インフルエンザの予防接種する、しない?(3)


予防接種をせずに、私達が超健康でいられる秘訣を、一昨日、昨日で大好評にてご紹介中!

私達のとっておきの超健康の秘訣を、もっとご紹介する前に、今日はこちらを再投稿
しますね。

その前に、雅代さんからのメッセージをお伝えします。

数日前、渡邊登代美(とよみ220v)さんが、お嬢さんの中学の生徒達が荒れていて、
問題になっている事をコメントされ、それに対して、多くの皆さんが、「子供を良く
したかったら、親や先生が変わること」とコメント下さいました。

それらをご覧になった雅代さんからメッセージを頂きました。

雅代さんが、日本のお友達に聞いた話ですと、その方の息子さんが通う中学校はお弁当を
持っていくのですが、ちゃんとお弁当を作って持たせていた親はその方くらいで、
殆どの子供たちは、毎日コンビニ弁当などを買って食べているそうです。

この事実からもわかるように、親が変わるといっても、多くの親たちが、このように
食べ物の重要性を全く理解しておらず、栄養を考えて、家族や子供の為に料理をしたり、
お弁当をつくるという事自体が出来ていないのです。

栄養もなく、添加物一杯のコンビニ弁当などを食べていては、健全な体、心、精神も
養えません。

子供たちを良くしていく為には、まず親たちが、食べ物や栄養の重要性を理解し、ちゃんと
「料理をする」という基本的なことを実践し、そこから変えていくことが最重要だと
思われるとの事です。

★一昨日の「マザーテレサや仲間達はどうして、感染しないのか」という質問へ♪♪ 

「クイズ」と書いて、皆に質問を投げかけたくせに、正直、左脳の2~3%位しか使って
いない、私(雅代)の頭では本当の答えを得る事は無理でしょう。

しかし、初めてこのクイズを出した時に、皆さんの中にはとても素晴らしい回答が
ありました。
(今回も沢山の皆さんが同様の見事な回答をしてくださいましたね。)

『クイズの答えですが、七田眞先生が仰られていたことを思い出しました。

宇宙には宇宙精神の知性が働いていて、地球上のあらゆる現象、自然界における重力、
電気、磁気、毛管現象などは、宇宙精神の知性が導いているもの。

人間の意識の中には超意識があり、超意識にはサイキックなメカニズムが働いていて、
宇宙意識と交信することにより、そのエネルギーを利用し生命を生じさせたり、
病を癒したりすることができる。

このパワーは人助けをしようとするときに最もよく働く。

人への愛のエネルギーを放出すると、宇宙意識から、その何倍ものパワーをもつサイキック
エネルギーがその人に流れ込みます。

マザーテレサやシスターズたちは人への愛、奉仕の心が強くあってポジティブに生きて
いたから、彼女たちに宇宙のエネルギーがたくさん流れ込み、たとえ病原菌に遭遇しても、
そのエネルギーが彼女たちの体を守っていたのではないかと思います。』

ちょっと補足すると、多分、「火事場の馬鹿力」のように、人間の集中した強い意志力が、
「不可能」を「可能」にするパワーを発揮。

そして、それがまた、高次元からの力を引き寄せ、「奇跡」と呼ばれる、人間の理屈を
越えた事を可能にしているのかも。

マザーテレサの人生を垣間みると、気持ちの持ち方、意志、確信などが、自分の健康も
人生も全てを大きく変える、無限の力がある事が分かりますね。

★長い間一緒に栄養補強をしている人達は、子供達も皆元気で、予防接種もしていないけど、
インフルエンザにかかったこともなく、また、万が一、かかったとしても、
簡単に治ってしまうということです。

お母さん達は、賢い栄養補強で、らくらく簡単な健康管理と子育てをしています。

このように、予防接種なしで、子供から大人まで、超元気な人たちが回りにウヨウヨ
している現実を知ると、予防接種を密かに考えるだけで、恥ずかしくなります♪♪

私達の超健康への秘訣は、明日にも続きます!どうぞお楽しみにね!

Toyomi daughters
写真:雅代メソッドサポートのスタッフ渡邊登代美さんの元気で、優秀なお嬢さん達の
数年前の写真。
上のお嬢さんは9年連続皆勤賞を続行中で、下は8年近く、怪我で休んだことはあるが、
風邪で休んだことはないそうです。
雅代メソッドを実践しているので、この約10年間、予防接種をしなくても、非常に元気!

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in インフルエンザ, 予防接種・抗生物質, 健康体験談, 役立つ生活情報, 自然療法. Bookmark the permalink.

44 件のコメントがあります。 インフルエンザの予防接種する、しない?(3)

  1. アメジスト より:

    まず冒頭の雅代さんからのメッセージに大変共感しました。
    長男の通っている学校も弁当持参が基本で、家から持参する事ができない時は、パンや弁当の注文システムがあり、更にコンビニで買って持っていくことも認められています。
    彼も弁当メニュー表を見て「から揚げ」とか「カツ」と書かれている時は、私に前もって断りを入れて注文していますが、それも一回食べれば気が済むらしく、やはり手弁当が一番良いそうです。
    同じクラスには毎日注文弁当を食べている子や、菓子パンをどっさり持ってくる子がいるそうです。
    私も料理が決して得意なわけではありませんが、それなりに工夫を凝らして、毎日の食事や弁当作りを心がけています。

    クイズの答え、私も今年こそはプリントアウトして保存しておきたいのですが、現在プリンターがうまく作動してくれません。読んでしみじみと思うことは、私の今目の前にいる人たちに、常に愛を広げていこうということです。

  2. さっちゃん より:

