感動ストーリー「もらいおじいちゃん」(2)


最愛の奥さんを亡くされて、独りぼっちになってしまったマックスさんを「もらい
おじいちゃん」にして、家族のように一緒に過ごしたロブさんと雅代さん。

いつもの夕食は、雅代さんお手製のゴージャスなデザートに舌鼓をうつロブさんと
マックスさんですが、今日は、雅代さんは日本に行っていて、お留守です。

二人きりの夕食、いったい、どうするのでしょう? 

結末は……、皆さん、どうぞハンカチのご用意を!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ある日、雅代が日本へ行っていた時でした。

いつものようにマックスと私は男同士二人で買物へ行き、マックスは色々な果物を沢山
買い込みました。

夕方5時頃、突然彼が、「夕食の前のデザートだよ」と何やら見た事のあるような物を
ニコニコして私の所へ届けてくれたのです。

それは、彼が私に作ってくれたデザートでした。

彼はパーキンソン病があるので、手が震えているので、色々な果物を小さく切るのはさぞ
大変だったと思います。

彼なりに精一杯、何か私が喜ぶであろう事をしてくれたかったのだと思います。

でも、何をしたらよいか分からないので、雅代の真似をして、雅代のと全くそっくりの
デザートを私に作ってわざわざ持ってきてくれたのでした。

その可愛い優しさと思いやりに私の心はあつくなり、顔はとろけてしまいました。

私は、雅代に国際電話をした時、この心暖まる話をしました。

すると彼女はウルウルして言ったのです。

「やっぱり人間というのは他人に喜ぶ事をさせてもらって、自分が嬉しく感じるように
作られているのね。

でもどのようにして回りの人を喜ばせたらよいか、さっぱり良いアイデアが出てこない。

でもマックスのように真似をする事ができる。

だから、皆が自然体で良い事のアイデアややり方を行動で広げると、回りが良い事を
真似しやすくなり、ニコニコが広がるね」と。

マックスは私達にご馳走になってばかりで悪いと、よくレストランでご馳走して
くれます。

彼の大好きな、パーチという名の魚と蛙の足で有名なレストランに行った時のものです。

マックスの後の棚には、色々な蛙が飾ってあります。

ちなみに、私達は蛙は苦手で魚を食べ、家へ「無事 カエル」でした。

Adapted Grandpa-2

写真:この頃、マックスの体重を計ったら、3ヶ月前よりなんと2.5キロ増えていました。
本人も顔色も体調も良く、皆で大喜び!

∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗

いつも自分を喜ばせてくれるロブさんや雅代さんのために、真心いっぱいのデザートを
つくったり、ご馳走をしてくださったり……。

純粋で可愛らしくて、優しさにあふれたマックスさんの笑顔に、皆さんのお顔もきっと、
「とろけて」しまわれたのではないでしょうか――。

そして、きっと、貴い学びに気づかれた方もいらっしゃることでしょう。

「人間は本来、体も心も健康なら、自然と『人の喜ぶことをしたい』と思うようにできて
います。

『人の喜ぶことをさせていただく』ことで、自分自身が喜びを感じることができる

――人間はそんな動物なのです。

そして、人の喜ぶことをさせていただくことによって、人間は『愛』を広げ、自分自身が
成長していきます。」
『ためこまない生き方』~人生好転へのスーパーレッスン77  
「はじめに」より)

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in 「ためこまない生き方」, ジョリー・ストーリー(楽しいお話), 心・魂の栄養, 心温まるお話. Bookmark the permalink.

47 件のコメントがあります。 感動ストーリー「もらいおじいちゃん」(2)

  1. アメジスト より:

    マックスの心から楽しんでいる様子が伝わってくる笑顔がいいですね!

