インフルエンザの予防接種する、しない? (2)


上部頚椎の辺泥先生と岩田先生が、数年前に、アメリカ視察旅行をなさいました。

本場で上部頚椎アジャストに情熱を注いでおられる、シカゴのある先生を訪問なさり、
その他、自然療法事情、高齢者住宅などもご見学。

たまたま、国際電話会議「元気の充電会」の時、お二人は、雅代さんのご自宅に
ご滞在中。

その時に、昨日掲載したブログの質問について、ラッキーな事に、辺泥先生が、
貴重なアドバイスをくださいました。

残念ながら、辺泥先生は、2年前の5月に亡くなられましたが、新しいブログ読者の方の
為にも、辺泥先生の回答と雅代さんからのアドバイスを再度ご紹介します。

辺泥先生の回答:

日本でも、ここ何年間、インフルエンザの予防接種の有効率がかなり低いということが
分かって来て、しない人が増えています。

整体には、『風邪の効用』といい、風邪をひくことによって体を治せるという理論が
あり、年に4回(春・夏・秋・冬)は風邪をひいた方が良いと言われています。

植物と同様、人間も自然の中に生かされているので、季節ごとに変化し、体力も
上がったり、下がったりします。

女性のメンスも月経と呼ばれ、月、月食、日食など自然との関わりは避けられないの
です。

ですから、風邪をひくことにも意味があり、表面的に止めようとしないことが大切。

渡り鳥がインフルエンザの菌を運んでくるとも言われています。

しかし、菌が入っても、戦える体力や免疫力が普段からあれば、予防注射をする必要は
ありません。

昔の日本人は風邪とも仲良くしていたそうです。

風邪は悪いものでなく、体に必要で、体から毒素(下痢・涙・鼻・痰・尿など)を
出すことができるのです。

さてさて、私達が予防接種をせずに、風邪や病気知らずで、超元気でいる秘訣は:

1)まずは、私達のお勧めのクエスト社の栄養食品と解毒食品で、普段から効果的な
栄養補強をし、体から毒物を出して、自分の免疫力、自然治癒力を健全に維持している。

2)ちょっと風邪をひきそうな気配、発熱の兆し、ジンマシン、怪我、手術前、手術後、
過労、ストレスなど、とにかく体が「SOS」で急遽助けが必要になった時は、最高の
抗酸化物である、「ガード」を一度に5-8錠(一日15-24錠)飲む。

ガードが飲めない子供や高齢者は、「チュアブル」を普段の3-4倍食べさせる。

この方法で、大人も子供も、30分から12時間位の内に、皆どんな問題からもケロリと
元気になってしまう。

3)ガードに加えるか、あるいは単独で、通常は解毒用である、「メンド」を一度に3錠
(一日9錠)飲む。

驚くかな、このメンドも「凄い優れもの」で、これだけでも、驚くような効果がある。

メンドは「マイクロ・エレクトリック・チャージ」と呼ばれる、ハーブの細胞の中の
電子への充電が行われているためか、とても効力が出るのが早い。

Dr. Smoodie, Heal, Mend
写真:日本人用に特別に作られた解毒食品ヒールとメンド。
左はこれを作ってくださったスムーディー博士。
「メンド」は、風邪、ジンマシン、過労、不調の時にも、1回に2~3錠飲むとよい。

4)「元気必須ミネラル」を沢山摂る。

先日、「風邪・インフルエンザ・冬鬱の予防には、良質のミネラル補給が大重要!」と
いうブログで、サイキックのビルが教えてくれたように、日頃からミネラルを十分に
補給することで、免疫力が高まり、風邪やインフルエンザのウイルスが細胞に
侵入するのを防ぐ。

たとえ、風邪をひいてしまっても、ミネラルを多めに摂ることで、体が早く回復するのを
助ける。

5)不調な時は、最低でもお水を3-4リットル飲む。特に、体に良いベーキングソーダ
入りのアルカリ水、マイナスイオン水がお勧め。

アメリカでは勿論、風邪、様々な疾患、怪我、精神的な問題、手術後、体がむくんでも、
医者はとにかく、お水を飲むように勧めるのが、日本と大違い。

講演会でよく言うが、私達の不調の大きな理由の一つは、「脱水症状」。

私の母がアメリカに遊びに来て、風邪をひき、3日間日本の方法で汗をかいて
良くしようとしたが、全くよくならず、救急病院へ。

すると、診断は風邪より、脱水症状!!