    とよみさんのコメントを見てから、私もしばらく考えていました。家の長男の通う中学校も、かつてはかなり荒れていて、校内に荒れた生徒専用のタバコ部屋があったそうです。今は、先生、家庭、地域一丸となって、表面上は落ち着いていますが、まだまだ、問題はくすぶっています。先日息子が、結構な数の友人が酒やタバコをやってるよ、と、教えてくれましたが、私から、どういう言葉を返したモノか、悩んでしまいました。
    息子は、もちろん自然なものを食べ(愛情も込めて)、体にいいもの、悪いモノは分かっていますが、お友達のコトとなると、私には口を出しようがありません。「親が変わらないと・・・」本当にその通りです。学校でも親も対象にした食の大切さを訴えた講座もやりますが、そのような講座を受けに来る人達はまず心配がないのです。問題はそういう場にも出てこない親たちで、そういう親たちにこそ聞いて欲しいと思うのです。子供は悪くない。問題は大人なのだということに多くの人に気づいて欲しいです。子供ときっちり向き合ってくれる大人がいれば、子供達の荒れも収まってくるのではないでしょうか・・・。
    毎年小学校で冬休み前に配られるお手紙には、「おとなにおさけをすすめられてもことわりましょう」と、書いてあります。
    逆ではないのか?大人が酒を勧めることが問題なのでは?と、毎年思います。

    それから、予防接種のお話、マザーテレサのお話、掲載ありがとうございます。
    家も予防接種は今まで受けたことがないけど、ほとんどかかっていなくて、去年はかかったけれども、これ、インフルエンザ?っていうくらい軽く済んじゃいました。かえって、予防接種を毎年受けている周りの友人のほうが毎年インフルエンザにかかり、しかも重症化しています。栄養をしっかり摂り、適度に体を動かすことが免疫をあげているのだろうな、と、思ってました。
    そういう私も、先週から風邪を引いて、熱やら鼻水やら、たんやらせきやら色んなモノを出しています。出せる体は有り難いな、と思います。「風邪の効用」にもありましたが、年に一二度熱を出しておくと、そのたび体が整うのだそうです。上手に風邪を引いて、体の老廃物を出し、すっきりとした体に戻りたいと思います。その話を数年前に主人に言ったら、「おれ、しばらく熱出してないんだけど、どうやったら熱出せるんだ?」と、心配してました(笑)。

  3. まるこ より:

    ○○ 雅代さん~子供たちを良くしていく為には、まず親たちが、食べ物や栄養の重要性を理解し、ちゃんと「料理をする」という基本的なことを実践し、そこから変えていくことが最重要だと思われる~とのコメントをありがとうございます。

    インフルエンザの予防接種や、病院にかかったり、薬を飲むことについてですが、私自身と子どもたちは、皆無に近いです。なぜかと言うと、私の祖父母は長生きし、両親も医者にかかることが無い人たちだったので、自分の健康に対しての不安が無く、風邪も腹痛も梅肉エキスをのんで寝ていれば治ると思い、そのように過ごしてこれたからです。

    けれども、子どもたちが学校にいたときのことを思い返してみると、風邪を引いて休ませようとすると、病院にいくようにいわれ、インフルエンザかどうかの証明を求められるときがありました。そのような外からの要請や、仕事を休んでゆっくりすることが出来ない状況の人は、予防接種で少しでも風邪を未然に防ごうと思うのでしょう。

    やはり、雅代さんが繰り返し伝えてくださっているように、親(自分)が賢くなって、気がつき確信できたことを実践して、家族や身近な人と健康に生きていくことが基本なのだなと思いました。

    ○○登代美さんの2人のお嬢さんと、わんちゃん、初めまして。
    雅代メソッド実践の大先輩ですね!

    ○○天真爛漫さん、こんにちは。
    12月の予定は確定していませんが、11月20日21日、
    トレーナーコースに参加することになりました。そのときに、
    エゴスキュー新制度説明会と、セラピスト資格取得説明会に
    参加します。では!

  4. ふゆまろん より:

    初めてコメントします。不器用ながら頑張って書く・伝える努力をしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。 私は先日はじめて個人セラピーを受けたばかりの全くの初心者です・・ きっかけは‘ゆほびか’のエゴスキューを軽い気持ちでやってみたら一度で悩みの(毎年、秋〜冬に患っていた)腰痛が解消したことでした。 その後も全く痛みがぶり返すこともなく、まるでそれはマジックのようで。 すぐにブライアン氏のセミナーにも応募したら当選し、まるでトントンと階段を駆け上がるような勢いのもと、雅代さんとの出逢いとなりました。 その出逢いで感じたショックは、まさに220Vに感電したかのようで(笑)私の魂まで響くような言葉を沢山いただきました。 自分の殻から今すぐ抜け出すこと。 皆、自分で自分を治せる力を与えられていること。 絶対、絶対、大丈夫だということ。 私は、その場で「今から行動に移そう!」と決めました。 それまで一年以上続けていた病院通いも薬も、そして何より、心に巣くっているマイナスな気持ち。それら総てを手放しました。何の不安もなく。 また、セミナーの休憩中に読ませていただいた、くみさんの体験談の中の雅代さんの言葉「悲劇のヒロインを止めた途端うまくいく、全てあっけらかんで」も私に刺さりました。 今まで、なかなか普通の人が経験しないような辛い過去を背負ってきていたからです。でもそれらもあっけなく手放してみました。すると、逆にそれらがあったからこそ今の幸せがあるんだと‘感謝’にかわりました。 人の喜びこそが自分を救い幸せにするのだと最近分かってきたと雅代さんは仰いました。 私も色んな痛い過去を経験してきてそこにたどり着きました。 でも今の私がそれを言ったところで、ただの上っ面や偽善としか思われません。 だから私はトレーナーになることを目標にしました。絶対に叶える目標です。セミナーのデモンストレーションで、痛みに苦しむ人のためにきびきびと動いていらっしゃった黒Tシャツの方々・・ 目の前に痛みを忘れ喜ぶ人がいて、もちろんご自分達も笑顔、何ていい仕事をなさってるんだろうと恍惚の目で見ていました。 金銭的な壁など立ちはだかるものもありますが、今、自分に出来る最大のことを一つずつやっていこうと思っています。 インフルエンザとは関係のないことを長々と書いてしまい申し訳ありません。 最後になりましたが、担当してくださったとよみさん、有難うございました。また、自分自身のためにコメントを書くことをすすめて下さったこと、感謝しています。