    >皆が自然体で良い事のアイデアややり方を行動で広げると、回りが良い事を真似しやすくなり、ニコニコが広がる・・・

    私も気の利いたアイディアというのがなかなか思いつかない方なのですが、肩ひじ張らずに自分にできることで周りの人たちに喜んでもらえたらと思いました。

    「ためこまない生き方」からの解説もありがとうございます。

  2. ふゆまろん より:

    雅代さんのお留守に、ロブさんとマックスさんの二人で、はちゃめちゃ、おままごとのようにデザートを作っている姿を勝手に想像したりして、楽しみに今日のつづきを待っていた私です。でも、予想は外れました・・(笑)
    まさか、マックスさん一人でデザートを作って届けにくるなんて!
    震える手で、沢山の果物を小さく切っている様子を想像して泣けてしまいました。
    愛の力ってすごいと思いました。
    最愛の人を亡くし、空っぽになったマックスさんの心を、(人の喜ぶことをしたいと思うまでに)愛で満たした、ロブさん雅代さんご夫婦の愛情。多少無理なことをしてでも、恩返しをして喜ばせたいと、行動をしたマックスさんの愛情。心が、熱いもので満タンになります。
    私も、せっかく人間として生かされているのだから「人の喜びが自分の喜びとなる」醍醐味をもっともっと味わうべく、『愛』を広げたいと思いました。

  3. ふゆまろん より:

    みどりさん
    みどりさんにお礼を言いたいので書かせていただきますね。
    先日シェアして下さった、雅代さんの教え。“何か「問題」があっても、問題でなくチャンスととらえる。どんなことも、一瞬、いやだなあと思っても、気持ちが前向きであれば良い方向に向かう”
    これって、「ピンチはチャンス」ってことかなと思い、それを親友に伝えました。併せて、普段は照れて言えないような言葉を沢山使って、あなたがどれだけ大事かも伝えました。
    すると2日後に、超デカいおにぎりの写真付きメールが届きました。長距離の徒歩出勤でお腹がすくので、「職場に着いてから食べるのよ^^」って。
    私、こんな大きなおにぎりを準備する人が、川に飛び込む訳はないな(笑)と、何だか安心しました。問題はまだ何も解決していませんが、彼女の気持ちが前向きだから、きっと大丈夫ですよね。
    みどりさんのおかげです。ありがとうございました。

  4. つきこ より:

    マックスさん、今もお元気でいらっしゃるでしょうか。パーキンソンで手が震えていて、果物を切るという作業が大変でも、大好きな人を喜ばせたくて頑張ったのでしょうね。「彼なりに精一杯」「その可愛い優しさと思いやり」というロブさんの表現が印象に残りました。

    今日、姪っ子(中3)が持ち寄りパーティに呼ばれていると言って、自分で本を見ながら、ちらし寿司と黒糖ケーキを作っていました。薄く焼いたケーキをハートや四葉の型で抜いて、可愛く盛りつけて嬉しそうに持って行きました。喜んでくれる人がいるって素敵なことですね。

  5. Ponta より:

    「やっぱり人間というのは、他人に喜ぶことをさせてもらって、自分が嬉しく感じるように作られている。」
    あ~、そうだった、させていただくんですよね。
    マックスさんの、ほんわか温かい笑顔が、素敵です。

  6. ゆりソフトクリーム より:

    そうだったのですね。マックスおじいさん、ありがとうございます!喜ぶ顔がみたい、それが自分の喜び。という尊い人としての生き方を学びました。理想的に体重も増えて幸せいっぱいの笑顔ですね。マックスさんお元気で!