母は、点滴をされた途端に、「あれ? 私、もう、良くなった!!」と跳ね起き、
私は驚きの大発見!!

この発見で、「脱水症状」に関心を持った私は、それから、色々観察研究し、水
を飲まない人が多い日本人の不調の原因の一つは、脱水症状からだと確信をもった。

私自身が、一度どうした事か40度位の熱があった時、多めに栄養補強をし、ベーキング
ソーダを入れたお水を沢山飲んだら、ちょっと熱っぽい感じだけで、普通の生活が
できる事を実体験!

★私達の超元気の秘訣は、まだまだ続きます。

明日もお楽しみにね!

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in お知らせ, アメリカ・海外事情, インフルエンザ, ビル・モンロー(サイキック), 上部頚椎, 健康体験談, 元気必須ミネラル, 自然療法, 解毒. Bookmark the permalink.

39 件のコメントがあります。 インフルエンザの予防接種する、しない? (2)

  1. アメジスト より:

    今日の記事を読めば読むほど、

    ・日頃から栄養補強を行っておくことで、免疫力が上がる
    ・もし風邪やインフルエンザにかかったとしても、体の大掃除 とメンテナンスが出来ると受け止める

    事により自信が持てました!

    辺泥先生がご登場されたという事と、時期的にもそろそろ「辺泥巻き」の記事も待っております♪

    masakoさん
    弟さんが福岡講演会に行きたいって自分からおっしゃったとのこと。私も自分事のように嬉しくなりました!おめでとうございます!

  2. kumako より:

    辺泥先生の回答と予防接種いらずで元気に過ごす秘訣をありがとうございます。
    先日、仕事が立て込んでばて気味だった夫も「ガード8錠は効いた。」と言ってました。なかなか素直に認めない夫のこの言葉にひとつ達成感を感じました。
    次にサプリを注文するときにメンドも常備したいと思います。

    Masakoさん
    弟さんのセミナー参加、おめでとう!!嬉しいですね!

  3. see-chan より:

    辺泥先生の回答をありがとうございます。
    うんうん、なるほどと思って読みました。
    私は栄養補強をしっかりしていたら大丈夫と自信をもっているので、今年の冬も元気に過ごします!
    ビルさんのコメントでミネラルをしっかり取っていたら、免疫力があがって、インフルエンザの菌やウイルスの侵入を防ぐという言葉に納得して、ミネラルを引き続きガンガン食べます!
    メンドも追加で注文します。
    年をとるたびに元気になっている自分に驚いています!
    こんなに元気で過ごせるのは雅代メソッドのおかげです。
    感謝します!

    Masakoさん
    弟さんのセミナー参加、おめでとうございます!
    自分のことのように嬉しいです!
    セミナーを楽しんできてくださいね。

  4. まどか より:

    急な体調不良のSOS対処法をありがとうございます。
    もうめったにありませんが、急な体調不良の時用に「メンド」常備してます。以前「メンドが手元にあったら〜〜〜」と思った事があったので、学習しました。

  5. ヨシミ より:

    インフルエンザの対処法をありがとうございます。
    解毒中だけでなく、メンドを常備しておくとよいのですね。

    私は予防接種をやめました。
    一昨年、働いている店舗の社員の中で、唯一予防接種をした私だけインフルエンザにかかりました。
    去年は娘2人で24000円を払って予防接種をしたのに、見事に新型インフルエンザにかかりました。

    栄養補給と水に気をつけて今年の冬を乗り切りたいと思います。

  6. 真美子☆ より:

    風邪・インフルエンザと仲良くするという発想は、辺泥先生のお話を伺うまでまったく知りませんでした。日ごろから、雅代メソッドで体力や免疫力を高める努力をしていますが、もし風邪やインフルエンザになったら、それらを利用して身体が自らメンテナンスをしようとしているととらえ、感謝して熱や鼻水を出そうと思いました。そして、薬によってむりやり症状を抑えるのではなく、雅代メソッドで免疫力を高めることで、症状が出ない状態にもっていくのが大切ですね。

