能力や愛もどんどん出すことが幸福への鍵(1)


今日で夏休みも終わり、明日から子供たちの新学期がスタート!

――という方々も多いのではないでしょうか? 

また、職場や生活環境が変わったり、新しい出会いが多くなることも……。

今日は、そんなタイミングにぴったりなメッセージを、
雅代さんのエッセイからお届けしましょう。

人間関係を円滑にして、より楽しく、幸せに生きるためのコツがいっぱいです♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

以前、散歩をしている時に
『出せば強運、出さねば悲運!』という本の題名と内容のアイデアがひらめきました。

そして、この「出す」ことについて、今まで、別々に私の頭の中にあったモチーフが、
ある時、見事に魂の深さでつながったのです。

これで、「出せば強運」が、もっと掘り下げた所から説明できる! 

私は「出せ!」の専門家になってしまうかも……。

1. 「出す」というのは、体や心から悪いものを出すだけでなくて、
良いこと、情報、素晴らしいこと、そして、「愛、能力、才能」を
「出す」ことにもつながるのです。

愛も自分の能力も、たくさん心に抱えていても、
それを「出して」、周りに活用しなくては何にもなりません。

2. 私が確信をもって言えることは、「人間は人のお役に立てた時、
喜ばれることができた時、喜び、充実感、幸せを感じるように作られている」
ということ。

だから、人に喜んでもらえた時に、凄く嬉しくなるのです。

このことがよく理解できていなかった昔は、よくいろいろな人が
「お客様に喜んでいただいた時が一番嬉しい。それが生き甲斐です」
とか言うコメントを聞いて、「何か、口先だけで表面的なことを言って」
とバカにしていました。

でも、私も多くの人たちの人生を好転するのにお役に立て、
喜んでいただくようになってから、やっとその意味がわかるようになったのです。

Hanabi

3. 中村天風先生が、「他人の喜びが自分の喜びとなる生き方が、最も尊い」と
教えていらっしゃる意味がやっとわかったのです。

人間の生きている目的は、魂の成長。魂の成長は、自分の与えられた能力を発揮し、
周りに「愛(役立つこと、喜ばれる、良い行為)」を
広げることにより起きるからです。

4. ということは、この「出す」と言う言葉は、
「得意な分野で、自分の能力をできるだけ「出し」、発揮し、
人々のお役に立って喜んでもらう。

そうすることで、自分が、キザなようだけど、
「愛」「素晴らしいこと」を「出す」ことができ、自分の魂の成長があるのです。

5. よく自称「芸術家」とか「音楽家」といった人たちに出会います。

昔、私は「彼らはそれで生活をしていくのはとても大変なのに、
どうして自己満足のような絵を書いたり、音楽に執着するのかな」と疑問でした。

でも、最近やっとわかったのです。

彼等は、自分の中の何かを「出さずにはいられないのです」。

それが、彼らの与えられた、自分や能力の表現だからです。

その自分の中の能力が、何かの創造のために「出たい」「出されたい」のです。

そして、自分が生み「出した」、美しい、素晴らしいもので、
人々に感動を与えることができた時、喜ばれた時、
そして、それを認められた時、彼らは幸福感、満足感に浸れるのです。
(雅代さんからのメッセージは明日も続きます。どうぞお楽しみに!)

===========================

ご質問やご相談はこちら
「雅代メソッド・サポート」

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★超スピードで元気・健康・強運になる方法!!
まずはこちらで「雅代メソッド」について学んでください♪
↓クリック↓

★イベント・セミナーで直接雅代さんに会える!
個人的に相談ができるセミナーもあります。
↓クリック↓

★ホリスティック情報(自然根本療法)、ブログ情報、
特別音声配信のバックナンバーも聞けます。
↓いますぐ登録↓

★まとめの記事も是非ご覧ください!

 

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in 「ためこまない生き方」, 幸運・強運・人生好転, 心・魂の栄養. Bookmark the permalink.

14 件のコメントがあります。 能力や愛もどんどん出すことが幸福への鍵(1)

  1. shiraishi より:

    心に響くメッセージをありがとうございます。
    「出す」という言葉には、もっぱら悪いことをためこまない、排出、排泄、解毒のイメージを持っていました。
    自分の能力を発揮し、人々のお役に立つということも「出す」の一部と考えると、ますます、「出す」ことの重要性を感じることができました。
    私の場合、自分が得た知識も自分の家族のために活かすことに留めがちでした。
    自分をもっともっと好きになるためにも「出す」ことを意識したいと思いました。

  2. ケミー(あけみ) より:

    自分の能力を発揮することで、周りのお役にたてる。人間は、お役にたてることが嬉しいようにできている。雅代さんからお聞きした時、「あー確かにそうだな。」と妙に納得した覚えがあります。そして、「多くの人のお役にたとうと思わなくていい。自分のすぐそばの人に手を差し伸べるだけで十分なのよ。」と言われ、すごく気持ちが楽になりました。「出す」ことの意味を解りやすく教えて下さりありがとうございます!^^

  3. melon より:

     幸福への鍵のお話、有難うございます。
     意識的に出していくのと、、得意なことや喜んでもらおうと力を出すときなどは、エネルギーを満タンにしておくと、あふれ出るのかもしれないですね。芸術家の心境に思いはせると、そうかもと。
     出すということで、生きる意味が見いだせるかもしれないとも思いました。

  4. 「幸運の鍵」のご紹介ありがとうございます!
    「芸術家」で活躍している人は生き生きと楽しそうです。
    自分の持っている力を出すことが喜びになってようですね。
    「芸術家」になることはないですが、日々の生活で少しずつ出して
    いくと良いと思いました。

  5. リウマチちゃん より:

    誰かの役に立ったとき、喜んでもらえたとき、必要とされたとき、幸せだなぁと感じます。
    誰か…今は一番そばに居てくれる娘と主人です。
    そんな気持ちにさせてくれてありがとう

  6. うさぴょん より:

    出すことの大切さをわかりやすく
    教えてくださり、
    ありがとうございます。
    能力や愛もどんどん出すことが、
    幸福への鍵なのですね。
    胸に響いたこのメッセージを忘れないように
    常に心に留めておきたいと思います。

  7. さとみ@シアトル より:

    雅代さんとはもう16年のお付き合いですが、雅代さんが年齢を重ねるごとにチャーミングになっているのは「出す」ことを、徹底して、しかも楽しみながらやっているからだと思いました。「出す」ことが得意な人は素直で可愛らしいと周りの人達をみてもそう思います。75歳になる母をみていても「出す」ことが上手なので、素晴らしいなと感心してしまいます。反面、「出し惜しみ」をしている人に会うと「あ~もったいないな~」と思います。私も自然体に「出す」ことを実践できる人間になりたいので、努力中です!

  8. ミヤケン より:

    「出す」ことの学びをありがとうございます。
    出し上手の方は、見ていて気持ちが良いですし、周りも明るくし、何より本人もハッピーになっていますね。もっともっと、出し上手になって、周りも自分もハッピーに!と思います。

  9. アメジスト より:

    出さずにはいられないものを出した結果、自分だけでなく周囲も幸せになれる……本当にそうだと思います。
    最近、私もある閃きに従って行動を起こした結果、それが人助けとなり、とても感謝されました。

  10. 宮兄 より:

    「出すこと」についてのお話を有難うございます。
    読ませていただき「なるほど」と納得です。特に、芸術家や音楽家の
    出さずにいられないという解釈には目からウロコです。
    また『出せば強運、出さねば悲運!』という本の題名、とっても独創的で大好きです。

  11. MIZUNO より:

    雅代さんのエッセイをありがとうございます。うんうんと共感しながら、とても興味ふかく読ませていただきました。「人間は人のお役に立てた時、喜ばれることができた時、喜び、充実感、幸せを感じるように作られている」本当にそうですね。私も充実感を感じます。今までの人生では苦労してきたこともたくさんあります。でもこの経験があるから、お役に立てると思うと、このような役割をさせていただけることに感謝です。

  12. りんりん より:

    雅代さんに、始めに教わったのが「出すこと」で、その実践の一つとして、
    友だちにハグをしたことを思い出します。今では、会えばハグをするのが
    当たり前になりました。小さなことですが、心地良いし、お互いに何か
    通じ合っている気持ちになります。
    「呼吸」も出すこと「呼」が先と言われるように、いろんなことに
    通じていて、基本はシンプルなんだなとつくづく思います。

  13. 近藤 美華 より:

    いろいろな意味で「出すこと」は人生にとても大切なのですね。とても納得して読ませていただきました。ちょっとしたことですが、ご近所さんにご挨拶するときでも髪型や服装など、気が付いたこと褒めるなど言葉にして出すだけで、その場の雰囲気が随分違うものになります。日々出すことを心がけて、自分も周りも気持ちよく過ごせるようにしたいと思います。

  14. mChip より:

    『出せば強運、出さねば悲運!』いい言葉ですね。^^
    本日、この言葉いただきました!
    以前は自分の気持ちにふたをして外に出さないでいました。でも、出さなくては伝わらずBESTな状況にならない事が分かったので、今はどんどん出すようになりました。楽しい事や嬉しい事は出して周りのみんなと共有すると倍になるのが最高に幸せです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!