    岩鞍ハウスで生活する皆さんから支援物資、支援金、サプリメントやミネラルへの感謝を是非お伝えくださいとのことです。特に一歳と二歳の子どもさんは当初、風邪や熱でぐずることが多くてママや家族は他の人たちに気を遣い疲れたようでした。今はチャワブルやミネラルを好んで食べて元気いっぱいです。高齢者や難病の方もいますが最近は皆さん顔色も良く声もはりが出てきました。雅代さん、たくさんのファミリーの皆さん、真心を尽くしていただきまして本当にありがとうございます!一日も早く自宅に安心して帰れるように念じています。またこの連休中に“群馬と福島の出会い大作戦”を行います!既に福島からの男性とボランティアの女性のカップルが誕生したそうです。こんな困難の多いなか出会われたお二人は思いやりいっぱいできっと幸せな家庭を築くことでしょう。

  7. 心温まるお話をシェアしていただき、ありがとうございます☆
    雅代さん、ロブさんからの愛溢れる行動に対して、マックスさんのお返しも、本当に素晴らしいものでしたね。
    パーキンソンで震える手で果物を細かく切る作業は大変だったでしょうけれども、きっとマックスさんの心は達成感と喜びに満ち溢れていたことでしょう☆
    自分の身近なところがこのように愛情の好循環がどんどん起こると、その好循環がどんどん広がり、重なり、世界には愛がいっぱい溢れるだろうなあと、じ~んと感動しました。
    私もまずは自分の周りに愛の好循環を起こせるよう行動したいとあらためて思いました!

  8. nakamura-akemi より:

    マックスさんが雅代さんの作られたデザートを
    真似て作られた事、ホント微笑ましいですね。
    その時の状況が目に浮かぶようです。
    「人の喜ぶ事をしたい」と思い「人が喜こぶことを
    させていただく」ことで自分自身も喜びを感じる。
    日々の介護の仕事で介助をさせて頂くことにより
    喜びを感じる毎日です。そんな毎日が有り難いし
    感謝したいと思います。

  9. kumako より:

    心がジーンと温かくなるお話をありがとうございます。
    マックスさんが作ったデザート、愛情いっぱいでとってもおいしかったことでしょう。相手が喜ぶことを考えながらさせてもらって、思いが通じたときの喜びは何ものにも変えがたいですね。

  10. rumina1020 より:

    もらいおじいちゃんをされたロブさん、雅代さんご夫妻を尊敬致します。その優しさ、愛がマックスさんに伝わり、ふるえる手できざまれたデザートをプレゼントされたとき、本当に嬉しくなりますよね。日常の出来事の中にたくさんの学びがあることがわかります。愛情あふれるロブさんのお話を有難うございました。

  11. 早乙女真帆 より:

    なんて美しいお話なのだろうと思いました。どんな寂しい人の心もその人の心を暖かく包み込む人によって、救われるものなのですね。
     でも、「言うは易く行うは難し」です。今日は、日頃温厚な(?)わたしも切れそうでした。というのも、明日が母親の誕生日なのですが、明日は仕事があるのでゆっくり誕生日のお祝いができそうもないと思ったので、今晩は母のために料理を作ってあげようと下準備をしていた時のことです。このところ、父とのことでいらいら気味の母は、なんやかやと気に入らないらしく、私のすることなすことに、つっかかってくるし、拒否するしで…
    こんなにしたら喜ぶだろうなと思っていたことがばっさり。
    で、ちょっとその時は心が怪我したような気分になりました。
     少し腹をたてつつも、これではいけないと思い、すぐに「キャンセル、キャンセル」をしました。あ~~まだまだです。
    やさしい相手にはやさしさを発揮できますが、このような強者には、自分自身がすぐ痛んでしまうレベルです。苦しみの多い母にはわたしのレベルアップが必要なようです。
     まあでも、母も少しは悪かったと思ったのか、食事の後、一つずつ料理の名前をあげて、「おいしかった」と言ってくれました。わたしも救われた思いです。

  12. ロブさん雅代さん夫妻の思いやりいっぱいのマックスさんとの接し方にとても感動しました。マックスさんも日常からお二人のことをよく観察されていたから、何かお役に立ちたいというまごころを表現されたのでしょうね。
    人を思いやる行動は絆をしっかり築きあげていくものですね。喪失感でいっぱいのときほど、口に食べ物を入れることが大事と聞きます。雅代さんのマックスさんの身体への栄養を考えてのお料理やデザートにとても愛情の深さを
    感じます。私も真似て学んでいこうと思います。