    現在、夫がサプリメントの受け取りも兼ねて、アメリカに出張中です。ガードとミネラルがすでに切れているので、サプリメントの到着が待ち遠しいです。メキシコシティは、一日の温度変化が激しく(スペイン語クラスに朝は綿入りコートを着ていきますが、帰りはTシャツです)、しかも、脱いだものを抱えて歩く必要があるので、疲れやすい気がします。医療保険にも入っていないですし、雅代メソッドでしっかり冬に備えたいと思います。

  7. nakamura-akemi より:

    辺泥先生はいつでもどこでもどんな時でも
    私達を高次元から見守って下さっているんだと
    感じます。風邪をひくのも意味があるんだと。
    教えて下さっているように、時に風邪の症状が
    出たらガードをたくさん摂りミネラルをたくさん
    食べ、エゴスキューのタワーをすれば数時間で
    楽になり我が家は医者知らずで過ごせています。
    解毒作用のメンドもまた注文しておこうと思い
    ます。今日の学びをありがとうございます。

  8. YUMI より:

    辺泥先生の整体のお話とサプリメントの活用法をありがとうございます。
    「風邪の効用」は私も大人になってから知りました。子供のころは親の言うなりで「風邪」=「悪い」という感覚を持っていて、人にうつしたらいけない。とか早く治さないと。。と、思って薬を欠かさずに飲んでいました。大人になってから野口先生の「風邪の効用」を友達から勧められて読んでみて、初めて「風邪」の意味と効用をしりました。
    雅代メソットは、更に進化していると思います。なぜなら、その「風邪」の原因すらも作らないという理論だからです。徹底的に「予病」に通じる健康法をいろんな側面からアプローチしているので、素晴らしいです。
    やはり、学校教育の一貫になり国民全体に普及してほしいです!
    皆が健康になれば、もっともっと明るい未来が待っています。
    どうもありがとうございます。

  9. 辺泥先生のアドバイスは本当に素晴らしいですね!
    風邪も一つの解毒だと考えれば、感謝の気持ちが
    湧いてきます。栄養補強や解毒をして風邪を引きにくく
    なったのですが、元気必須ミネラルでさらに効果が
    増しているように思います。風邪やインフルエンザが
    流行る時期に、ミネラルは欠かせんませんね。

    辺泥先生は、お亡くなりになる前にブログを書かれていて、
    今はもう消えてしまったのですが、私の方でデータを保存しています。
    その中から風邪に関する記事をご紹介します。

    ○2005.08.28
    子どもの熱が出たとき(10歳まで)

    上部頚椎のアジャストを受けられたお子さんが熱を出された場合、
    解熱剤や熱さましを使ってはいけません。

    熱を出して菌を殺しているのかもしれませんし、39度位までは薬を
    使わず、仙骨をトントン叩いてあげてください。早く熱が下がります。

    熱が高くて苦しそうでしたら、母親があたふたとしますが、それが子ども
    に伝わりますので、なお不安になります。これを母源病といいます。
    おおらかにして保冷剤などをタオルでくるみ、頭ではなく、脇の下に5
    分位ずつかわりばんこにはさんで、冷やします。

    雅代さんのブログでおなじみのチュアブルをお水に溶かして、
    冷やして飲ませてあげると回復が早まりますし、熱の出ているときはチュアブルが
    苦手で普段食べづらいお子さんもすっと飲んでくれると思います。
    ぜひお試しください。

    ※ブログのデータが欲しい方は、
     メール(nakazakit70の後に@gmail.com)下さい。

  10. 敦子 より:

    辺泥先生のお名前を拝見すると、なつかしい優しいお顔がすぐ思い出されます。不調の時の対処法はとても助かります。ありがとうございました。

  11. うさこ より:

    辺泥先生のお話、何度読んでもなるほど!とうなってしまいます。

    風邪を引きやすいこの時期、もちろん予防は大切ですが
    こうして慌てず対処すれば何もこわいものなどないのだと改めて
    わかりました。

    本当にいつも賢く健康でいられる方法を教えていただき
    ありがとうございます!

