『「死後の世界」を知れば、人生が輝き始める』~「死の真実」と「生きる意味」を探る(2)


雅代さんの最新刊『「死後の世界」を知れば、人生が輝き始める』
(KKロングセラーズ刊)
の共著者である
ダニオン・ブリンクリー氏は、3度目の臨死体験の際、肉体の死後、なかなか天国に
行き着くことのできない「迷子のさまよえる魂」が存在することに気づかされます。

そして、その気づきが彼を次のステップへと導いたのです……

昨日に引き続き、ダニオンさんと雅代さんが共著で新刊を発行したいきさつや、
二人の思いとメッセージをお伝えします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「さまよえる魂」の“正体”を知ってからというもの、ダニオンさんにとって、
臨死体験を通して「本当に語りたい、伝えたい」ことは、
天国で見てきたことよりむしろ、そこから学び得た「死の真実」。

そして、死の真実を知ることによってわかる「人間の本来の生きる意味」
「人としての生き方」の大切さだと思うようになります。

そのダニオンさんの思いを凝縮した本が、ようやくこの春、発行されたのです!

―― それもこれも、数年前の雅代さんとの衝撃的な出会いがあったからこそでした。

初めて雅代さんに出会ったときにダニオンさんが驚かされたのは、
雅代さんのエネルギー、とりわけ「愛のエネルギー」の並み外れた高さでした。

さらに、雅代さんが行っている様々な活動の究極的な目的は、
「人々がそれぞれに自分の能力を発揮しながら、最高に輝く自分を生きる」
ためにあること――

これがまさに、ダニオンさんが天から教えられた自らの使命と
ぴったり重なり合うことに、共感と驚嘆を覚えたダニオンさん。

そんなダニオンさんが心から敬愛する雅代さんとともに、
真心いっぱいのメッセージをより多くの方たちに届けたいとの願いから、
今回の出版が実現したのでした。

本書は3つのパートから構成されています。

PART1では、ダニオンさんの3度の臨死体験が克明にレポートされています。

そして、PART2とPART3では、ダニオンさんと雅代さんのダイアローグにより、
ダニオンさんが見てきた「死後の世界」の真実をもとに、「魂の輪廻転生
(りんねてんせい)のしくみ」「さまよえる魂の存在とその正体」などをはじめ、
「魂がこの世に人間としてやってくる目的」、ひいては「人間がこの世で生きる意味」
などが、わかりやすく語り明かされていきます。

「自分の夢をかなえたい」「より良い人生を歩みたい」「今抱え込んでいる悩みや問題、
不安を解決したい」「漠然とした閉塞感や孤独感から解放されたい」……そんな願いを
抱いている方たちにとっても“羅針盤”となるようなヒントが、
本書には随所に盛り込まれています。

本書は、まるで春のように光あふれる世界からの、皆さんへの「プレゼント」。

ぜひ手にとって、皆さんの人生をもっともっと輝かせてくださいね!

そして、本書を読まれた後は、6月、7月に開催される
新刊セミナーに是非、ご参加を! 

当セミナーでは、本には書けなかった情報もお伝えし、
あなたを今まで知らなかった新しい世界へ導きます! 

ここで魂をより豊かに幸福にする方法を身につけ、
この人生で「最高に輝けるあなた」に出会ってください!
(詳細は下記をご覧ください)

danion-masayo (2)
写真:ダニオンさん&雅代さん。
雅代さんのシカゴの自宅にて。

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in 「死後の世界」を知れば、人生が輝き始める」, 幸運・強運・人生好転, 講演会のお知らせ・レポート. Bookmark the permalink.

11 件のコメントがあります。 『「死後の世界」を知れば、人生が輝き始める』~「死の真実」と「生きる意味」を探る(2)

  1. うさぴょん より:

    2日間にわたり、死後の世界についてのお話を
    ありがとうございました。
    本は手にしたものの、まだ読んでいませんでした。
    セミナーまでに読んで、参加をしたいと思います。
    せっかく良書を取り寄せたのに
    読まずに手元に置いておくだけでは
    もったいないですね。

  2. ケミー(あけみ) より:

    2日間に渡り、死後の世界を知れば、人生が輝き始めるのお話をありがとございます。迷える魂にならないために、どのように生きるべきかを学びました。ポジティブに、そして自分を解放してあげる生き方。何度も読み直して、どのように生きるかを心に刻もうと思います!^^