  13. 石川はるか より:

    少し私用で慌ただしくしていて、昨日の記事にコメントを書けませんでした。今日合わせて書かせて頂きます。
    ちょうど今日の昼食に、昨日の写真のデザートを真似たフルーツサラダを頂きました。キウイ、ドライフルーツ、ナッツ類とヨーグルトを今日はクレープの皮で巻いてみました。雅代さんのお料理は簡単で栄養いっぱい、そして美味しく楽しくて我家でも定番になっています。
    雅代さんとロブさんがもらいおじいちゃんをされていると聞いた時、なんて素敵な心温かなご夫婦だろうと、私もいずれ結婚した時にはそんな夫婦になりたいと思いました。結婚した今、まだまだ足りない部分はありますが、目標に向かって夫婦で努力を続けます!
    マックスおじいちゃんのデザートは、ビタミン愛がいっぱいで最高に美味しかったことでしょう!雅代さんとロブさんの真心の輪、ニコニコの伝染に改めて感動しました。読んでいる私達にもニコニコを伝えてくださってどうもありがとうございます!

  14. Masako より:

    夕食前のデザートは消化に良くて健康的でいいですね。

    マックスおじいちゃんカエルのお料理が好物だったのですか。
    カエルは鳥肉に似ていて美味しいと聞きましたが
    食べたことはありません。

    以前福島に言った時、友達から蜂の子の料理を出されて
    食べてみたらとても美味しかったのでびっくりしたことがありました。

    血が繋がっていなくても家族のようにお互いを大切にしていけたら
    とても良い世の中になりますね。

    雅代さんとロブさんのお話にはいつもユーモアの中に
    人生で役にたつヒントがいっぱいで感謝しています☆”

  15. Masako より:

    あ、魚を食べて、みんな無事にカエルだったのですね。(笑)

  16. 歌姫カオル より:

    これはほんとうにすてきなおはなしですね!うまくできなくても、相手のことを心から思ってしてくれてるっていうのがとても伝わってくるし、」マックスおじいちゃんの気持ちをすごく理解して感動したロブさんや雅代さんの感性もすばらしいとおもいます!

    めぐみっちさん
    もしかして、、もしかして、、めぐみっちさん、酒塩やってみたことある?雅代さんのセミナーで、酒塩って聞いたことあるかな?ワンカップの清酒に粗塩おおさじ1杯いれて、お風呂の窓あけるか換気して頭からかぶるっていう。。ちょっとまって、このブログでもその記事あるかも。みつけたらリンクするね!

    ***
    今日はリビングフード(ローフード)のお料理教室(3日コース)に行ってきました!皮膚疾患がひどいから、すごく興味あってやってみたかったのですが、習いにいく機会がなくて。
    でも、たまたま先日、習うのによいセミナーをみつけ、いま昼の仕事をやめて時間があるので、この機会が絶好のチャーンス!!と、ベーシックシェフ3日コースで勉強し、あさってからはアドバンスシェフ8日コースで勉強してきますー!
    食は一生ものなので、まさにピンチはチャーンスですね♪
    (日本リビングフード協会っていうところが主催。興味ある方は検索してみて下さい♪)

    ちなみに、非加熱のお料理(酵素いっぱい)で、すっごくおいしいです!チョコレートケーキとかもできます(焼かないのにちゃんと固まる)!肌の調子もいい感じですし、8日はレコーディングなので体調バッチリです!

  17. 歌姫カオル より:

    めぐみっちさん、酒塩のやりかたは
    http://masayo-blog.com/archives/2450
    です〜。

    ぜひためしにやってみてー

  18. 自分なり人のために何かをさせて頂くことが
    大切だと思いました。マックスさんが作った
    デザートはさぞ美味しかったことでしょう。
    愛情が詰まった料理は美味しいですね!