  12. 石川はるか より:

    ぺティ先生と雅代さんの叡智の伝授、どうもありがとうございます。特に、私もメンドは解毒している時以外でも切らさないようにしています。何か「ちょっとまずいぞ」と感じたら即メンド3個、すぐに元気になり本当に助かります。でも、今日記事にまとめて頂いている事や、雅代さんのお勧めすべてを普段からしっかり実践して氣を高く免疫力を高く保っておくことが一番重要ですね。今日は東京もかなり冷え込んできました。温かいスパッツや靴下をしっかり履いて、冷えない対策を開始しました。

  13. 太田みほ子 より:

    辺泥先生の回答を読んでいて、四季や月の満ち欠けなどと密接に関連している人間は、やはり自然の一部なのだと実感しました。そして、より自然に則した生き方をしようと思いました。また、風邪の効用や日本人が風邪とも仲良くして、毒素を出していたとのお話、とても納得しました。何にでも意味があり、すべてはベストなのですね。

  14. つきこ より:

    野口晴哉著「風邪の効用」という本がありますね。風邪を引くと痰やら鼻水やらが沢山出るので、体から悪いものが出て行ってくれているなと嬉しくなります。そして、風邪を薬で抑えずに治すと、体の緊張がとれて弛み、すっきりと軽くなるのを体験します。体のすることにはちゃんと意味があるのだなといつも感心させられます。それに加えて雅代メソッドもあるわけですから、つい自分を実験台にして色々と試してみたくなり、どうかするとわくわくしてしまったりします。再掲載してくださり、ありがとうございます。

  15. 万華鏡 より:

    風邪の効用のお話、ありがとうございます。

     子供がまだ小さい時、ある医師の講演会に行きました。

     その中で、「風邪をひいても決して薬は飲んではいけませ

     ん。自分がひいたら、体と胃腸を休ませて寝ています。

     風邪は体に溜まった悪い物を出してくれるチャンスなので、

     たまにはよいのです。免疫力を上げておけば重症にならなく

     てすむのですから。」と言うような事を話していました。

     今日のお話とダブル所があり、免疫力の重要性を再認識

     しました。

     栄養補強、ミネラル、大量のベーキングソーダ水、タワー

     等でこの冬も元気に過ごします。(たとえ、家族がひいても

     対処法を知っているので、慌てることなく心強いです。)

     >Msakoさん

     弟さん自らが講演会に参加したい宣言、おめでとう。

     本当に嬉しいですね。

  16. Fumi より:

    ぺティ先生と雅代さんの叡智の健康法をありがとうございます。ペティ先生の「昔の日本人は風邪とも仲良くしていて、風邪は悪いものでなく、体に必要で、体から毒素を出すことができる」には、そうだなー、身体は賢くできているからすべて必要なことなんだなー」と納得しました。以前ヨガの先生が、ノロウイルスで吐いたり下痢したり大変だった人に、「あら、デトックスできてよかったわねー」とケロッと言ったことを思い出しました。雅代メソッドの普段から超元気でいる秘訣を、知っていると知らないとでは大違い!本当に正しい知識を得ることは大切ですね。たくさんの叡智を伝えてもらって、本当に感謝です。メンドも常備しておこうと思いました。明日も楽しみです。

  17. とよみ220v より:

    今日、セラピーで東京へ行きましたが、帰りは22時頃だったのもあり、寒かったです。いよいよ冬が近いですね。私も子供の頃は、1年に何度も風邪を引き、引くと1週間は寝込んでいました。大人になってもしょっちゅう引いていて、雅代メソッドを知るまでは、風邪を引くことがなくなるなんて、思いもしなかったです。娘たちも栄養補強を開始してから、長女は9年連続皆勤賞続行中、次女は8年(怪我して休みました)近く、風邪で休むことはなかったです。我が家は、パック、ガード、チュアブル、スプリングは絶対きらしたことがないですが、メンド、ヒールも常備しています。あれ?体調がおかしいとか、風邪引きそうというときに、メンドも凄い効果を発揮しています。また私は、喉が痛いかな?というときは、すかさず、ヒールをガブガブのみます。すると、すぐにのどの痛みもなくなり、風邪の手前で、逆に元気になっちゃった!という感じになります。雅代さん、本当に素晴らしいものを見つけてくださって、有難うございます。
    Masakoさん 弟さんの参加、良かったですね!お姉さんが、雅代さんのセミナーに参加されるたびに、元気に輝いているので、それが伝染したのかな。姉弟で、楽しんでくださいね。

  18. 歌姫カオル より:

    ペティ先生の叡智の再掲載、ありがとうございます♪
    私も予防接種うけないです。お医者さん自身が、”僕は予防接種受けたことない、それよりうがい手洗い、マスクの方が効果的。”って言ってました☆
    ちなみにペティ先生はたしか野口整体の野口先生の教え子です。ご本人から聞きました♪

    masakoさん、弟さんの言葉、どんなに嬉しかったかと思うと、私も感動です。ほんとによかったですね。masakoさんの一生懸命な思いや生き方が弟さんにも伝わったんですね。おめでとうございます!

