親のいないすべての子供たちに、温かい家庭を!


 

昨晩「国際電話セミナー:元気の充電会」(以下、「充電会」)が開催され、
その充実した内容に、皆さん大いに学ぶことがあったことと思います。

充電会ではスピリチュアル新情報として、アメリカのスピリチュアルの聖地2ヵ所で
開催されたセミナーに参加してきたばかりの雅代さんと、
「毎年10月には各地の神々と龍たちが集まる」と言われる、
沖縄の宮古島に行かれた「手技道」の村松努院長によるお話があったほか、
今回初の試みとなった「目からウロコの何でも相談」コーナーでは、
サイキックのビル・モンロー氏と特別ゲストとして初参加された秋山まりあさんも
加わり、皆さんから寄せられた質問に、
4人のパワフルな賢人たちが斬新かつ愛情のこもったアドバイスをくださいました。

そこで取り上げられた相談の中に不妊に関する内容がありましたが、
本日あらためてご紹介するのは、
雅代さんが「ぜひ皆に読んでもらいたい」というビルさんのお母様のお話です。

博識博学で人間性も最高のビルさんの国際リーディングでは、
彼の愛情いっぱいのアドバイスももらえるのですが、
そんなビルさんも「この母にして、この子あり!」と、お話を聞けばきっと納得の、
そんなお母様に育てられたのでした。

それではビルさんのお母様、ルーシーさんの愛と勇気に満ちたお話をどうぞ!

★自ら法律を変え、多くの子供たちに愛と生きるための糧(かて)を与えた母★

アメリカでは養子縁組が頻繁で、とてもオープンです。

雅代さんの友人で、私たちの国際リーディングを担当するサイキックの
ビル・モンロー氏も、幼い頃、実母に虐待され、見かねた親戚が養父母となりました。

ビルさんの養母、ルーシー・モンローさんは現在91歳。13歳のときにガンを発症、
卵巣を摘出し、子供が産めなくなりましたが、結婚後、
子供のいる温かい家庭を持つことをあきらめられず、26歳でビルさんを養子にします。

そして当時、虐待され、親に捨てられ、
そのうえ障がいをもった孤児たちは施設に隔離され、
養子縁組のチャンスが与えられないという事実を知ります。

そこで、地元の養子縁組斡旋所と協力し合い、このような施設に入っている子供たちにも
養子縁組のチャンスが平等に与えられるよう、政府へ自ら嘆願書を提出。

約1年後にそれが認められ、イリノイ州の法律が改正されました。

ルーシーさんも、全員、心身に障がいをもった子供たちを養子にし、長男のビルさんを
筆頭に計6人(男4人、女2人)の子供たちを、愛情いっぱいに立派に育てました。

彼女は、13歳のときにガンにかかって以来、その後約8カ所にガンが移転・再発、
20回以上も手術を受けました。

健康面でのチャレンジを繰り返し経験したにもかかわらず、前向きな姿勢と勇ましさで、
そんな辛苦(しんく)も次々と見事に克服! 

そうして今もお元気に過ごされています。

「母は、私たち兄弟に愛に満ちた家庭を与えてくれただけでなく、ネバー・ギブアップ
(決してあきらめない)という精神と、生き様を通して、どんな状況下でも負けずに
生きていく心構えと術(すべ)を教え、私たちが強くたくましく、
独立できるよう導いてくれた」と語る、ビルさん。

身長145㎝と小柄ですが、超パワフルなルーシーさん。

彼女の活躍でたくさんの孤児たちが助けられました。

どんな状況でも決してあきらめずに、前向きに進み続けるルーシーさんの生き方には、
感動と学びがいっぱいですね!

Lucy1a bill-2
写真:ビルさん(右写真)のお母様、ルーシーさん。
こちらは84歳当時の写真ですが、さすがタフなお母様は、お若い!。

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in ビル・モンロー(サイキック), 子育て, 心・魂の栄養, 心温まるお話. Bookmark the permalink.

18 件のコメントがあります。 親のいないすべての子供たちに、温かい家庭を!