  19. ひまわり より:

    「もらいおじいちゃん」発想がとてもユニークで聞いただけでも心が温かくなります。
    できるだけ家族のように一緒に色々な楽しい行動をされた雅代さんとロブさんの愛、何か喜ぶ事をさせてもらいたいと震える手で真心いっぱいにデザートを作られたマックスさんの愛、愛の輪がどんどん広がっていて、とっても素敵だと思いました!
    私も回りの人に自分の出来ることは、自然体に精一杯させて頂きたいと思います。

    ☆「足で奏でるピアノ」の動画をありがとうございました。
    題名を読んだ時「えっ!足でピアノ?」と思いましたが、演奏が始まった瞬間に涙が出ました。
    ピアノは(私の場合)手が小さいだけでも大変な事が多いので(それでも楽器の中では一番好きです)、この青年はいったいどれほどの努力をされたのだろうと思うと、感動で胸がいっぱいになりました!
    人が持っている無限の可能性は本当に素晴らしいですね!

  20. 万華鏡 より:

    マックスさんは、少女のような優しい心を持っているので

     しょうね。

     ロブさんに喜んでもらう為に、震える手で一生懸命作って

     くれたデザートは最高のプレゼントです。

     改めて、人に喜ばれることが自分の喜びとなると、

     学ばせて頂きました。

  21. 敦子 より:

    「もらいおじいさん」のジョリー・タイムの二日目の再掲載をありがとうございました。以前からgive and take は好きな言葉ではありませんでした。物をいただいたら、お返しに物を返す。このように物質の場合だけを考えていたように思います。思いやりを与えて喜ばれたら、相手の思いやりを受け取って感謝し、喜ばしてあげることも必要なことを学びました。

  22. see-chan より:

    心温まるお話をありがとうございます。
    愛を持ってお付き合いをすると家族以上の絆ができるということを学ばさせて頂きました。マックスさんがあまりにも嬉しそうに笑っているので、雅代さんとロブさんと一緒にいる時間がとても幸せなんだな~~というのが伝わってきて涙がジワ~~ッと出てきました。
    人と人とのご縁を大切にしていこうと思いました。

    今日は仕事の帰りに電車の中で通路をはさんで座っていた女の子が急に気を失ってしまい、一緒にいた友達が名前を叫びながら体をバチバチとただいていて、しばらくしたら気を取り戻したのですが、あまりにも突然だったのでびっくりしましたが私は必死でエネルギーを送り続け10分後にはすっかり元気を取り戻したのでほっとしました。

  23. そら より:

    マックスおじいちゃんの心温まるデザートのお話に自分の心も温まりました。ありがとうございます。この感動的な話を聞いた雅代さんのコメントは更に一歩も二歩も先を行く視点でこの出来事を捉えていて勉強になります。私も自然体で愛を広げられるよう行動して行きたいと思いました。

  24. 宮兄 より:

    震える手できざまれたデザート、さぞかし「思いやり」と言う隠し味が
    溢れていた事と思います。人に喜んでもらう事とは、その金額とか
    量とか目に見えるものではなく、その人の真心が一番ですね。
    心温まるお話を有り難うございました。

  25. まゆみ より:

    雅代さん、心温まるお話ありがとうございます。
    もらいおじいちゃんが雅代さんからの愛を受けてロブさんに愛をデザートにこめて贈られた所にグッときました。
    人の心のこもった愛のパワーはとても素晴らしい贈り物ですね。
    私も温かい愛で人と接することをしていきたいですね。

  26. まるこ より:

    ◇マックスさんが精いっぱいの思いを込めて作ったデザートを届けた時、心があつくなり顔はとろけてしまったロブさんを見て、マックスさんはどんなにか嬉しかったことかと思います。きっと、体の芯まで熱くなっただろうなあ、と。そのことを雅代さんも喜んでくれてマックスさんはとても幸せだったと思います。自分といることを、自分がしたことを、心から喜んでくれるロブさんと雅代さんに出会ったマックスさん。感動のストーリーを綴ってくれたロブさん。温めてくれてありがとう。

