「ガチョウの家族」~『ジョリー・タイムス』より


雅代さん最愛のご主人のロブさんが、生前、日本の皆さんにアメリカの生の様子を
お伝えしたいと書きためてくださったエッセイ集「ジョリー・タイムス」。

「ジョリー(Jolly)」とは、「楽しい、愉快な」という意味ですが、
ロブさんの苗字でもあるのです。

まさに、愛情いっぱいで思いやりにあふれたロブさんそのものですね❤

爛漫の春まっただなかの今日は、ふんわりほわほわの春風に乗せて、
この『ジョリー・タイムス』からのお話をひとつ、お届けします。

皆さんぜひ、「楽しく、愉快な」日曜日をお過ごしください! 

それではさっそくどうぞ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

皆さん、こんにちは!

いつも行くゴルフ場で、孵化(ふか)して1週間ぐらいの
ガチョウの子供たちを見つけました。

シカゴの春はガチョウの誕生の季節で、
いろいろな所で孵化したばかりの子供たちを見ることができます。

Geese family1

ガチョウは離婚することなく、夫婦は一生連れ添います。

この写真は両親と6羽の子供です。

アメリカでは、実に様々な鳥や動物を身近に見ることができます。

シカゴの郊外では、ガチョウの親子が車道を横切ったりするので、車が止まります。

そのとき、もう少し子供が大きくなって、きちんとしつけができていると?

皆一列に並んで歩くので、その光景はとても微笑ましいです。

車は止まらなくてはなりませんが、
皆ニコニコと家族全員が歩道を渡るのを眺めています。

この写真の子供達は、まだ小さくて、時々えさを見つけたらそこで止まってしまい、
1羽だけ遅れてしまうなど、一列に並ぶ歩き方を学んでいないようですが……

Geese family 2

驚くかもしれませんが、シカゴにはガチョウがたくさんいるのですよ。

朝はたくさんの数が集まり、えさを食べている風景をよく目にします。

それを見つけるたびに、私が「あっ! あそこで、また、ガチョウが朝の食事大会を
やっている!」と喜ぶと、
妻(雅代)に、「あなたは、ホントにガチョウの大会が大好きね」といつも笑われます。

––まだ春の陽気が続くシカゴから、お届けしました。

Masayo-san & Rob-san Utah
写真:ガチョウのように(!?)“おしどり夫婦”そのものの、雅代さんと在りし日のロブさん。

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in ジョリー・ストーリー(楽しいお話). Bookmark the permalink.

19 件のコメントがあります。 「ガチョウの家族」~『ジョリー・タイムス』より

  1. うさぴょん より:

    大変にほほえましいガチョウの家族のお話を
    ありがとうございます。
    私もガチョウの家族を見習い、
    夫婦仲良く、親子仲良く暮らしたいと思いました。
    雅代さんと旦那様の笑顔がとても素敵で…
    お二人の笑顔の写真を拝見しているだけで、
    私まで幸せな気持ちになりました。
    ありがとうございます。

    私事ですが10日間ほどPCを開かなかったため、
    雅代さんのブログも拝見していませんでした。
    本日、自分が読んでいないブログまでさかのぼり、
    拝読させていただきました。
    すると、4月1日と2日に私の体験談を載せて頂いていることに
    今気が付きました。今頃、気が付いてすみません。

    私の体験談に多くの方が温かなコメントを
    寄せてくださった事に深く感謝をいたします。
    ありがとうございます。

    皆さん一つ一つのコメントが
    とてもありがたくうれしかったです。

    お返事が遅くなり、
    大変に申し訳ございませんでしたが、
    1日と2日の最後にコメントを書かせていただきました。

    私の体験談が、どこかで誰かの
    お役にたてれば、これほどうれしいことはありません。
    掲載をしてくださり、ありがとうございました。

    それから、クンツァイト さん、
    娘のりえのすけに温かいコメントを
    ありがとうございました。
    親子で嬉しく拝読させていただきました。
    (2日のブログにりえのすけのコメントがありますので、
    お時間があるときに拝読していただけると嬉しいです)

  2. メロン より:

    カワイイお話し、有り難うございます♪
    親子で行進、かわいいですね!
    ガチョウの行進に車が止まってくれるのは、余裕を感じます。
    うちの近くでは、野良猫が道路を横断するのを見かけると、いつもドキドキ、ヒヤヒヤ、立ちどまって、引かれないで~と祈ってます。

  3. けいこ北海道 より:

    ガチョウの親子のお話をありがとうございます。
    親子で並んで歩く姿、とってもほほえましいですね。シカゴは自然豊かな街なんですね。私もガチョウの行進見たいです! わが家もガチョウのように仲良く暮らします。

  4. ケミー(あけみ) より:

    ロブさんのエッセイ集からのお話をありがとうございます。ガチョウの親子のほほえましい光景が、人の心を癒してくれますね。家族仲良く、いつまでもそうありたいです!^^

  5. 敦子 より:

    ジョリー・タイムスのがちょうのお話ありがとうございました。
    なんて長閑な心温まるお話なんでしょう!光景を
    想像し街中の喧騒を忘れさせていただきました。
    ありがとうございます。

  6. あゆ より:

    心温まるお話をありがとうございました。
    人間も動物も、思いやる心が大切ですね。

    このところ2週間ほど、風邪をひいていましたが、
    ガードやタワー、パッチのお蔭で、薬を飲むこともなく回復しました。
    雅代さんのお蔭で、このように元気になる手段をもっているわたしたちは、幸運ですね。
    体調が悪いと、気持ちの余裕もなくなってしまうので、
    健康のありがたさを改めて実感しています。

  7. ジョリー・タイムスのご紹介ありがとうございます!
    動物には本当に癒されます。エゴスキューの名古屋スタジオの
    トイレに「人生はワンチャンス! 」と「人生はニャンとかなる!」の
    本の写真が飾ってあります。しかも、行く度に違う写真になっているので
    楽しみの一つになっています。

  8. 顕琢(けんたく) より:

     おはようございます!