  1. メロン より:

     ルーシーモンローさんのお話、ありがとうございます。
     養子縁組のチャンスのない子供のため、本当に子供を思う強い気持ちが、法律を変えたのですね。
     自分の体に対しても諦めない気持ち、素晴らしく思いました。
     世の中も、体の細胞もルーシーさんの姿勢、お気持ちに対して、答えてくださっているのでしょう。いつまでもお元気にお過ごしになってください。

     遅れましたが、昨日は充電会を開催して下さり、ありがとうございました。
     私にとり、心に残った言葉は、「自分らしく喜ぶことをする。自分が楽しむことをしていい」でした。
     お聞きして、現実の出来事に左右されるのでなく、シンプルに自分の在り方を決めていきたい思いました。

     聖地のお話と、悩み相談を日を別にして、それぞれ1時間半にしたほうが充実されて、話す側も聞く側も余裕をもって、のぞめるように思いました。
     私は、肝臓の自然デトックスのお話と、ゲストの方々のお声と、両方をもっともっとお聞きしたかったです。

     

  2. うさぴょん より:

    ビルさんのお母様のお話をご紹介くださいまして
    ありがとうございます。

    お母様のご活躍で法律が変わり、たくさんの孤児たちが
    助けられたというお話はとても素晴らしいお話ですね。
    そういう考えや思いがあっても、
    実際に行動に起こし、実現する人は少ないと思います。

    また、13歳のときにガンにかかり、その後もガンの移転・再発、
    そして20回以上も手術を受けたにもかかわらず、
    前向きな姿勢で、見事に克服され、
    今もお元気に過ごされているというお話は、
    とても元気をいただきました。

    どんな状況でも決してあきらめずに、
    前向きに進み続けるお母様のように
    私も毎日を大切に、
    そして元気に過ごしたいと思いました。

    とても素晴らしいお話をご紹介いただきまして
    本当にありがとうございました。

  3. ダヤン より:

    「こうすればいいのに」と思うことがあっても、自分で行動する勇気がなくて、現実を変えられなくても仕方がないと思ってしまうけれど、自分の思考と行動で不可能を可能にしたルーシーさん、素晴らしいですね。

    昨日は充電会、ありがとうございました。
    雅代さんが講演会でいつも「健康になることが目的ではなく、健康になったその先に何をするのかが大事」と言われていますが、結婚や出産も同じですね。
    「素晴らしい人と出会いたければ、自分がその人と同じ波動にならなければダメ。同じ波動の人を引き寄せるのだから、自分の結果が相手そのもの」と言われて、理想が高いくせに自分の波動が伴っていないからダメなんだな、と納得しました。
    お悩み相談はブログの中でもできるのでは?と思っていましたが、生の声で聴くと心に響いて、自分の悩みではなくても自分の事に置き換えて学べて、とても良かったです。
    雅代さんが参加したセミナーのお話や、院長先生の宮古島での神事のお話、まりあさんのお悩み相談をもっと詳しくお聞きしたかったです。
    メロンさん同様に、別々にするとよいのではないかと思います。

  4. ルーシーさんのお話ありがとうございます!
    このお話はとても大好きで、読んでいるだけで心が
    暖かくなります。愛を持って子供を育てることは素晴らしいですね。
    きっとルーシーさんは、深い愛情と生きる術(叡智)を持っていたのだと
    思います。それがビルさんに受け継がれたのですね。

    「人生相談」は、問題に対しての発想法と具体的にどう行動するかが
    分かるので、とても参考になります。昨日の相談で院長が言われた
    「パートナー同時で内転筋を踏みあう」のようなことは
    「人生相談」の様な場面で出てくるアドバイスだと思います。
    充電会という形ではなく、動画や録音を活用するのも良い方法だと思います。

  5. 敦子 より:

    ルーシーさんのお話をありがとうございました。
    このお話は,近視眼的な見方に考え方が陥ったときの
    戒めとして、とらえさせていただいています。
    学ぶ機会を与えて下さってありがとうございます。

    昨日の充電会は雅代さんの私達へのお気持ちが溢れていて感動しました。
    カーネギーの「人を動かす」を読んで、友達の作り方を勉強することや、自分の
    幸せを相手にコントロールさせないとのアドヴァイスは「目からうろこ」でした。

  6. アメジスト より:

    だいすけさん同様、私もこのお話が大好きです。そして読むたびに「まだまだ小っちゃいぞ、自分」と喝を入れています。今日も親子げんかから始まって、夫婦げんかまでしてしまいました……(汗)敦子さんも書かれていますが、視野を広く持つことが大切ですね。