  27. 『人の喜ぶことをさせていただく』ことで、自分自身が喜びを感じることができる。–本当にその通りですね。でも、自分が元気・健康でないとそれが難しかったりするので、自分の心身の健康管理が大切であると尚更思います。ロブさん、雅代さんの愛情と、雅代さんの栄養満点のお料理で、奥様をなくされて寂しく元気のなかったマックスさんの心も胃袋も満たされ、どんどん元気・健康になって、自分もどうにかお2人を喜ばせたいと思われたのですね。本当に素敵なお話しで、心が穏やかになり温まります。再紹介をありがとうございました。

  28. 菊池みどり より:

    マックスさんが、雅代さんがいないので、同じデザートを作ってロブさんを喜ばせようとしてくださった思い遣りに、心から感激しました。

    私も近所のおじいちゃんが、奥さんを先に亡くしたので、食事を作ってお届けしたりしていました。(うちのドライブウェイの坂はあまりにも急なのと、階段があるので、おじいちゃんは足が悪く、登れなかったので。。。)

    良くおじいちゃんが、レストランに連れて行ってくれ、お食事をご馳走してくださいました。今は、あちらにいかれましたが、マックスさんのお話を読んで、お向かいのおじいちゃんのことを思い出しました。

    やはり、「人間は人の喜ぶことをさせてもらいたい」と思っているのものなのですね。

  29. 菊池みどり より:

    ふゆまろんさん、私がお伝えした、雅代さんからの教えがお役に立ったようで、嬉しいです。

    雅代さんの「ためこまない生き方」をしっかりと読んで、今度の国際電話セミナーにもぜひ参加されるよう、お伝えください。

    お友達は、家庭の問題で悩んでいるということでしたが、やっぱり、サイキックのビルのリーディングを超お勧めします!一人で悩んでいるより、ビルに色々と相談して、方向性や対策が定まると、自信を持って人生を前向きに進んでいくことができるので、お勧めです。

    リーディングの感想は、こちらからどうぞ。
    http://8112.teacup.com/masayo5/bbs

  30. 菊池みどり より:

    ゆりソフトクリームさん、

    被災者の方の栄養補強での嬉しい体験をお知らせくださり、どうも有難うございました。

    また、後日、ご連絡させていただきますが、皆さんの体験をぜひまとめていただけますよう、お願いいたします。

    福島・栃木の出会い大作戦、たくさんの素敵な恋の花が咲きますように、エネルギーをお送りさせていただきます。

  31. YUMI より:

    雅代さんの「もらいおじいちゃん」のお話大好きです。
    私は、お年寄りと子供と動物から人気があるんです。(自分でいうのも
    変ですが)とくにお年寄りは、「君は元気をくれる」とか言ってくださるので、すごく嬉しいです。この自分の長所が、雅代さんの「ためこまない
    生き方」を読んだあとにさらにパワーアップされています。ありがとうございます。これからも雅代さんを見習って、どんどん人に親切に、お年寄りにもやさしく、皆の喜んでくれる事をしよう。と、改めて思いました。
    マックスおじいちゃんの笑顔がとっても素敵です!

  32. peco☆ より:

    マックスさんの心が ロブさんと雅代さんの愛情で
    暖かく幸せ色に染まり そして、また雅代さんたちの
    元へその幸せが戻ってきたお話に大変感動しました。
    その様子をロブさんが国際電話で雅代さんにお話された、と
    いうところにもなんて素敵なご夫婦なんだろう、とまたまた
    すごく感動します。
    いつも沢山学ばさせていただいています!

