春と秋の花粉症が、栄養補強であっという間に良くなりました!(1)


 
花粉症は、春のスギ花粉だけではありません。

最近では、複数の花粉に反応する人が増えており、
日本では約60種類もの植物で花粉症が引き起こされるという報告もあります。

今日・明日にかけて、自身の子供の頃からの食生活の乱れが原因で、
春と秋の花粉症に悩まされ、
1年のうち半分は不快な症状が出ていたというKさん(女性)が、
栄養補強で見事改善した体験談をお届けいたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「あなたはチョコレートで育った!」
母が私の子供時代を振り返る時、必ず出てくる言葉です。

というのも、私はもともと食が細かったうえにチョコレートばかり食べていたので、
肝心のご飯時には何も口にしない。

すると母は「お腹が空いてしまうのでは……」と心配になり、
またチョコレートをあげてしまうという悪循環に陥っていたらしいのです。

そんな私も、小学校に入学して給食が始まると、
少しずつ偏食も改善されていきましたが、
帰宅後のおやつはほとんどが市販のお菓子でした。

さらに、高校受験の頃には、夜遅くまで起きて勉強しているとお腹が空くため、
ポテトチップス1袋と板チョコ1枚が常に夜食用に用意してありました。

真夜中に、添加物いっぱいのスナック菓子と甘い物を毎日食べて、
体がおかしくならないはずはありません。

中学卒業を目前に控えた年の3月、
突然、猛烈な目のかゆみ・大量の鼻水・止まらないくしゃみが始まりました。

以来25年間、毎年スギ花粉の時期には重症の花粉症に悩まされ、
とても日常生活を送れる状態ではなく、市販の鼻炎薬を服用することに。

シーズンが終わるまで薬を6箱くらい購入していたと思います。

ここ数年前からは、耳鼻科を受診して、
抗アレルギー剤を処方してもらうようになりましたが、
この薬は実際に花粉が飛び始める1ヵ月前から服用しないと効果がないとのことで、
お正月が明けるとすぐに飲み始め、
ゴールデンウィークが終わるまで4ヵ月も飲み続けました。

そんなことを続けていたので、いつの間にかスギ花粉ばかりでなく、ちょうど今の時期、
10月〜12月に飛ぶ、ブタクサやヨモギ・セイタカアワダチソウなどの花粉にまで
反応するようになってしまいました。

1年のうち半分は、
鼻炎の不快な症状に悩まされるという事態に発展してしまったのです!

そんな私でしたが……(明日に続く)

IMG_1085 錠剤
食生活の乱れが招いた重度の花粉症。
薬はあくまでも症状を抑えるもので、根本からの治癒とはならないいようですね……。

栄養補強のご相談は雅代メソッド・サポートへどうぞ!

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in 健康体験談, 花粉症. Bookmark the permalink.

9 件のコメントがあります。 春と秋の花粉症が、栄養補強であっという間に良くなりました!(1)

  1. アメジスト より:

    Kさん、体験談をありがとうございます。一年のうち半分が花粉症で悩まされるとは、かなり生活に支障をきたしたのではないでしょうか? お菓子は食事の代わりになるどころか、むしろ体をむしばんでしまいますね。私はきちんと食事を摂ることで、体が大満足するのを感じています。

  2. さとみ@シアトル より:

    最近は春だけでなく秋にも花粉症の症状がでるという人たちの話をよく聞くようになりました。「秋花粉症」って言葉もでてきましたよね。基本的にバランスの良い栄養補強と解毒をして、しっかりと体の免疫力をあげることが必要ですね。花粉だけでなくて、様々な環境下で何かしら体が反応してしまっていることもあるのかと思います。Kさんの体験談からあらためて気づかされました。ありがとうございます。

  3. Kさん、体験談ありがとうございます!
    うつ病になっていた頃の自分の食生活とそっくりです。
    薬づけも同じです。不調になるのも当然ですね。
    続きを楽しみにしています!

  4. うさぴょん より:

    Kさん、体験談をお聞かせくださり、
    ありがとうございます。

    私も小さなころ病弱で体が弱く、
    食も細かったです。
    そのため、お菓子が主食になってしまっていることもありました。

    また、母も体が弱かったのに、
    3人の子供を一人でも育てなければならなかったので、
    食事は外食が多かったのを思い出します。

    食生活の乱れは、心身に影響を及ぼしますね。
    私もKさんと似た幼少期を送っていたので
    明日の続きが楽しみです。

  5. 近藤 美華 より:

    Kさん体験談をありがとうございます。
    「何を食べるのか」というのは、本当に大切なことだと感じます。体の不調が食生活が原因だとわからずに薬に頼っている方は実に多いと思います。間違いに気がついて食生活を見直す人が増えることを祈ります。お母さんの役割は重大ですね。

  6. りんりん より:

    Kさん、体験談をありがとうございます。
    チョコレートやお菓子で育った人(食べ続けてきた人)の
    体がどうなるのかという事を教えてくれるような体験ですね。
    毎年、半年間も嫌な鼻炎の症状に悩まされるとは!
    考えただけでもゾッとしますね。「体は食べた物の結果」
    ですから、できるだけ自然の物を食べるようにしています。

  7. mChip より:

    う~、こわいですね。中学までの食生活の為に、その後25年間も体調不良に悩まされるとは。。。
    食べ物がいかに心身に大切なものか、ちゃんと賢く口にするものを選ばなくていけないと改めて思いました。

  8. 宮兄 より:

    今になって食べ物が大切と痛感しています。
    幸い私はおばあちゃんに育てられたので、好き嫌いが許されず、
    体に良い手料理ばかり食べていました。
    お菓子はおせんべい、飲み物は麦茶…みたいな感じで、今思うと感謝です。

  9. ミヤケン より:

    「あなたはチョコレートで育った!」。。。怖いけど、まだまだ、今でもそんな子供を時より見かけます。そういった子が、近い将来、病気になり、周りも不幸になって・・・そなん連鎖をしないためにも、良い情報が、伝わらるようにと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!