  5. 勇気リンリン より:

    最近の親は親であることを放棄している気がしてなりません。
    母が以前スーパーに勤めていた時に冷凍食品をカゴ一杯に買う人がたくさんいて不思議に思い、その方々に聞いたところ、子供のお弁当のおかずだという返事が返ってきて、すごくビックリしたと言っていました。
    冷凍食品を買っていた人達はほとんどが専業主婦なのになんでお弁当を作ってあげないんだろうと母からすると本当に信じられない出来事だったそうです。
    「自分で作るのが面倒だから」 「子供にやらせるから」と理由だったみたいですが、体に害のある物を食べさせて、そのことにも気が付かない無知は非常に怖いと思います。
    テレビでタレントが「最近の冷凍食品は昔と違って味もすごくいいし、ゴージャスなんだよね~」なんて言ってるの聞くと毒を体に取り込んでいることを知らない人は買ってしまいますよね。
    CMで人気タレントが美味しそうに冷凍食品を食べているのを見るとうんざりします。

    この件とは関係ないですが昨日もテレビで温室効果ガスの削減に伴う排出量取引のことをやっていて、出来るだけ個人個人でゴミを減らさないと大変なことになるという趣旨の話をしている最中のCMは朝は忙しいから食器を洗う手間を省くレンジでチしてそのまま捨てられる容器なるものを宣伝していて本末転倒だなと思いました。
    そりゃ番組にとってはスポンサー様様だろうけど、あまりのデリカシーの無さに頭沸いてんじゃないの?と思ってしまいました。
    言葉悪くてすみません。

    ふゆまろんさん
    初めまして、コメントデビューおめでとうございます。
    エゴスキューでの腰痛解消良かったですね。おめでとうございます。パチパチパチ

  6. てんこ より:

    確かに元気でいるためにはまず食からですね。
    10月に開かれた運動会では家族でお弁当を食べるのですが、周りをぐるっと見回しただけで、大量の某ドーナツ、宅配ピザ、コンビニのおにぎり弁当セット人数分、などなど…いろんなお手軽弁当を見て「この頃はこういうお家も多いのね…」とびっくり&がっくりな、そしてこのお弁当で午後からのプログラムに臨む子どもたちが気の毒に思えました。

    とよみさんのお嬢さんたち、笑顔が本当に素敵です。雅代メソッドのお陰で、我が家も病欠なしで学校生活を送れていて、本当に感謝です。

    ふゆまろんさん、はじめまして。ゆほびかから始まった強運スパイラル、素晴らしいですね。これからどうぞよろしくお願いします。

  7. ☆ほしこ☆ より:

    今日も興味深いお話を沢山ありがとうございます。食べ物で子ども達の行動が荒れて来るのを知っていましたが、とよみさんの学校の現実にこんなに食べ物が溢れているのに本当の栄養が取れていない事が分かります。
    もっと思う事がありますが、これから札幌に体験会の講師として行って来ます。昨日から今日の分の料理を顔晴って作って良かったと思いながらフェリーにのります。エゴスキューも良い食べ物を取ってこそ効き目も早いです。沢山の方が、雅代メソッド、雅代さんと出会えると言いなと本気で思っています。

  8. きれやすいのも現代型栄養不足そして愛情不足を実感しますね。雅代さんが常に伝えているように日本の食べ物はおかしなあやしいものばかり増えてきて、確実に親の世代は便利を追及した結果の危険な食べ物で育った親がほとんどですから、子供は当然のような被害者なのですね。
    私も雅代メソッドで栄養補強を始めてから当初はコンビ二やファミレスなども以前の記憶でつい口にしてしまうときがありますが、食べた後おいしくないのと気分や体の調子も悪くなるという感覚を必ずというほど感じますから、子供も嫌がるようになりました。本来の体の機能を取り戻せた雅代メソッドに
    とても感謝しています。

    >ふゆまろんさん
    初めまして。ゆほびかの本がきっかけで痛みがなくなり、とんとん拍子で滅多にないブライアンの個人セラピーを受けることができななんてとても幸運でしたね。これからますます幸運のスパイラルに向かわれる予感です。

  9. 敦子 より:

    母親のお弁当作りの重要性を再発見しました。お弁当の献立作り、材料を買いに行きお料理を作る。すべて子供の喜ぶ顔を思い描いて動いています。これくらい愛情と言う栄養を与えなさいと、いうことなのでしょうね。なかなか時間的にむつかしいおかあさんはつらいでしょうね
    ふゆまろんさん☆ブログデビューおめでとうございます。
            これから、いろいろ奇跡をおこしてくださ
            いね。

  10. see-chan より:

    雅代さんのコメントは心に響きました。
    お客様で息子さんが25歳で急にアトピーになったというお話を聞き、東京で1人暮らしをするようになってからだそうで、仕事が忙しく、毎日コンビニで買ってご飯を食べ、お風呂に入らずシャワーですませているということでした。
    1人暮らしで仕事が遅くなると、どうしても便利なコンビニ弁当を買ってすませてしまい、体にどんどん毒がたまって体が悲鳴をあげているのでしょうね。
    私も1人暮らしなのですが、雅代さんが教えてくださる簡単ヘルシーメニューを活用して食べ物からも栄養を取るように心がけています。
    これから寒くなる季節にぴったりの簡単ヘルシーメニューをまた教えてください。
    お願いします!