    そしてお礼が遅くなりましたが、充電会では4人のパワフルな賢人たちのお話をありがとうございました。アメリカや沖縄のスピリチュアル新情報も興味深かったですが、何でも相談コーナーでのビルさんの現実的で的を射たアドバイス、まりあさんのやんわりと自分を受け入れながらも確実に前進していける心の持ち方、院長の愛と真心のこもった医学的なアドバイス、そしてそれらを強く後押しする雅代さんの熱い思いがバンバン伝わってきて感動しました。

  7. さとみワトソン より:

    私の周りにも養子をもらっている人、そして自らが養子だという人たちがたくさんいます。親戚にも何人かいます。15歳の息子の大親友も5歳の時に実姉とともに今の両親のもとに養子になったそうです。そのことは前から知っていましたが、先日、本人のから直接聞きました。もう5歳だったので実母のことも覚えていたし(実母は事情があり子供たちを育てられなくなったそうです)、最初は戸惑ってどう対応したらよいかわからなかったけど、新しい両親と一緒に暮していくうちにある時から「この人たちが自分の親なんだ」と実感してきたそうです。今は親子喧嘩もするしジョークも言い合う、愛情いっぱいのよくある親子、家族で、我が家とは家族ぐるみのおつきあいをさせてもらっています。血縁関係のある親子でもわかりあえず、疎遠になってしまう人たちや愛情不足の人たちもたくさんいます。私自身は養子経験がないので、感覚でしか伝えられませんが、やはりその関係性を生かすのも「愛」なんだと思います。子育てから得られる学びや喜びに血のつながりは関係ないのではないかと、ビルをふくめ私の周りの多くの人たちを見て実感しています。「子供が産めない、産まないから親になれない」ということは決してなく、人生におけるオプションはいろいろあるということですね。

  8. Sophia より:

    ルーシー・モンローさんのお話をご紹介くださりありがとうございます。
    毎回このお話から暖かいエネルギーと行動する勇気をいただいています。今回は前日の充電会の流れからか、望みの本質について考える機会をいただきました。ありがとうございます。

  9. 顕琢(けんたく) より:

     おはようございます!

    >「母は、私たち兄弟に愛に満ちた家庭を与えてくれただけでなく、ネバー・ギブアップ(決してあきらめない)という精神と、生き様を通して、どんな状況下でも負けずに生きていく心構えと術(すべ)を教え、私たちが強くたくましく、独立できるよう導いてくれた」

    愛のホルモン(オキシトシン)が一杯のルーシーさんが、家族のために、周りの人たちのために、行動することで自分自身のオキシトシンをさらに増やして、長生きされているのでしょうね。
    長生きの秘訣のような話とも感じます。

     ありがとうございます。I LOVE YOU CANCEL ZERO!   顕琢

  10. 宮兄 より:

    ビルのお母様のお話の再掲載を有難うございます。
    充電会で雅代さんが仰っていた「何の為に子供が欲しいのか?」
    子供在り方について、改めて深く考えさせられました。
    何事に置いても意思は道なりですね。

  11. りんりん より:

    ルーシー・モンローさんのお話をありがとうございます。
    13歳にしてガンに侵されて20回以上も手術を受けられた
    その体験もルーシーさんの人格形成に、良い意味で大きく
    影響しているように思います。
    >全員、心身に障がいをもった子供たち6人を愛情いっぱいに
     立派に育てました。

    145cmという小柄なルーシーさん、その身長を超えるの懐の深さ、
    愛情深さに心打たれます。苦しい辛い体験も、自分の受け取り方で、
    その後の人生に活かすこともできるし、反対に恨みつらみで自分を
    殺すことにもなりますね。

  12. MIZUNO より:

    ビルさんのお母様のお話をありがとうございます。健康問題を乗り越えつつ、6人の子どもを育てた行動力に感動します。どんな状況下でも負けずに生きていく心構えと術(すべ)を間近で見ているビルさんだから、あのような暖かいリーディングができるのかと思いました。勇気がわいてくるお話をありがとうございます。

  13. admin より:

    ※11月2日の充電会で紹介した【相談 4】を投稿くださったペンネーム:“もんちゃん”さんよりメッセージを頂きましたので、シェアさせていただきます。

    「今日はありがとうございました。最後に読んでいただいた、乳癌にかかったものです。

    2年前にマリアさんのブログに出会い今回雅代さんの事も知る事が出来ました。これから自分の人生がすばらしく楽しくなるきっかけを貰う為に、今回の心のモヤモヤが出てきてくれたのかなと思えました。