  19. 菊池みどり より:

    辺泥先生の風邪についてのご説明は、自然界の理にかなっていて、本当に納得が行きました。

    雅代さんが先生方をご招待なさって、2回目にシカゴにご出発される前、たまたま日本に居て、辺泥先生に施術をしていただきました。あの時の先生の嬉しそうな笑顔を思い出しました。

    私達は、辺泥先生、雅代さん、ビルから沢山のことを教えていただき、本当にラッキーですね。

    これからも、自然療法で、自分と家族、まわりの健康管理(維持、向上)をして行きたいです。

  20. くみ より:

    風邪を引くことにもちゃんと意味があるんですね。何事も症状を抑えるのではなく、出てくれていることに感謝をして行くこと大切ですね。病気知らずで元気にいられる方法を教えていただいてありがとうございます。これからも安心して過ごせます!

  21. 以前、始めて辺泥先生の風邪についての説明を読んで、「なるほど!」深くうなずきました。自然界そして体って、とても上手くできているのだな~と関心しました。

    だいすけさんのシェアしてくださった辺泥先生のブログも大変興味深く読ませていただきました。懐かしさがこみ上げてきました。だいすけさん、ありがとうございます!私は、特に「母源病」に目が止まりました。いつも気持ちをおおらかにもち、不必要な「母源病」の菌を出さないよう、気をつけます!

  22. ミヤケン より:

    本日も、様々な叡智をありがとうございます!
    皆さまのコメントからも、学ばさせて頂きました。
    こちらのブログは本当に凄いです。叡智の集合体ですね。

    だいすけさんのシェアもすごく興味深かったです。
    ありがとうございます。

    今年も家族そろって、「雅代メソッド」で予防接種いらずです。

  23. peco☆ より:

    人間の身体とはなんと上手に出来ているのだろうと、つくづく感心させられます。そして、出てくる症状=悪いもの と思い込んで薬などに頼っていたことが本当に間違っていた、と思い知らされます。

     だいすけさん、ぺティ先生の記事のご紹介ありがとうございます。私も母源病というところでハッとしました。普段の生活から始まり、とっても重要なことですね。

    RinRinさん、 祖母の件で名古屋でアドバイス頂いたこと母にも伝えさせて頂きました。
    こうやって今を過ごせるのも、皆さんとの出会いがあったからこそです。感謝一杯です。

  24. 冬に近づくにつれて、お水が飲みにくいという方が増えてきますよね。そんな時は人肌に覚ました白湯もお勧めです!私も勘違いしていたのですが、水というと冷たくなくてはだめだと思い込んでいた時期がありました。決してそうではないと知った時、とても気が楽になった事を思い出しました。

    >そらさん、壁紙のダウンロードの感想ありがとうございます。今月はシックな壁紙ですので、お楽しみください^^

  25. MIZUNO より:

    今日もこれからの季節に役立つお話をありがとうございます。風邪は年4回はひいた方が良いは、風邪をひかないようにと思っている意識自体が変わりますね。そして、風邪をひきそうな時でも栄養補強やベーキングソーダ入りのお水の補給など、より良く乗り切る方法があるので、安心です。いつも素晴らしい叡智のお知らせをありがとうございます。

  26. Ponta より:

    辺泥先生と雅代さんの叡智、ありがとうございます。
    だんだん寒くなってきたので、私も人肌に温めて水をとっています。
    少し変だなー思ったときは、必ず水分不足のときで、体は正直だなーと最近よく感じます。

    つきこさん
    野口先生の本、わたしも読みました。
    20代の頃、東京にいたときに野口先生のことを知り、整体に行って数冊本も購入しました。
    アメジストさん
    ほんと、辺泥巻きの季節ですね。
    毎日、マフラーはかかせないです。

  27. rumina1020 より:

    「風邪の効用」は風邪にかかったとき、マイナス思考から、プラス思考にスィッチがはいり、とてもありがたいです。今、風邪をひいてしまい、ガードがきれて、メンドは飲みました。
    昨夜はタワーをして寝たので、昨日より鼻水がおさまりました。ためになる情報を有難うございます。

  28. ☆ほしこ☆ より:

    上部頚椎の辺泥先生の叡智ありがとうございます。我が家も全く風邪を引く事が無い訳ではなかったので自然の摂理だと分かり益々安心しています。自分の独学の自然療法に加え、雅代メソッドで抜群に直りが良くみんなすぐに直ってしますので、感謝しています。栄養補強とタワーは、欠かせないです。こういう事も自分の体験に積み重なり、誰かにお話しする時の糧になっています。

  29. RinRin より:

    「風邪は悪いものでなく、体に必要で、体から毒素(下痢・涙・鼻・痰・尿など)を出すことができるのです。」
    辺泥先生のこの教えに、ほーっ、そうなのか!と、風邪にも効用があることを知り、ビックリしたことを覚えています。以前は、救急箱には必ず頭痛薬が入っていましたが、思えば、全く頭痛薬も必要がなくなりました。メンドは先月注文したばかり、この冬も、毎日の栄養補強、エゴスキュー、自己管理をちゃんとすれば、インフルエンザも不調も心配無用で過ごせます。

    >だいすけさん、
    辺泥先生のブログのシェアをありがとうございます。いろんな知恵をさずけて下さったことにあらためて感謝します。

  30. 宮兄 より:

    風邪について、辺泥先生の回答と雅代さんからのアドバイスを有難うございました。風邪の効用として、解毒があげられていますが、雅代メソッドでしっかり解毒をしていれば、風邪も必要ないですよね。ましてや、理にかなった栄養補強、今年も風邪とは縁がなさそうです!

  31. 私も雅代メソッドに出逢ってから、市販の薬を一切飲まなくなりました。辺泥先生の叡智のお蔭で風邪の症状も解毒と思うと喜んで過ごせます。ありがとうございます!

    >だいすけ@福岡さん
    辺泥先生の残して下さった貴重なお話をシェアしてくださりありがとうございます。
    私もシングルなので突然のトラブルなど『母源病』になりがちです。そんなときにはこれを思い出そうと思います。

    >Masakoさん
    ビルさんのリーディングのとおりですね。Masakoさんが幸運元気の道をまっしぐらに行かれているから、弟さんの嬉しい変化がやってきていることほんとうによかったですね。

  32. ミキティ より:

    風邪について、辺泥先生の回答と雅代さんからのアドバイスをありがとうございます。
    風邪を引くことは悪いことではなく解毒の良いチャンスと捉えればたとえ風邪を引いても感謝の気持ちで向き合えますね。日頃からの解毒がとても大切なのであれば、雅代メソッドで解毒する方法を知って実践できることはとても有難いことです。更に栄養補強にエゴスキューが加われば鬼に金棒、いつも元気でいられ、たとえ不調になっても対処法を知っているから安心ですね。

    *だいすけ@福岡さん
    辺泥先生の残して下さった叡智をシェアして下さってどうもありがとうございます。

  33. 勇気リンリン より:

    もともと薬嫌い、病院嫌いなので滅多に引かない風邪を引いても、ねぎ生姜湯等で体を暖め、喉の痛みを抑えという事を昔からしているので、辺泥先生の回答で「風邪は悪いものでなく、体に必要で、体から毒素(下痢・涙・鼻・痰・尿など)を出すことができるのです」「植物と同様、人間も自然の中に生かされているので、季節ごとに変化し、体力も上がったり、下がったりします。女性のメンスも月経と呼ばれ、月、月食、日食など自然との関わりは避けられないのです。ですから、風邪をひくことにも意味があり、表面的に止めようとしないことが大切」になるほどなぁと感心したのと同時に自分の対処法が少なくとも悪くなかったことに安心しました。
    風邪を引くことによって毒素を出せるなら風邪を引くのも怖くないですね。
    辺泥先生がご存命の時にもっと話をお聞きしたかったです。

  34. 勇気リンリン より:

    Masakoさん
    弟さんの言葉、とってもうれしいですね。
    また巨人が目覚めましたね。講演会お二人で楽しんで下さいね。

  35. *素直* より:

    「昔の日本人は風邪とも仲良くしていたそうです。風邪は悪いものでなく、体に必要で、体から毒素(下痢・涙・鼻・痰・尿など)を出すことができるのです。」
    風邪は悪いもの、と思っていましたが、体が自然に出すことをしてくれているのですね。

    私もとよみさんと同じで、子供の頃から毎月のように風邪をひいていました。今は病院にかかることがなくなり、元気に過ごせることに感謝です。

    ●だいすけさん、辺泥先生のお話をシェアしてくださって、ありがとうございます。

    私が好きな辺泥先生のお話で「「睡眠にまさる良薬なし」寝ている間に脳が体を治そうとする、これが自然治癒力だそうです。第1、第2頸椎がずれていると脳からの指令がうまくいかなくなる。」というのがあります。

    また為になるお話を載せてくださいね!

    ●Masakoさん、弟さんが自発的に講演会に行くことになり、良かったですね!弟さんをエゴスキューの勉強に協力してもらったり、間近で一生懸命な姿を見ていたからなのではないでしょうか。来週が楽しみですね◎

  36. Tracy より:

    辺泥先生のお話し、素晴らしい叡智をありがとうございます!風邪をひくことは悪い事ではないんですね…身体の中の溜まった毒素を1シーズンごとに出しているという発想、目からウロコです☆
    「雅代メソッド」で、今年も風邪は怖くないです!早速主人が風邪ひいてましたが、栄養補強とタワー、水分摂取で1日で回復し、今日も元気に出勤しました☆「雅代メソッド」に大感謝です☆本当に人間の治癒力の高さに、いつも驚かされてます!

  37. HiTOMi より:

    辺泥先生の風邪の効用のお話、目からウロコです!!
    「風邪は悪いものでなく、体に必要で、体から毒素(下痢・涙・鼻・痰・尿など)を出すことができる」と思うと、凄く自然なことで、風邪をひくからこそ元気でいられる、ということも言えるのだと思います。やっぱり「出す」というのは大事なんですね。

    そういえば、私も今年の始め、2回目の腸クレンジングの終わり頃だったと思います。歌の本番中、急に過呼吸というか、貧血というか、フラフラの状態になってしまい、舞台からおりた瞬間、トイレに駆け込んで、吐いたり下痢したり、おまけに熱まで出して、体中から出せるものをすべて出し切ってしまったようなことがありました。
    その時は「どうしてしまったんだろう?」と不安になりましたが、不思議なことに、それ以来ものすごく調子がいいんです。体調も環境もすべてが好転したような感じがして、あの時に私の体の毒素が一気に抜け出たんだと思っています。
    その経験から、「出す」事がどれだけ大事か身を持って実感しています。そのきっかけをくれたのが他でもない「雅代メソッド」。本当に感謝です。

  38. 辺泥先生の「風邪の効用」を知るまでは、風邪を引くことは悪いことだと思っていました。ところが風邪を引くことによって、体を強くしているということが分かり、とても面白く、また、人間って本当に良くできているんだなぁ!ととても感心しました。こういったことを知っているといないのとでは、風邪に対する味方が180度変わってしまいます。今は、風邪を引いても「感謝」ができ、てとても楽しいと思います!ちなみに、雅代さんお勧めの栄養補強とエゴスキューで、ここ何年も風邪を引いていませんが。風邪っぽくても半日くらいで治まってしまうので、これもありがたいです!

  39. bayberry より:

    風邪をひくって、自己管理ができていない証拠で、よい意味に思っていませんでした。
    でも、毒素を体から出すためには必要なことだったんですね。

    風邪に対しての考え方がかわりました。
    前職の時、ほんとに風邪をひかず、主人がインフルエンザにかかった時でも私はうつらなかったくらいです。
    でも私、チョコレート中毒だったし、いろんな不調をもっていましたから、毒素たっぷり体に溜め込んでいたんですね。

    今回風邪をひいたのも、エゴスキューや、雅代メソッドをやりはじめてきていて、体が変わり、毒素をだそうとしていて、ひいたのかもしれませんね。今、2回目の腸クレンジング中ですしね。

    また、超元気でいる秘訣をありがとうございます。
    早速印刷しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!