  33. てんこ より:

    人というのは人に喜んでもらって嬉しくなるように出来ている…、本当にそうですね。
    最近、私は人に喜んでもらえるようにしているかな…、自分のことばかり考えていなかったかな…、とちょっと反省。連休は家族と過ごしますが、まずは家族に喜んでもらうことから、やっていこうと思います。
    素敵なお話と、気づきをありがとうございます。

  34. RinRin より:

    愛する奥様を亡くして、とても寂しい思いの時に、「もらいっこ」されて、
    どんなにか嬉しかったのでしょうね。その感謝の気持ちを、この
    デザートで表現されたのでしょう。マックスおじいちゃんが、一生懸命
    作られたであろうデザート、心がこもっていて、より一層美味しかった
    と思います。素直に、感謝の気持ちを形や言葉で表現し相手に伝える
    と、人と人の間に「嬉しい花」「笑顔の花」が咲きますね。

  35. ミヤケン より:

    感動ストーリーをありがとうございます。
    確かに、「感動させたいけど、アイディアがない!」という時あります。雅代さんや、ここに集う皆様から、いっぱいアイディアを頂き、私の周りにも伝えていこうと思います。
    早速、子供の日に≪デザート≫チャレンジしてみようと思いました!

  36. 真美子☆ より:

    マックスおじいさんの心のこもったデザート、さぞ美味しかったことと思います!!!何をしてあげたらいいかわからないとき、うまく人を喜ばせている人の行動をそのまま真似てしまうのがいいですね。オリジナリティーがないとか、自分がしたのでは、などどつまらないことを考えずに、とにかく行動!!!メキシコの場合、すこしでも気に入られると、デートに誘われるので(外国人の女の子は大人気です!)、好みの男性でないと断るのが大変です(笑)。

  37. MIZUNO より:

    日頃のことでも、少しの心配りと行動で周りも自分の嬉しい気持ちになれますね。心温まる学びをありがとうございます。このGW、私も久しぶりに家族のために料理をつくろうと思います。日頃の感謝をたっぷり込めて。

  38. うさこ より:

    マックスおじいさんの温かいお気持ちに
    本当にとろけてしまいます!

    ロブさんを喜ばせようと、
    慣れない手つきでフルーツを切って
    盛り付けている姿が目に浮かんで、笑顔になってしまいます。

    一生懸命誰かの為に行動するとき
    そこには無心で動いている気がします。

    私も本当の意味で人のお役に立てる人間になりたいです。

  39. HiTOMi より:

    「もらいおじいちゃん」のお話をありがとうございます!この「もらいおじいちゃん」のお話は、読むといつでも心がほっこりとして大好きです。
    先日、いつも嬉しいサプライズをしてくれる友人に、ついにサプライズ返しをすることができました。とても喜んでくれて、私もとても嬉しかったです。「『人の喜ぶことをさせていただく』ことで、自分自身が喜びを感じることができる」本当にその通りだなぁと、今、より実感しています。

  40. とよみ220 より:

    マックスさんが、雅代さんを真似て、ロブさんのために作ってくれたお料理は、愛情がこもっていて、さぞやおいしかったでしょうね。人を喜ばせたいと思っていても、どうしたらいいかわからない時も多いです。でも、真似るということなら、できますよね。マックスさんの、いいことの伝染に、感動です。「人を喜ばせたい」という、人間の持つ、とてつもなく、素晴らしい部分を、多くの人が広げていけたらいいですね。マックスさん、ロブさんが、雅代さんの留守中に食卓を囲んでいる姿が、とてもかわいらしいです。今は亡きロブさんですが、その優しさは、こうして読んでいるだけで、今でもじんじん響いてきます。素敵なお話を有り難うございます。

  41. 太田みほ子 より:

    震える手で果物を切り、懸命に盛りつけをしているマックスさんを想像しました。その優しい思いやり、胸が熱くなります。私も先日95歳の一人暮らしの大叔母を突然訪ねた際、何度も何度も「嬉しいよ。よく来てくれたね」と満面の笑顔で言われて、本当に来て良かったととても嬉しく思いました。人間は、他人が喜ぶ事をさせてもらうと、自分が嬉しくなるように作られているのですね。

