえん)してせき込んでしまうことがよくあり、
誤嚥性肺炎の危険もありました。

医師もうまく対処できない状況でしたが、嚥下(えんげ)障害に「タワー」
(※下右写真)が有効と聞いて、これを母に2週間続けてみました。

すると、介護スタッフの方たちからも「状況が良くなってきましたね」と言われ、
その後3~4週間ほどで危険を脱し、
むせたりせき込んだりすることもほとんどなくなったのです。

エゴスキューのすごいところは、個人セラピーで変化を把握してもらいながら、
その都度、変化に合わせて最も効果的なメニューを作ってもらえるところです。

今後もエゴスキューを続けていくことで、
心も体も健やかな人生を歩んでいきたいと思います。

鵜飼さま Tower
左写真:若々しいしなやかな体でポーズをとる鵜飼さん。
余裕の笑顔ですね!
右写真:同じ姿勢をとり続けるなどして緊張したり硬くなったりした大腰筋
(だいようきん:背骨、骨盤、両足の付け根をつなぐ深層筋)をリラックスさせ、
正常に機能させる「タワー」。
痛み・ゆがみの解消だけでなく、人間の自然治癒力をものすごい速さでパワーアップさせ、
風邪、胃腸等内臓や器官の不調、嚥下障害など様々な症状に有効。
※利用される方の姿勢、症状によって使い方が異なる場合があります。
個人セラピーを併せてのご利用、ご相談のうえ、ご活用ください。

「エゴスキュー」についてのお問い合わせは⇒こちら

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in エゴスキュー, エゴスキュー, 健康体験談, 腰・肩・背中. Bookmark the permalink.

7 件のコメントがあります。 「エゴスキュー」で体が軽く抜けるような爽快感になり、人生がとても明るくなりました! 「タワー」で、母の嚥下障害も改善しています

  1. ダヤン より:

    体験談ありがとうございます。
    スコーンと抜けるような快感があった頃から、体の歪みが無くなったのかもしれないですね。
    誤嚥は、昨日呑み込めたものが明日同じように呑み込めるかわからないのが怖いですね。
    お母様が危機を脱して、本当に良かったです。

  2. 鵜飼義憲さん、体験談ありがとうございます!
    抜けるような快感は面白いです。姿勢が良くなって
    体が喜んだのですね。

  3. 近藤 美華 より:

    鵜飼さん、体験談をありがとうございます。
    体の状態を意識しながら、コツコツとエゴスキューを続けられたのですね。「スコーンと抜けるような快感」という言葉から、体が真っすぐになったようなイメージを受けました。お母様の嚥下障害も改善して良かったですね。

  4. ミヤケン より:

    鵜飼義憲さん、ご本人も、お母様も本当に良かったですね。
    改善おめでとうございます。
    エゴスキューを知ると知らないとでは、人生の質に雲泥の差ができてしまうと思います。

  5. 宮兄 より:

    鵜飼さん、エゴスキューの体験談を有難うございます。
    お母様の嚥下障害の回復の仕方が、私の母のと同じですね。
    私も、寝たきりだった母にタワーを2週間位続けた後に、
    その回復ぶりに驚いた施設の方に
    「息子さん、お母さんに何をされてるのですか?」
    と声をかけられたのを覚えています。
    個人差はあるでしょうが、嚥下障害には、最低2週間のタワーが必要なのですね。

  6. アメジスト より:

    鵜飼さん、体験談をありがとうございます。
    当たり前のように立ったり座ったり、食べたものを飲み込んだりしていますが、その一つひとつの動きは、体が正常に機能しているからこそなのだと再認識しました。
    エゴスキューをするひとときは、そんな自分の体へ感謝をささげる時間と感じています。

  7. さとみ@シアトル より:

    鵜飼さん、体験談をありがとうございます。やっぱりタワーは凄いと感心してしまいました。最近できていないので、時間を見つけて定期的にしっかりタワーをやらねばと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!