    ふゆまろんさん
    コメントデビューおめでとうございます!
    コメントからエネルギーが湧きおこっているのが感じられました。
    これからもよろしくお願いします。

  11. YUMI より:

    皆さん共感されていますが、わたしも冒頭の雅代さんのお話には、
    深く共感します。私がいつも思うのは、多くの親達は学習能力と食生活とが深く関わっている事に気付いていないのでは。。。と、いうことです。
    今、日本では殆どの子供達が塾に通っていると聞いています。学校は遊びに行く所で塾は勉強にいくところ。のよう感覚の生徒が増えていると聞いた事があります。親達は塾に高いお金を払って子供を通わせていれば、良い学校に進学できると思っていると思います。私は違うと思います。学習と環境とが整っていないと、子供達は不安定になります。それに加えて「愛」をしっかり受け取っていない子供達は頑張る事ができません。
    雅代さんが仰るように、先ずは家庭での手作りの食事を推奨することにより環境と愛の部分の解決に繋がると思います。
    ただ、昔私達が習った家庭化での栄養にかんする知識では足りないので、しっかりと補足するべきだと思います。
    両親が仕事に忙しく、家庭で食卓を囲む機会が少ないことも、国がもっと真剣に対策を考えるべきだと思います。
    基本的な事が原因で、今の社会現象が生み出されているからです。
    家庭が子供たちにとって基本的な役割を果たしていないのを無視して、’不登校’や’引きこもり’’鬱’への対策を考えるというのは、無理な話です。
    先日も、書きましたがとよみさんの学校での改革が、広く伝わって
    皆がもう一度考えなおすことが出来るといいな。。。と思います。
    ありがとうございました。

  12. Masako より:

    最近同じ地球に住んでいても人間の生活が多様化しているというか
    パラレルワールドに住んでいるというか
    同じ人間なのに話している内容が通じないことがあるなと感じています。

    食生活やインフルエンザの予防接種についてもそうですが
    人間の価値感や知識、経験の差が混沌としている気がします。

    スピリチュアルな人たちからいうと
    エネルギーが高いとか低いとかでしょうか。

    しかし、自分自身が変わってエネルギーを高めて行くことにより
    ご縁のある人や地球全体も進化していくそうなので
    自分のエネルギーを落とさないようにし
    少しでも進化して行きたいと感じています。

    自分のブログでも良い情報をシェアして行きます。

    ☆ふゆまろんさん大感動のコメントデビューおめでとうございます!

  13. Masako より:

    先日の雅代さんの福岡公演会への弟の参加について、
    祝福のコメントをたくさんいただき感謝しています!!

    みなさま、ありがとうございます♡”

  14. nakamura-akemi より:

    食べ物の「食」は良いという文字が入っているのに
    コンビニのお弁当など添加物がたくさん入っている物を
    食べていたのではよくなるはずはないです。添加物の
    恐さを知って欲しい、学ぶべきです。
    雅代メソッドに出会えた私はその恐ろしさを知らない
    人に伝えいく使命があるんだと感じますので伝えて
    いきたいと思います。

  15. 歌姫カオル より:

    先日も家族と、ちょうど手作りの料理を親がたべさせる重要性について話していたところでした。我が家はありがたいことに、母がきちんと料理してくれ、添加物の入っているものはほとんど食べずに育ちました。それでもかなりひどい皮膚疾患になっているのですから、料理してくれない親だったらもっと心身ともひどいことになっただろうと思うとぞっとします!雅代さん、とよみさん、情報ありがとうございます!

    さて久しぶりですが、素敵な話のシェアーを♪

    1年ほどまえのこと。日本を代表するあるアーティストさんのブログを読んでいました。衣装がステキだなあと思っていると、そこにスタイリストさんのお名前。
    ***さんっていうのかあ。
    ネットで検索してみましたが、わずかな情報しかありませんでした。

    そしてつい1−2ヶ月くらい前のこと。
    ツイッターをしていると、
    ”??”..”!!”

    見覚えある名前。。。そう、その方のツイート発見!!

    思わず、夢中で、”あの、***さんの衣装されてる(武道館コンサートとかオリコン1位アルバムとか)、***さんですか?”とコメント。すると、お返事が!

    そんなやりとりが続き、直接連絡先を教えてくれるほどに!

    その方とお仕事をするのは私の夢の一つ。
    で、さっきメールで、”2015年までには必ず叶えますので、今後ともよろしくお願いします!!”と伝えちゃいました♪

    こんな感じで、1年前は予想もしてませんでしたが、いまはこうして直接コンタクトしたことで、この方と将来仕事をするイメージがしっかりできましたので、叶うと思います。あとは、雅代さんがいつもおっしゃるように、”どうやったらできるか”を考えるだけ。

    というわけで、みなさん、ひきつづき応援よろしくお願いいたします!ちなみに、ほんとうにその方は素晴らしい衣装をおつくりになります!

    最近、応援お願いします♪とやっと言えるようになってきた、カオルでした!

  16. 歌姫カオル より:

    ふゆまろんさん、はじめまして♪

    トレーナー資格、絶対に叶える、と決められたとのことですから、叶いますよ♪仲間もいっぱいいますしね。

    私も来年、試験受けようと思ってます〜☆私は私なりに、私らしく、エゴスキューを広められたらいいなとおもってます♪

  17. とよみ220v より:

    生徒が教師に暴力をふるったということが、とうとう地元の新聞にも掲載されました。次女の中学です。次女にお友達はどういうお弁当を持ってきているの?と聞きましたが、みなとりあえず、コンビニではないそうですが、親たちの会合の時、たまたま砂糖の話が出て、黒砂糖を料理に使っているのは、5人いた中で、私だけでした。あとは、みな精製されてしまっている白砂糖を常用していました。子供たちを良くしていく為には、まず親たちが、食べ物や栄養の重要性を理解し、ちゃんと「料理をする」という基本的なことを実践し、そこから変えていくことが最重要だという、雅代さんのアドバイス、本当にそうだと思います。ありがとうございます。雅代さんの本、dvdを早く見せたいと思います。
    ふゆまろんさん コメントデビューおめでとうございます!まずは、トレーナーコースから開始ですね。雅代さんに出会い、目覚め始めた、眠れる巨人のお一人ですね。ご活躍を応援しています!