  42. メグミっち より:

    マックスおじいちゃんが自作デザートをロブさんに
    お届けしたなんて想像も出来ませんでした!
    私の発想ではマックスおじいちゃんが雅代さんとロブ
    さんにとっても感謝しました・・・でおしまいでした。

    まさかマックスおじいちゃんが不自由な身体ながら
    雅代さんのデザートを真似して作るなんてビックリです!何てかわいらしいおじいちゃんなんでしょう!

    このお話は本当に学びになりました。

    たった今私が気づいたことはgive and take という
    言葉をずっとずっと勘違いしてきたということです。
    私の中でこの言葉は「人に何かしてもらうと恩にきせ
    られるし借りが出来るから面倒くさい」という質の
    ものでした。
    「悪意は善意の振りしてやってくる、だから自分に
    何か与えようとする人は裏がある」と思っていました。

    振り返れば自分が若い頃はバブルの記憶がありますが
    男性からごちそうしてもらったり何かを買ってもらった
    記憶がほとんど無いのはこういう発想だったのかと
    実感いたしました。

    「自分の飲食代くらい自力でまかなえますので」とか
    「絶対にワリカンで」といつも言っていたと古い友人に
    指摘されたことがあります(私はあまり覚えてません)

    女性の知り合いに対しては「いいから、いいから
    ここは私が払います」「(電話代を気にする人に)
    こちらから折り返し電話しますよ」とベタベタに甘く
    優しく接してはある時に突然耐えられなくなり絶縁。
    ・・・そんなことが多々ありました。

    私が人に「親切」なことをする動機は「支配と拒絶」
    だということがわかりました。
    自分の喜びのためにいいことをしていたのではなく
    「これでいいでしょ?さようなら」という警告の意味で
    妙に人に優しくしていたのだと思います。

    雅代さんとロブさんのように「大作戦」で愛を与える
    人間になるためにはまだまだ学びが必要ですね。
    マックスおじいちゃんのお話を読んで涙を流しながら
    いろんなことを考えました。

  43. メグミっち より:

    ☆歌姫カオルさま

    「酒塩」情報ありがとうございます!!
    ブログのご紹介まで本当に感謝いたします♪

    日本酒&粗塩ブレンドをかぶるのは何回もしては
    いたのですが、それを今の今まで完全に忘れていました。
    去年の秋頃まではせっせと酒塩(自己流ブレンドです)を
    かぶっていたのに今年は1回もしていませんでした・・・

    まったく自分が忘れていたことをアドバイスいただけて
    本当にありがたいです!!

    今日これからシャワーを浴びる際には「酒塩」を
    やってみます。心と身体にいいことをじゃんじゃん
    して「病気の言い訳」を退治します^^

  44. マックスさんの気持ちが嬉しいですね。このお話とても大好きです。まわりに良いことを広げようとする行動が、本当に多くの人を元気にしますね。実際に、この記事を目にした人たちを心あたたかな気分にしてくれます。ほかほかのお話をありがとうございます!

  45. より:

    ロブさん、マックスさん、素敵な1日を過ごされたのですね。
    本当に「とろける」美味しさのお話でした。
    「人に喜んでいただける喜び」
    理屈ではなく、人間の本能といってもいいものかもしれません。
    その本能に従って「素直」に生きること、
    その大切さも学ばせていただきました。
    ロブさん、マックスさん、
    私もお皿に山盛りいっぱいの・・・
    感謝をのせて、お送りさせていただきたいと思います!

  46. Jamison Sallah より:

    I simply want to mention I’m new to blogging and truly loved this website. Most likely I’m planning to bookmark your website . You amazingly have beneficial posts. Kudos for sharing your web page.

  47. Really good information can be found on web site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!