ウォルト・ディズニーに学ぶ、夢実現の秘訣


 
以前、西日本新聞に掲載され、大好評だった雅代さんのコラム
「残酷なくらい正直な話」には、私たちの中の「眠れる巨人」が目を覚ますような
エッセンスがぎっしり詰まっています。

今日はその中から、
自分の夢やビジョンを実現させるヒントとなること間違いなし! のコラム、
「夢について」をご紹介します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

マイナス20度と、記録破りの寒波が押し寄せているシカゴから飛行機で約3時間。

私は今、ディズニーワールドで有名なオーランド(アメリカ・フロリダ州)という町の
郊外にディズニーが開発した理想の町「セレブレーション」(祝賀という意味)で
これを書いています。

温度計は一挙に30度近くまで上昇し、あらためてアメリカの広さを体感しています。

日本ではあまり知られていませんが、ここは7年ほど前に開発され、
1930年代のアメリカの街並みを再現したユニークな町です。

さすがにディズニーが手掛けただけあって、
お菓子の家など面白い建物もたくさんあります。

12月は夕方から1時間おきに人工雪が降り、子供たちは「真夏の雪」に大喜びです。

実はシカゴとディズニーはとても深い関係にあります。

ウォルト・ディズニーは若いころ、シカゴでのある博覧会を見聞し、
その構想に心を揺さぶられ、
家族全員で楽しめる大規模な娯楽施設を作ることを夢見始めたのです。

シカゴでの感動が
有名なディズニーランドやディズニーワールドの発想の源となったわけです。

彼は漫画家からスタートし、1950年代にロサンゼルスの近郊に
有名なディズニーランド(ディズニーの島)を作りました。

しかし周りにホテルなどが建設され、それ以上施設を拡張することができなくなり、
大規模な土地をアメリカ中で探し回りました。

1960年代。

ディズニーはオーランドの近辺を地価が上がらないような方法で開発業者に買収させ、
1970年代に、有名なディズニーワールドを完成させました。

人工の湖をたくさん作り、掘り起こした土で湿地を埋めました。

私の友だちは、親類が他の州からトラックに土を満載してオーランドへ来て、
そこで労働者として働いていたのを覚えているそうです。

オーランドはディズニーワールドにより急成長し、
多くの人々がその関連産業で生活しています。

もし、ディズニーがシカゴでの広大な構想に感動していなかったら、
世界中で最も有名なレジャー施設は存在しなかったといえるでしょう。

クリントン元大統領も学生の時、故ケネディ大統領と握手し、
大統領になろうと決めたのは有名な話です。

感動は魂を感激で揺り動かし、
心に深く根ざし自分の夢やビジョンの種や原動力となります。

そして夢の実現へと成長させるもののようです。

素晴らしい人に出会い、物、場所を意識的に体験し感動することが、
どんなに重要なことか。

私たちは意図して自分や子供たちを感動の場にさらすべきです。

futta1698m
写真のジェットコースターは、
1955年、最初に作られたカリフォルニア・ディズニーランドにあります。
皆さんおなじみのミッキーマウスが模られていて、遊び心いっぱい! 
まさに「夢の国」ですね。

===========================

ご質問やご相談はこちら
「雅代メソッド・サポート」

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★超スピードで元気・健康・強運になる方法!!
まずはこちらで「雅代メソッド」について学んでください♪
↓クリック↓

★イベント・セミナーで直接雅代さんに会える!
個人的に相談ができるセミナーもあります。
↓クリック↓

★ホリスティック情報(自然根本療法)、ブログ情報、
特別音声配信のバックナンバーも聞けます。
↓いますぐ登録↓

★まとめの記事も是非ご覧ください!

 

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in アメリカ・海外事情, 幸運・強運・人生好転. Bookmark the permalink.

9 件のコメントがあります。 ウォルト・ディズニーに学ぶ、夢実現の秘訣

  1. アメジスト より:

    シカゴの博覧会がきっかけとなり、「家族全員で楽しめる大規模な娯楽施設を作る夢」を大きく膨らませたディズニー。地上に夢の国をいくつも作り、観光客が喜んで訪れ、たくさんの雇用が生まれて、街が活気づき、結果としてたくさんの人たちの役に立った……。とても素敵な循環が起こったのですね。

    私も常に感受性豊かに生きていきたく思います。素敵なお話をありがとうございます。

  2. うさぴょん より:

    ウォルト・ディズニーのとても素敵なお話を
    ご紹介くださり、ありがとうございます。

    ウォルト・ディズニーは幼い頃、貧乏で
    汚い家に住んでいたそうです。
    そして、屋根裏にはたくさんのネズミがいたそうです。
    大人になって、夢と魔法の国を作った時に、
    小さい時に屋根裏に住んでいたネズミたちを思い出し、
    ミッキーマウスを考え付いたと聞いたことがあります。
    小さな時であったネズミさえも、自分のお友達として
    受け入れてキャラクターにしてしまうウォルト・ディズニーのような
    いつまでも子供のような純粋な素敵な考え方が
    できる大人になりたいと思います。

  3. ディズニーのお話ありがとうございます!
    感動の出会いがその後の人生を大きく変えたのは面白いです。
    面白いこと、楽しいことにふれることも大事なのですね。

  4. ミヤケン より:

    全ては、「夢」から始まるんですよね。
    私もミッキー達から、魔法は本当にあって、それは、「夢をみることから・・・」と
    学んでいます♪
    そして、雅代さんからは「実戦・行動も必要!」と、大いに学んでいます。

  5. 宮兄 より:

    「夢について」の素敵なコラムを有難うございます。
    夢が全ての原動力になり、その夢は、感動から生まれる。
    とっても奥の深いお話、心に留めておきたいと思います。

  6. MIZUNO より:

    ディズニーの素敵なお話をありがとうございます。私はディズニーの映画が好きで今までも何本も見てきました。どれも夢と感動があって素晴らしいです。感動できることって日常にもたくさんあると思います。いつも素直に感動できる感性を持ちたいと思います。

  7. 近藤 美華 より:

    ディズニーの興味深いお話をありがとうございます。
    出会いやそこでの感動は、自分たちの将来にすごく影響するのですね。夢実現というのは、感動を育てることのようにも思いました。

  8. りんりん より:

    ディズニーの素敵なお話をありがとうございます。
    世界中のどれだけ多くの人に感動と喜びを与えている
    ことでしょうか。
    >意図して自分や子供たちを感動の場にさらすべきです。
    普段なかなか出来ていないですね。「意図して」やるように
    しようと思います。

  9. さとみ@シアトル より:

    何事も行動を促す陰には感動がありますね。私も意識して自分や子供を感動の場にさらしていきたいと思います。まずは、自分が感動することですね。最近、あまりに忙しくて感動する余裕がなかったかもしれません…。ちょっと落ち着いて、感動、感激する場に身を置いて楽しんでみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!