  18. Fumi より:

    今日もたくさんの叡智をありがとうございます。
    とよみさんやみなさんのコメントから、いかに現代日本の「食」がひどい状況にあるのかがわかり、ちょっと驚きでした。お母さんたちがそこまで乱れているということは、お父さんや子どもたちはもっと乱れているんだなと想像できます。恐ろしいことです。でも、お母さんたちだけに責任があるのではなくて、この社会全体が「食」に対し、人間を無自覚で鈍感にさせてきたのかもしれませんね。食べることは「いのち」をいただくことですから、その結果「いのち」も軽く扱われるようになってきたのかもしれません。本当にまずは、いのちを育むお母さんが食べることに関して賢くありたいですね。雅代さんの話に深くうなずきました。
    とよみさんのお嬢さんとわんちゃん、かわいいですね。後ろの家並みというか街並みも何となくゆったりしていて、見ていて落ち着きました。

  19. アメジスト より:

    先ほど湯船の中で、敦子さんのコメント欄の「なかなか時間的にむつかしいおかあさんはつらいでしょうね」という文がずっと引っかかっていました。仕事をされている方はもちろん、専業主婦の方でも地域の活動やPTA,介護や育児などで時間を取りにくいお母さんたちはたくさんいると思います。
    今ブログを見ていらっしゃる中にも、そのような思いをされているお母さんまたはお父さんもいらっしゃるかと思い、再度コメントします。
    まず、このブログでは時々雅代さんが料理のレシピを紹介してくださっています。左側のカテゴリー欄に「健康食レシピ」というのがあるのでクリックしてください。
    生の野菜や冷凍食品を使って、体に良くておいしいおかずがあっという間に出来ます。
    それから私も自分なりに工夫したレシピをいくつか自分のブログに掲載しています。
    「料理、食べ物」のカテゴリーに入っているので、良かったら読んでみてください。それ以外のカテゴリーにも食べ物の話題が多いので、どこかで少しでも参考になれば幸いです。

  20. 人助けの時に信じられいないような力を発揮する話は
    よく聞きますね。人助け(愛)は人間の基本的な欲求
    なのだと思います。

    大学生はとにかく、高校生もコンビニ弁当で済ませることが
    多いことにびっくりです。自分の高校時代を思い出すと、
    ほとんどの同級生が手作り弁当を持ってきていた記憶があります。
    手作り料理は、愛情が伝わるのでとても良いと思います。
    栄養のことも考えていれば、なおさら良いですね。、

  21. つきこ より:

    今日、職場で「インフルエンザのワクチン接種が受けられるけど、あなたはどうする?」と聞かれ、「私は受けません。ワクチンを接種する方が体調が悪くなりますから。」と回答したところ、善意で聞いてくれたであろうその相手は、とても不思議そうな表情をしていました。ワクチン神話は根強いですね。強制されないだけ感謝です。
    雅代さんからのメッセージを読んで、親が子のために「料理をする」ことは、子に愛情を伝えることなのだと思いました。

    ふゆまろんさん
    初めまして。コメントデビューおめでとうございます。エゴスキューで腰痛が解消され、内側から力が湧き出た感じですね。

  22. よしこ より:

    雅代さんからのメッセージをありがとうございます。
    『ちゃんと「料理をする」という基本的なことを実践。』
    という日常のことに神聖さ・尊さの意識を持つことが大切ですね。
    メッセージを読んで思い出した言葉があります。
    以前、船越康弘さんという自然食料理を提供する民宿をされている方にお会いした時に、著書にサインをしていただきました。そこには、力強い筆体で、
    「一に料理は愛の表現」
    と書いてくださいました。
    真実な言葉だなと思いました。

    「マザーテレサの人生を垣間みると、気持ちの持ち方、意志、確信などが、自分の健康も人生も全てを大きく変える、無限の力がある事が分かりますね。」
    という言葉が、大きな励みになります。

    登代美さんのお嬢様は、雅代メソッドをよーく知っているお母様がいてくれて幸せですね!

    ふゆまろんさん
    初めまして。
    『ゆほびか』を購入されて、「エゴスキューを軽い気持ちでやって」みて、たくさんの出会いにつながりよかった!ですね。

  23. くみ より:

    とよみさんのお嬢さんの中学のお話し関する雅代さんのメッセージを読んでいて、以前仕事先で出会った女性事務員さんが、「私の母、夕食のおかずはほとんど冷凍食品なんですよ。昨日のきんぴらごぼうも、コロッケも、おみそ汁もインスタントだったし。」と、当たり前のように話してくれたのを思い出しました。それを聞いて私は目が点になってしまい、この方が結婚をして子供を持った時のことを想像すると怖くなりました。雅代さんが言われるように、先ず親たちが食べ物の重要性を学び理解することから変えていくことが本当に大切だと思います。

    そしてマザーテレサやシスターズ達の人への愛、奉仕の強い心持った生き方を読んでいて、彼女たちほどあふれ出るパワーはなかったにしろ、これまで宇宙の見えないエネルギーから沢山守られてきていることを感じました。これからはもっともっとポジティヴに生きて自分のパワーを発揮できるようにします。元気なとよみさんのお嬢さん達のお写真ありがとうございます。

    >ふゆまろんさん
    はじめまして。私も雅代さんに「悲劇のヒロインを止めた途端うまくいく、全てあっけらかんと行くように。」と言葉を言われた時は(実際はメールで頂いたのですが、パソコンから雅代さんの声が聞こえてくるようでした!)、体に稲妻が走り一瞬で気持ちが180度好転しました。雅代さんは、「自分のすばらしい体験は、決して独り占めしないでみんなにシェアーしてあげてね。」といつも仰いますので、ふゆまろんさんの心に刺さったのでしたらとても嬉しいです。ふゆまろんさんの感動のコメントを読んでいてから、私も一日々をベストで過ごして行こう!と思いました。これからとっても楽しみですね♪