    具体的なアドバイスを頂けた事ビタミンBが不足している事等教えて頂きありがとうございました。今からの私は自分を認めて、幸せに邁進します。」

  14. ケミー(あけみ) より:

    ビルのお母様の再掲載をありがとうございます。法律を変えるほどのパワーの持ち主は、なかなかいませんね。人々に平等に愛情を注ぐことのできるルーシーさん。愛の深さ、器の広さが全然違うのでしょう。そんなルーシーさんに育てられたビルだからこそ、今のビルがあるのですね。
    遅くなりましたが、充電会ありがとうございました。雅代さんの、伝えたいことが溢れすぎて、早口がさらにパワーUPしていました!4人の賢人のお話を、もっとお聞きしたかったです。初めてお聞きするまりあさんの可愛らしい声でしたが、想像していたお声とぴったりでした。毎日、笑顔で褒めるを実践されていて、まりあさんの笑顔で褒められたら、なんだかハッピーになれそうですね。楽しく生きるコツみたいなものがわかった気がします!^^

  15. にゃんこ生徒 より:

    元気の充電会ありがとうございました。
    マリアさんのブログから、雅代さんやビルさん、松村院長の存在を知ったのですが、ただ、なんとなく面白そう、という興味本位で申し込みしたのですが、それ以上のおまけ?をたくさんいただきました。お悩み相談の4人の方の回答も心から納得できるものであり、参加しただけで満足せずに早速行動しはじめています。

    今回の参加では、①元気の充電会で取り上げられた!②思考も身体もスッキリ♪と未来手帳に書いていたら、お悩み相談ではなく、なんとプレゼントのところで名前が読み上げられました!ありがとうございます。そして、4人の方が交代で話されると、エネルギーが変わって聞いているだけでヒーリングをされているかのような感覚。特に松村院長の沖縄の話のときは、なんとも言えない心地よさに包まれて、気持ちよすぎでした。結果、①も②も叶ってしまいました!
    お勧めされた本は、これから取り寄せてしっかりと読みます。
    また、要望ですが、ゲストスピーカーの方の時間が30分ほどあるといいな、と思います。どなたかもコメントしていましたが、別日程の開催もいいかと。

    私は、小さい頃に何度かいじめを経験しました。そして、いじめの対象とならないように、目立たないように過ごしてきて、いじめられていた対象の同級生を無視する、なるべくかかわらないようにする、という、いじめをしたことがあります。自分もいじめらていたときの気持ちを経験して、そのつらさを分かっていたはずなのに、その時は、自分を守るために、無視を選択していました。女の子のいじめ問題については、どう対処したらいいかも別の機会やブログで聞けたらいいな、と思います。
    肝臓デトックスのやり方も教えてほしいです。

  16. 隆子☆ より:

    ビルさんのお母様、ルーシーさんの素晴らしいお話をありがとうございました。
    どんな状況でも決してあきらめず、愛情深く、前向きに力強く生きる姿勢を示されるお母様を敬服いたします。勇気をいただきました。

    先日は充電会に参加させていただき、ありがとうございました。
    雅代さん、ビルさん、院長先生、まりあさん、それぞれのお立場からの貴重なお話と質問への回答を伺い、非常に参考になり、学ばせていただきました。
    気持ちを前向きにすることができ、感謝いたします。

  17. 近藤美華 より:

    ルーシーさんのお話をありがとうございます。
    愛情深く、強い信念に基づいた行動には、何度読んでも脱帽です。
    子育てしている間には、いろいろな問題も出てきたりしますが、ちゃんと社会で自立していけるためのトレーニングとして、親が毅然と受け止めていかなければなりませんね。

  18. ミヤケン より:

    ルーシーさんのお話ありがとうございます。
    力強い母からは、優しく、聡明な子が育ち、それがまた連鎖していくというのを感じました。そしてそれこそが、人類の進化でもあると思い、親としての責任と楽しさを改めて考えます。また、それは自分の子ではなくとも、生き方・発言が周りの方に影響もしますからやはり、それは、進化も退化もさせる少なからず要員の一つになるので一人一人の生き方そのものが大切なんだとも感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!