    >シカゴの春はガチョウの誕生の季節で、いろいろな所で孵化したばかりの子供たちを見ることができます。

    日本ではツバメをみかけると春を感じます。
    昔は、自宅に巣を造っていましたが、もう何年も造ってくれませんね。
    また、ツバメの雛を見たいですね。

     ありがとうございます。I LOVE YOU CANCEL ZERO!   顕琢

  9. さとみワトソン より:

    このお話を読むと春の訪れを実感します・・・。今日はあいにくちょっと曇り空のシアトルですが、もう少し暖かくなると、ここでもまもなくガチョウの親子をみることができるようになります。我が家の周りは自然が多いので、春になると熊やシカ、狸などもでてきます。サイキックのビルさんにもよく「時々立ち止まってバラ(花)の香りをかぎなさい」といわれます。(時々たちどまってリラックスしなさいという意味です)私は毎日のあわただしさに流されて、気がつくと倒れそうになってしまうので、そんな私の性質をしっているビルから注意がはいるのです・・・。今日はロブさんのお話を読んで、ちょっと立ち止まることができました。・・・とたんにものすごい睡魔に襲われたので、ちょっとお昼寝します。体が休息を欲しているのかもですね。

  10. Sophia より:

    ジョリー・タイムスから心温まるガチョウのお話をご紹介くださりありがとうございました。花冷えの日も変わらず鮮やかに花開く姿を見ることができるこの季節、ふと顔を上げて窓の外を眺める時間がかけがえのない幸せな時間です。

  11. とよみ より:

    ここのところ、日本は寒いですが、このお話が掲載されると、春をより感じます。そしてロブさんのことを思いだし、温かい気持ちになります。ガチョウの夫婦は一生連れ添うということや親子でのお散歩や、ロブさんが、食事大会を見つけては嬉しそうにされていたご様子に和みます。春は躍動の季節。いろいろなものが動きだし、自然も鮮やかになっていき、心も体もウキウキしてきますね。

  12. 柚子の香り より:

    がちょうのお話をありがとうございます。慌ただしい毎日に一息ついて、ユーモアや和む時間が必要ですね。

  13. 宮兄 より:

    「ガチョウの家族」のお話を有難うございます。
    ガチョウの家族が道路を横断する時に、「車は止まらなくてはならない」
    と書かれているのを読む度に、アメリカ人は自然にも敬意をはらい
    共存するようにしていると感じます。
    日本だと、クラクションを鳴らしてしまう人もいそうですよね。
    お話を通して、常日頃、心に余裕を持ちたいと思いました。

  14. りんりん より:

    微笑ましい「ガチョウの家族」のお話しをありがとうございます。
    自然や動物たちを愛して楽しんでいらっしゃったんだロブさんの
    お姿が見えるようです。
    顕琢さんのツバメのお話しに、あ~そうだった!と思い出しました。
    昔は農家では、玄関の戸は開け放してありました。玄関を入った
    土間の上、天井の大きな柱にツバメが巣を作っているからです。
    親鳥が巣からヒュ~ッと飛び出すのがカッコ良くて眺めたものです。
    この季節は、動物でけでなく、お花、植物にも癒されますね。

  15. Chip より:

    ガチョウのヒナのお尻が可愛い過ぎです!(笑)
    私もツバメを見ると、「あ~、またこの季節を迎えたんだ~」と思います。そして「ツバメ見れたから今年もラッキー!」と勝手に思っています。去年は臨海地区の高層マンション群の中で、巣に餌を運ぶツバメを見つけました。「こんなところにもツバメは来てくれるんだな。」とその逞しさに感心したのを覚えています。

  16. 水島智裕 より:

    ガチョウの家族のお話をありがとうございます。車を運転している時に、ガチョウの家族が横断するところに遭遇してみたいです。可愛くて癒されるでしょうね。シカゴが動物とも仲良く共存できるところが素晴らしいと思います。

  17. やまさ より:

    朝から心温まるお話を聞けて、すごくハッピーです!
    我が家の近くは、この時期カルガモの親子がどこからかあらわれます。
    仲睦まじい姿をみると、心が和みます。

  18. アメジスト より:

    写真のガチョウの親子を見ていたら、心がほんわりしました。動物も人間も家族で仲良く
    って大切ですね……。

    さとみさんのコメントを読んで、私も花の香りをかぎたくなりました。家の中の花が咲き終えてしまったので、後で花を買ってきます。

  19. 匿名 より:

    〉日本だと、クラクションを鳴らしてしまう人もいそうですよね。

    そんなことありませんよ。大手町近辺のカルガモの話などもご存じないのでしょうか。
    日本のなかには馬優先、鹿優先の道路標示が立っているところもあるなんていうことまでは知らなくてもいいと思いますが、自然崇拝・敬愛・調和ということでは、アメリカなどよりむしろ日本や英国・ドイツといった国々のほうが民俗・民族的にも、文化的にも上を走っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!