    >カオルさん
    素晴らしい方との出会い、行動し続ける素晴らしいカオルさんだから、素晴らしい出会いとなったんですね。

  24. 菊池みどり より:

    雅代さんの冒頭でのコメントを読んで、閃いたのは、「優秀で、健康な賢く、性格の良い子を創るセミナー」の開催です。

    雅代メソッドを実践している、お母さん達が、雅代さんのビデオ、本、そして、ご自分の体験などをシェアしながら、各地で開催されたらどうかなと思いました。

    私は高校時代からお弁当を持って行きましたが、毎日、手作りのお弁当を持って行きました。母が殆どのものを用意してくれ、自分も手伝いながら、お弁当を作りました。

    母は、梅干、漬物などを良く自分で作っています。インスタント食品などは、カップラーメンを中高時代に、おやつとして食べていたぐらいです。

    しっかりと栄養のある、手作りの食事を毎回用意してくれていた母に、改めて感謝をしました。

    かなり前になりますが、日本に行った時に、あるテレビを観て、非常にショックを受けたことが忘れられません。

    20代前半の若い女性に、お料理のことでインタビューをしていたのですが、お米のとぎ方も知らない子が沢山いました。

    ある子は、洗剤で洗うと答えていて、目が点になりました。小さな頃から、お母さんのお手伝いをしっかりとさせることも重要だと思います。(と言っても、最近は、お母さんが料理をしないということも聞いています。。。)

    アメジストさんが書いてくださったように、雅代さんの簡単、美味しい、ヘルシーなお料理のレシピも、どんどん広めて行きたいですね。

  25. 菊池みどり より:

    ふゆまろんさん、私達のブログにようこそ!

    雅代さんとの電撃の出会いで、過去の様々なものを解き放たれ、おめでとうございます。

    ふゆまろんさんのように、良いことをどんどん実践して、様々な問題を克服して、大きく羽ばたいている方がいらっしゃるということを知ることが、私達の魂へのエネルギー充電、元気の素になります。

    ここにコメントをしている皆さんも、ふゆまろんさんのように、1つ1つステップを踏んで、超元気・強運になっています。

    これからも、どんどん元気・強運になるコツを実践して、一緒に成長して行きましょう!

  26. bayberry より:

    私の頃は。。。と思い出していて、中学までは給食でしたので、栄養士さんがバランスよく考えてくれた献立のものをたべていました。
    高校に入り、母の手作りのお弁当でしたね。毎日うれしかったのを思い出します。今日は何がはいっているんだろう?とか友達と少しずつおかずを交換したり、楽しかったですね。
    それが、コンビニ弁当だとやっぱり気持ちが違いますよね。
    愛情たっぷりの手作りお弁当って大事ですね。

    ちょくちょく雅代さんのレシピをお知らせくださっていますが、私、これ大好きなんです。
    主人も中国に単身赴任で行っていたときは、雅代さんのレシピを自分なりにアレンジしたりして取り入れていたようです。

    アメジストさんのコメントにもありますが、カテゴリー欄の「健康食レシピ」に、雅代さんの簡単でおいしく、栄養バランスのよいレシピがたくさん記載されていますので、多くの方が参考にして、取り入れるとよいなと思いました。

    豊代美さんのお嬢さんのお写真、元気さが伝わってきてステキです。豊代美さんに似ていますね♪ かわいいー(^^)

    ふゆまろんさん
    はじめまして。宜しくお願いしま~す。

  27. RinRin より:

    雅代さんからのメッセージ、ほんとにそうだと同感です。小さい頃は生活環境、食の環境が今と全く違い、貧しくても、お米も野菜も家で育てたものが食卓にのぼるそんな時代でした。背は伸びませんでしたが。。。お陰さまで、体は丈夫にしてもらったと母に感謝しています。

    皆さんの読み応えのある書き込みに関心すると同時に、他人事ではない!今の学校の現状を打開するには、「お母さんの手料理から始めよう!」と、声を大にして言いたいですね。

  28. RinRin より:

    ふゆまろんさん、
    コメントデビュー、初めての一歩おめでとうございます。  
    「まるでトントンと階段を駆け上がるような勢いのも。。。」という、コメントにふゆまろんさんの喜びの鼓動が聞こえてきます。220Vの感電ショックはすごかったでしょう。私も体験しましたが、確かにショック療法はスゴイ効果がありますね。いつか東京でお会いできるのを楽しみにしています。

  29. 宮兄 より:

    「マザーテレサや仲間達はどうして、感染しないのか」に対する回答を有難うございます。愛と奉仕と言う、左脳では計り知れない力が、人間の理解出来ない「奇跡」を可能にしてしまうのでしょうね。通常、頭では理解出来ない事は不快だったりしますが、愛と奉仕の起こす奇跡については、理屈などいらずとっても素敵な事ですね。

  30. マザーテレサ達のお話を読んで、確かに、私達の気持ちの持ち方、意志、確信などが、自分の健康も人生も全てを大きく変える、無限の力があるという事、よくわかります。自分が必要とされていることや、何か奉仕をして喜んでいただき、そこから喜びを得れる時、自分でも驚く程のエネルギーが出ることがあります。

    雅代さんのメッセージにも大いに共感します。幼い頃の記憶では、私はいつも母と一緒に台所に立っていました。そこで色々な学校であった事などを話ながら、お手伝いをするのです。その経験から料理を学びました。また、今の家もそうなのですが、オープンキッチンになっているので、私が料理をしている姿を息子に見せながら、カウンターに座る息子と会話をすることができます。(食事の時はテーブルに座りますが、朝などはキッチンのバーカウンターの椅子に座って、息子は食事します。)そのお陰で、自然と息子に食器を洗う手伝いから、鍋の中身をかき混ぜること、野菜を炒めること、包丁を使って切ること・・など、料理する事を少しずつ経験させています。私が母から学んだように、そこから少しずつ料理する事を学び、自分で作って食べる事の楽しみ、喜びを知り、将来的にキチンとした食生活ができるような人間に成長してもらいたいです。改めて、食生活の重要さを教えてくれた母に感謝ですし、このことを気がつかせてくださった雅代さんのメッセージにも大感謝です。ありがとうございました!

