心配症から脱却する方法(1)


 
日常生活の中で、
誰しも多かれ少なかれ気がかりなことや心配なことを抱えていることでしょう。

しかし、あまり物事を悪く考えると、自分のエネルギーを崩し、
他人のエネルギーをも奪ってしまいます。

「良い気」のある所では人間も植物も元気に育ちますが、
「悪い気」の所では病気になったり、弱ったりします。

「私の家では鉢植えの植物がすぐ枯れてしまう」という方は特に注意! 

そこで、今日と明日の2日間は、
自分にも周りのためにも役に立つ雅代さんからの心配症対策をご紹介します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

昔、「君は心配症だね」と手相を見て言われ
「そんなことないです」と否定した自分を、今では恥ずかしく思い出します。

つまみ食いがバレたとき、
顔に食べ物をつけながら事実を否定しているようなものですから。

以前は私も心配症でした。

今思えば大したことではないのに、
ちょっと言ったこと、言われたことを気に留め、心を痛めるタイプでした。

その私が努力して変わって、数年後、同じ人にまた手相を見てもらったとき、
「君は努力して心配しなくなったね。偉い」とほめられたのでした。

意識して努力すれば心配症だって治るのです。

私を一番大きく変えたものの一つ。それは「エネルギーの法則」です。

良いことでも悪いことでも一つのことを深く思ったり、考えたり
エネルギーを費やせば費やすほどそのことが起こりやすいというものです。

私はこの法則を知った日から一切悪いこと、
心配ごとを考えないよう意識して努力しました。

何かをしているとき、フッーと頭をよぎる心配や不安。

私は「これはマズイ」と頭を振り、
意識的にすぐにほかの良いことを思い浮かべるのです。

初めのころはさすがに大変でしたが、
時間がたつにつれ、自然とできるようになりました。

そしてふたつ目は……(明日に続く)

77f69ace787cf4f2ae74ed9a92f2758e_s
皆さんのお宅の植物は、元気に育っていますか?

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in 「残酷なくらい正直な話」, 「気」エネルギー, 幸運・強運・人生好転, 心・魂の栄養, 自己成長. Bookmark the permalink.

10 件のコメントがあります。 心配症から脱却する方法(1)

  1. ダヤン より:

    思いは本当に大切だと実感します。
    職場に苦手なタイプの人がいて、毎週その人と一緒になる日が嫌だな~と思って憂鬱だったのですが、もし自分が誰かから同じように思われていたとしたらとても悲しい事だと思って考え方を変えたら、その人とすごくうまくいくようになったのです。
    ネガティブな意識にとらわれて回りが見えなくなったら、なぜそう思ってしまうのか良く考え、
    どんなことも不満や心配ではなく感謝に置き換えて、プラスのエネルギーにできるといいですね。

  2. ケミー(あけみ) より:

    エネルギーの法則って本当にあるのですね。目に見えないものの力って、ものすごく大きいのですね。不安や悪いことを考えず、意識して良いこと楽しいことを考えるようにします!^^

  3. 心配症から脱却する方法のご紹介ありがとうございます!
    時間が早くなったせいか、エネルギーの法則で現実化するのが
    本当に早いです。心配すると現実化しやすいので、心配せずに
    具体的に前向きに行動するか考えるようにしてします。
    続きを楽しみにしています!

  4. りんりん より:

    私の母が強度の心配性と人に気を使う人でしたから、
    私も、その影響を受けて育ったようです。
    できるだけネガティブな思いを持つ時間を少なく、
    早く切り替えるようにしています。今日のブログを
    通して、「エネルギーの法則」をもっと意識して、
    苦しいことも楽しく考えられるように、さらに努力
    をしてみようと思いました。

  5. 宮兄 より:

    心配症対策のお話を有り難うございます。
    「エネルギーの法則」について、雅代さんより学ばせて頂きました。
    特に、自分の努力ではどうにもならないような事については、
    悩んで無駄な時間を過ごすよりも、うまくいくに決まってる位に思って、
    他の事をやるべきと聞いた時は、目からウロコでした。
    思いがマイナスを引き寄せるのもありますが、その思っている時間に
    他の事をやった方がとっても生産的ですよね。

  6. 近藤 美華 より:

    今日のお話を読んで、あらためて物事の捉え方について考えさせられました。
    同じ物事の先行きを考えるなら、悪くなるイメージよりも上手くいくイメージができるように心がけたいと思います。

  7. ミヤケン より:

    「心配」のお話しをありがとうございます。
    私も、雅代さんより、「エネルギーの法則」を学び、みるみる、実生活のなかで、そのようなエビデンス(実証)が取れて来て、「そういうことか!」と学びました。この学びは、とても重要なことであると思っています。

  8. アメジスト より:

    数ヵ月前、珍しく心配し過ぎて体調を崩したことがあったのですが、結局何も起こらなかったので、心配なんかしてバカみたいでした。「エネルギーの法則」を忘れないようにしたいです。

  9. mChip より:

    昔は私も心配性でしたが、不安・心配は「起こっていない事への恐怖に囚われる」ことだと分かった時、考え方を「むやみに不安に思わず、今ある目の前のことをできる限りする」と切り替えたら自分自身が大分楽になりました。せっかくもらった人生のエネルギーを無駄に使いたくないですよね。

  10. さとみ@シアトル より:

    私もひどい心配症で、その余韻はいまだ残っているものの、ポジティブ思考を意識して生活するようになったり、ポジティブな人と付き合うようにすることでだいぶ変わってきました。意識するだけでも全然違いますね。周りにネガティブな人がホント少なくなりました~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!