心配症から脱却する方法(2)


 
今の姿からは想像もつきませんが、昔は心配症だったという雅代さん。

しかし、「エネルギーの法則」を知ってから、
一切悪いこと、心配ごとを考えないよう意識して努力したそうです。

そして、現在に至るわけですが、
「心配症から脱却するには、ほかにもコツがある」と雅代さん。

昨日からお届けしている心配症対策の続きをどうぞ!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私を大きく変えたことのふたつ目は、意識して明るく生きるよう努力したこと。

暗くて心配症、そのうえ否定的で何でもへりくつを言う人間と生活していたら、
罪のない家族や知人はどれほどの迷惑を被ることでしょう。

もうひとつ。自分のことをよく分かってくれるメンター(師)を持つことです。

自分が尊敬でき、成長できる、そして話を聞いてくれる人です。

メンターの前では、心配、不安、憤り、喜びも吐き出してしまうことが必要です。

不安や憤りを自分の中にため込むと、病気になります。

ある思想家も
「ほとんどの人間は一人で生きていくのは非常に大変で、師が必要」と諭しました。

師がいない人は今から意識して探し続けることです。

元気の出る本を読んだり、自然に触れたり、音楽や芸術、
友人との会話を楽しむことも心配症から脱する有効な手だてでしょう。

栄養の偏りや不足、添加物が体内に蓄積することも体を不調にし、
精神的にも不安定になります。

毎日の食事をないがしろにしないで、
ふだんから体に良いものを食べ、栄養の補強をすることです。

そして、行動力と多忙さも大切です。

心配症の人は温室育ちで、実世界を知らず心配する時間がありすぎるのです。

masayosan7gatu
かつては心配性であっただけでなく、
様々な健康問題も抱えていたという雅代さん。
今ではこんなに元気いっぱい、皆さんに元気、強運の手ほどきをしています。
〈越山雅代講演会にて〉

===========================

ご質問やご相談はこちら
「雅代メソッド・サポート」

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★超スピードで元気・健康・強運になる方法!!
まずはこちらで「雅代メソッド」について学んでください♪
↓クリック↓

★イベント・セミナーで直接雅代さんに会える!
個人的に相談ができるセミナーもあります。
↓クリック↓

★ホリスティック情報(自然根本療法)、ブログ情報、
特別音声配信のバックナンバーも聞けます。
↓いますぐ登録↓

★まとめの記事も是非ご覧ください!

 

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in 「残酷なくらい正直な話」, 「気」エネルギー, 幸運・強運・人生好転, 心・魂の栄養, 自己成長. Bookmark the permalink.

12 件のコメントがあります。 心配症から脱却する方法(2)

  1. ケミー(あけみ) より:

    心配性から脱却するコツをありがとうございます。師と呼べる人かあ・・・自分を一番理解してくれているのは旦那ですね。でも、師とよべるかなあ???まあ、そこはさておき、食事、行動力、多忙さ。頭に入れて日々過ごそうと思います!^^

  2. shiraishi より:

    さきほど、日本オープンで優勝した小平さんも今年からメンタルトレーニングを積んでトーナメントにのぞんだとのこと。よきメンターとの出逢いもあったのかもしれませんね。
    私にも何人か自分の指針となるメンターと呼べる方がいらっしゃいますが、ゆっくりと話を聴いていただけるほど身近な存在とは言えないです。
    古き良き時代には、身近に村の長老や職場の師匠など人生の先輩として尊敬できるメンターたる存在がいらしたのでしょうね。
    私も年を重ねた時に、少しでも語れるものをもっていたいなと思いました。
    そのためには、つまらないことを心配している暇はないかも・・・とも思えました。

  3. ダヤン より:

    確かに、スポーツ選手がメンタルトレーニングで強くなる話はよくありますが、日常生活の中でもメンタルトレーニングが重要なのですね。
    何でも話せるメンター見つけたいです。

  4. 敦子 より:

    毎日の暮らしの中で、「なぜ」「どうして」と考え、後悔の念がよぎることがあります。
    しかし、もうどうすることもできないことは、「キャンセル、キャンセル」
    前に向かって進んで行こうと思います。自分で楽しむことを見つけますことは得意です。
    我が家を明るく楽しいエネルギーの場にしていきまーす。

  5. tochiotome(hiroko) より:

    昨日のブログに「ちょっと言ったこと、言われたことを気に留め、心を痛めるタイプでした。」とありましたが、私も全く同じです。
    以前よりは気持ちの切り替えができるようになっていますが、それでも、無意識のうちにいろいろと溜め込んでいるのかもしれません。昨年の病気や現在出ている症状は、そのことに気付かせるために起こっていることなのでしょうね。
    家族や周囲の人にこれ以上迷惑を掛けることがないよう、早くメンターを見つけたいと思います。

    それから、この場をお借りして…
    雅代さん、先日のセラピーの際はありがとうございました。
    あの日のお話は十分理解しているつもりですが、正直なところ、認めたくない自分もいますし、かなりプレッシャーを感じながら帰宅しました。でも、あまり重たく考えすぎず、焦らずゆっくりと気持ちを解し、アドバイスいただいたことを少しずつでも実践していけたらと思っています。

  6. 宮兄 より:

    二日間に渡り、心配症からの脱却方についてのお話を有難うございます。雅代さんから学ばせて頂き、今ではほとんど心配する事は無くなりました。これからも心と体の栄養を大切にし、気持ちも明るく保ちつつ行動していきたいと思います。

  7. アメジスト より:

    確かに下手に時間に余裕があると、あれこれと要らぬことを考えがちです。目の前にあることをやり、やりたいと思うことをどんどんやり、雅代メソッドで心と体の健康管理をしながら、毎日イキイキと過ごしていきたいです。

  8. MIZUNO より:

    本日も心配症からの脱却方についてのお話をありがとうございます。私もこの数年、自分の心を平安に保つことをテーマに毎日を過ごしています。雅代さんと出会って、いろいろと成長できるきっかけをいただき、心から感謝しています。今日も楽しんで1日を過ごしたいと思います。

  9. mChip より:

    本を読んだり、自然に触れたり、音楽や芸術、友人との会話を楽しむこと ― これ全部素敵なことですよね! 一つのところに頭を縛り付けている状態から、開放して他の違う所へ導いてくれたり、感動やリラックスしたりしてリフレッシュできるので大好きです!!

  10. 近藤 美華 より:

    心配症を解消するためには人とのつながりも大切だと感じました。メンターとまではいかなくても、信頼できる人に相談することで、思いもよらない解決策に巡り合うこともありますよね。また、しっかり健康管理をして、心配が入り込むすきがないように明るく努めたいと思います。

  11. りんりん より:

    精神的にも肉体的にも健康になるために、心配性は毒になりますね。
    雅代さんのお話しやブログ、いろいろな本を読み、気持ちの切り替え
    はできるようになって有難く思っています。
    まだまだ足りていないと思うことが多いのですが、焦らずに、毎日を
    感謝して過ごしています。

  12. さとみ@シアトル より:

    この週末は家庭の用事で他州まで行っておりましたが、長距離で車を運転しながら、秋の景色をみたり、色々と日々考えられないこと、感じられないことを思いながら、久々に頭がリラックスした感じがします。パソコン環境がなく、コメントが遅れてしまいましたが、元々心配症だった私には時々環境をかえて、こうして自分と家族のための時間を持つことが大切なんだと実感しました。「なんとかなるさ」の脱心配性の精神、学んでます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!