  31. 真美子☆ より:

    メキシコの普通の学校は、お昼ご飯前(2:00)に学校が終わるので、基本的にお弁当はありません。ただ10時にはフルーツ・サンドイッチなどの軽食を食べるようです。ですから、子供がコンビニ弁当を食べるとか、冷凍食品で満たされたお弁当を食べるとか、そういう問題がそもそもないように感じます。もちろん、コーラなどはよく飲んでいるようですが。2:00に家に帰って、お母さんかお手伝いさんが用意した昼ご飯を食べます。タコスなどのメキシコ料理は、冷凍食品や添加物の問題が入り込む余地がないように感じます。ただし、我が家は日本人学校に通わせているので、日本と同じようにお弁当を持たせます。しかし、コンビニ弁当も冷凍食品も、口に合う菓子パンもないので、自分で作るしかありません。

    私は中学までは給食のおばさんが作った給食を食べていましたが、高校・大学は食堂でうどんや丼ものを食べていました。私や父が学校や仕事に行く時間(朝6:30ごろです)は、母はまだ寝ていました。母はここ10年ほど生協を利用するようになり、生協の冷凍食品が食卓のほとんどを占めています。生協はいいものと思っているようなのですが、すごく昔に母が手作りしてくれていた料理の方が、たとえ化学調味料を使っていたとしても、ずっと美味しかったですね。しかし母は、基本的に機嫌が悪かったので、娘3人、だれも一緒に料理をしたいとは思いませんでした。

    結局、私は、添加物や冷凍食品を使わないレシピを母から学ぶことはありませんでした。市販の料理本・料理サイトにも不満があり、たとえば、私が持っていないフードプロセッサーや電子レンジ、炊飯器や、なじみのない調味料を使ったレシピが多く、その上、日本語サイトの場合、メキシコで手に入らない食材を多用しています。メキシコのレシピは、少しずつ試しながら、沸点が低い場所で、どうしたら口に合うか、実験しながら毎日料理をしています。もっとレシピを増やしたいと思いつつ、キッチンが別の部屋のような作りになっていて、子供が視界に入らず、作業台もなく・・・改善の余地がたくさんあります!

  32. Roko より:

    雅代さんからのメッセージ、本当に胸に響きました。
    最近、少し家事を負担に感じていて、特に朝の3人分のお弁当作りは相当な気力がいるなあ、と。
    でも「つらい」と思うことが間違っていると気づかせていただきました。
    また、お得意の「悲劇のヒロイン」に浸るところでした。
    お弁当を作る事で家族皆が元気に賢く健康でいられる、それを有り難い事に私自身の手でやらせてもらっている、なんとうれしいことでしょう。
    100%完全なお弁当でなくてもいい、でも私なりに愛情を込めて工夫して毎日続けて行く!
    顔晴ろう!

    また、「これは不可能だよな。。」と最近あきらめかけていたことがあります。
    それを「可能」にするため、人への愛、奉仕の心が強く持ってポジティブに考えて行動しようと思いました。
    今日の雅代さんのお話は、どれも最近の私の事をズバリご指摘されているかのようで、驚いています。
    ありがとうございました。

    >ふゆまろんさん、
    ありがとうございます。
    コメントを読んでいて、すごく感動しました。
    とても素直な方なのですね。
    おつらい経験もプラスにとらえ、目標をもって突き進むお姿、最高です!
    ブラボー!!

  33. そら より:

    本日も叡智を教えてくださりありがとうございます。

    風邪を引く事にも意味がある、体から毒素を出すことができるという話はなるほど~そういう考えがあるのかとひとつ新たな視点が出来ました。どちらかというと風邪は悪いものだと否定する考えだったので目からウロコです。これからは風邪を引いた場合でも体から不要なものを出してくれて感謝!の気持ちで過ごしたいと思います。

    マザーテレサの様に人の為に愛を持って行動することは宇宙や高次元からのエネルギーを引き寄せもっと愛を広められるようサポートされていたのですね。自分の気持ち、心の持ち方がとても重要だと再度学びました。ありがとうございます。

  34. Ponta より:

    マザーテレサについての回答、ありがとうございます。
    これを読んで、アインシュタインが「人は何のためにうまれてきたのか」という質問に、「それは人のためだよ」答えたことをおもいだしました。
    万象万物すべてのものに温かい心を向けることで、心がどんどん拡がりがり、深い愛に達するんですね。
    今日もありがとうございました。

  35. Roko より:

    先日の中2の娘のテニスの都大会(団体戦)は見事勝ち進み、現在ベスト16に入っています。
    明日は続きの決勝トーナメントがあります。
    またもや会場はお馴染みの「国際展示場」近く!
    親も先生や子供達と一丸となって弁当作り(もちろん手作りで)や送迎など朝早く暗いうちから頑張ります。
    愛情をいっぱい込めて一生懸命に、できることは精一杯やりたいです!
    娘は普段から栄養補強と前向きな考え方をしようと努力しているので、それが実践できるか、テニスは良い学びの場であるようで本当に
    ありがたいです。

  36. MIZUNO より:

    雅代さんのメッセージ、「料理をする」については私も共感します。私は出張で出ていることが多いので、その際はどうしても外食が多くなります。できるだけ野菜を取ったり意識しますし、食べているときはとても美味しいと思います。でも、家に帰って妻の料理を食べると、特に豪華な食材ではないのですが、外食にはない、美味しさがあり、心がほわっとします。家庭料理でしか味わえない快い感じです。体の健康維持に大切な毎日の食事。家庭料理の大切さと感じるとともに、料理をつくってくれる妻に感謝です。

  37. ミヤケン より:

    とよみさんの学校のお話しのシェア、考えさせられます。
    雅代さんや皆さんのコメントを拝見し、「大人」が変わらないと「子供」は変わらないと、すごく私も思いました。
    食の意識も当然ですが、相変わらずの学校教育の在り方を変えて行かないとならないと思います。勉強をする意味合いを根気強く伝え、授業の質を高めて生徒が学校に行きたい、サボるなんてもったいない!と思わせるようにしないとと思います。タバコや酒も子供だから駄目、法律で駄目、だけではなく、もっとその本質的な理由を教えないから理解できなくて、手をだしているのではないでしょうか。
    学校教育の中に、年数時間でも「雅代メソッド」の科目が入るようになれば日本は大好転するだろうなと思います。
    実現のために、皆で、頑張りましょう!