  3. ダヤン より:

    昨日メロンさんがコメントに書かれていた「日常生活で心の鎧をつけすぎると、誤って要らないものにしがみついてしまったりするので、魂の喜びを置き去りにしますね。」という言葉が本当にその通りだなと、心に残っています。
    魂のことよりもまわりの人からどう思われたいかで行動してしまって、本当になりたい自分を見失ってしまいますね。
    それも学びのひとつかもしれませんが。
    繰り返し読み続けようと思います。

  4. 死後の世界のお話ありがとうございます!
    昔、うつ病で自殺ばかり考えていた頃、江原啓之さんの著書「いのちが危ない!」を
    読み、「自殺した魂がさまよっていること」を知って自殺を思い止まったことが
    何度があります。魂は、当然死後の世界を知っていますが、知識として頭で理解することも
    とても大事だと思います。

    それと、死後の世界の話でご先祖様もかなりサポートして下さっていると思います。
    私の叔母は、霊能力が強いのですが、
    甥っ子が緊急帝王切開で生まれる前日に、ご先祖様達が甥っ子を助けている夢を
    見たそうです。夢の中で、「ご先祖様達から甥っ子は大丈夫だよ」と言われたそうです。
    目に見えない世界のサポートは、気づいていないだけで、たくさんあると思います。

    手技道の院長は、「お酒とお塩」をお供えして(神棚等を特段用意する必要なく)
    ご先祖様に感謝すること(祈り)を薦めておられました。私は、朝晩やっています。
    お塩は1週間くらいで湿ってしまうので交換です。お酒はカビが生えるので毎日交換です。
    やり始めてから、お腹(チャクラ)にエネルギーを感じるようになりました。
    「祈り」は、素直になるための良い練習だと思います。あと、雅代さんの話を聞くと
    素直になれます。

  5. melon より:

     本の内容のご紹介、有難うございます。
     書く行為は、気迫をもっていなければ挫折してしまうものです。
    普段から経験や魂生きることに対して深く見つめて、様々な問題について考えていらしていたからこそ、と思います。また訳された方の表現力もすごいなと思います。
     私も、表現する上で自分は何を感じとっているか、つねに追求しようと思いました。

     ダヤンさん有難うございます♪自分の魂が喜んでいるかって、けっこう難しい時もありますね。何をしたいかとか、どうしてしたいとか、ハッキリわかってないと、自分らしく生きられないのかなーと思う時があります。

  6. 顕琢(けんたく) より:

     おはようございます!

    >本書は、まるで春のように光あふれる世界からの、皆さんへの「プレゼント」。

    「プレゼント」は、感謝して受け取り、しかりと、実践したいと思います。

     ありがとうございます。I LOVE YOU CANCEL ZERO!    顕琢

  7. ミヤケン より:

    「死後の世界の話」を意識して生きるということは、本来当然のことなんでしょうが、普段の生活では忘れがちです。限りある命、自分の命に主体性をもって生きるためにもこの本は、とても良いと思いました。

  8. 宮兄 より:

    二日間に渡り、死の真実についてのお話を有難うございます。
    『死の真実を知ることによってわかる「人間の本来の生きる意味」「人としての生き方」の大切さ』
    と書かれてますが、とても重みのあるお言葉ですね。この事を念頭において、読み直したいと思いました。

  9. 近藤美華 より:

    時折、読み返して、生かされていること見えない力に見守られていることに感謝を忘れないように心がけたいと思いました。

  10. アメジスト より:

    雅代さんとダニオンさんの共通した願いが一冊の本になったかと思うと、感慨深いものがあります。せっかくお二人のことを存じ上げ、また、本まで読んでいるのですから「自分の能力を発揮しながら、最高に輝く自分を生きる」ことをやっていかなくては……今生かされてる命がもったいないですね! 新刊セミナーも楽しみです!

    だいすけさん、
    先祖への感謝の気持ちの伝え方をシェアしてくださりありがとうございます。
    私も毎朝晩、お祈りしていますが、酒と塩もお供えしてみます。
    素直になるためのよい練習……何だかわかる気がします。

  11. さとみワトソン より:

    あらためて新刊発行までの経緯や雅代さん、ダニオンさんの思いを知ることができて感激しました。本の最後に書かれているダニオンさんがプレゼントしてくれた「この世に生きる意味」をあらわした言葉が深かったです…。しっかり心してこの世を去るまで生きていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!