  38. 石川はるか より:

    私は子供の頃から肩こり腰痛、花粉症や常に体がだるいなど様々な不調がありましたが、大きな病気や風邪もあまりありませんでした。今日の雅代さんからのメッセージを読み思い出していたのですが、子供時代、特に高校生になるまではいつも母の手作りの料理やお弁当を食べ育ちました。私は友人の話を聞き、マクドナルドを食べてみたい、ファミレスのハンバーグを食べたいといつも願っていましたが両親からは絶対禁止。高校生になり電車通学で繁華街を通ることと、お小遣いを手にした途端、おかしな憧れをもっていたファストフードを食べまくり、その頃からどんどん体のだるさや花粉症が酷くなっていったように思いだされます。
    また、父も病院や薬が大嫌いで、体調の悪い時には手作りの高麗ニンジンを漬けたお酒や、薬膳のようなものを食べたり、怪我をしても野菜をペースト状にして軟膏のように塗るなど、自然な方法をしてくれていました。
    自分の意思で物が買えるようになってから、テレビCMや間違った常識で、食べ物や薬を選び、自らどんどん不調を呼んでいました。今、雅代さんやぺティ先生、ビルさんの叡智を教えて頂き本当にどうもありがとうございます。そして正しい知識を持って育てようとしてくれていた両親にも改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

  39. peco☆ より:

     添加物の入ったものや、外食続きの生活をしていると、妙に身体がだらしくなってくるのが、近頃よく解ってきました。
     添加物や保存料たくさんのお弁当や食事、そして予防接種などをより多くの人が求めないようになってくれば、お店や医療にもどんどん新しい風が吹き込んでいくことと思います。
    親の世代から子供に伝えていくこと、それは口で教えていくとかいうものだけでなく、日々の生活、身体で、行動で親や大人が示して伝えていくという、私たちにとって、物凄く責任ある重要なことだと、改めてひしひしと受け止めております。

  40. ヨシミ より:

    今日もたくさんの叡智をありがとうございます。
    いろんな情報が巷にあふれていますが、その中から雅代メソッドにたどり着いて本当に幸運でした。
    親から、大人から変わらないといけないというのは共感します。
    子供は親を映す鏡というとおり、子供が私と一緒のことをしていてドキッとします。
    それも悪いほうです。
    食事に関しても反省するところがたくさんありました。
    少しずつでも改善していきます。

    ふゆまろんさん
    コメントデビューおめでとうございます。
    ふゆまろんさんのように頑張る人にはいろんな何かが応援してくれると思います。
    もちろん私も!

  41. 太田みほ子 より:

    今、子供の頃を思いだすと、お弁当には母の愛が詰まっていたと思います。母は既製品や冷凍食品が嫌いで、家の食事もみんな手作りでした。お弁当箱に、彩り良く、ちょこっとずつでもいろいろなおかずが入っていて、蓋を開くのが、とても楽しみでした。あれは、とても贅沢なことだったのかもしれません。母に感謝します。

    マザーテレサたちのように、超意識にある宇宙意識からのサイキックエネルギーを活かせるよう、気持ちの持ち方、ポジティブな生き方を常に意識して、日々を過ごしたいと思います。

  42. kumako より:

    雅代さんのメッセージを読んで・・・
    私の実家は自営業で、母はいつも忙しかったのですが、どんなに忙しくても素材から料理をしてくれたことに感謝しています。たまに煮え切らなくてゴジゴジのにんじんを食べさせられることもありましたが、お陰で便利なもの(冷食やレトルト)にあまり頼らないように育てられました。
    生活が多様化して忙しい人も多いでしょうが、ものに頼るのではなく時間をかけずにつくる工夫を考える方向に、栄養のことを知り考え方が変わっていくといいですね。

    ふゆまろんさん
    はじめまして!よろしくお願いします。
    勢いのあるコメントに胸を打たれました!

  43. rumina1020 より:

    私が仕事に行く時、お昼は必ず自分の作ったお弁当を持っていきます。決して手のこんだものではありませんが、絶対にカップラーメンとコンビニ弁当だけは持っていかないようにしようと思い、実行しています。
    次男も専門学校に通っていますが、この頃は、お昼に私の作ったおにぎりをもっていくようになりました。雅代さんのアドバイスで、私ももっと次男においしいお弁当を作ってあげようかと刺激されました。有難うございます。

    マザー・テレサのお話は、いつもこの質問に出会うたびにどきどきしてしまうのですが、最初に私のコメントをとりあげていただき、この質問の答えのたびにこのコメントを掲載してくださり、光栄です。当の本人も何を書いたのか忘れてしまっているのですが、七田先生が情報誌で発信されていたお言葉がとても素敵ですばらしく、マザー・テレサのこともそうなのではないかと思い書かせていただいたことが思い出されます。

    ふゆまろんさん、
    初めまして。よろしくお願いします!

    Masakoさん、
    弟さん、講演会デビューおめでとうございます!

  44. 名古屋市の中学校は給食が無いので、私の母は毎日弁当を作ってくれました。今思えばとても感謝です。息子も来年から中学生なので、弁当を持たせてやりたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!