“サンタが怖い” 写真コンテスト 


 

「日本の皆さんに喜んでいただければ」と、雅代さん最愛のご主人・ロブさんが生前、
生のアメリカ生活の様子などを私達のホームページ用に書いてくださっていた
「ジョリー・タイムス」。

「ジョリー(Jolly)」とは、ロブさんの苗字で、また「楽しい、愉快な、陽気な」と
いう意味の言葉でもあり、クリスマスの頃に頻繁に使われるハッピーな言葉です。

まさしくジョリーで優しいロブさんの大人気のエッセー。

今日はこの中から、アメリカのクリスマスのお話を再びお届けいたします!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

シカゴで一番大きい新聞社であるシカゴトリビューン社が、
“サンタが怖い”写真コンテストをしました。

多くの人達が昔のアルバムから古い写真なども探し出し、
100種ぐらいの写真が送られてきたそうです。

その中から特賞に選ばれた3つを新聞の中からコピーしましたが、
とにかく新聞からなのであまりはっきりしていませんが、お許しください。

santa 1

1位は、お人形のサンタを見て泣いている写真です。

よく見ると、このサンタは目が一つですから、置き場所にもよりますが、
少し不気味ですよね。

この写真は22年前に撮られたものとのこと。

この泣いている女の子は今やお母さんになり、
自分の子供にサンタを説明しているそうです。

santa 2

2位は、子供が泣くので、サンタも泣いている写真です。

santa 3

3位は、2002年のクリスマスカードに使われた写真です。

アメリカではクリスマスの時期になると、ショッピングセンターや写真屋さんに行って、
サンタと写真を撮るのが恒例の一つとなっています。

クリスマスやサンタの意味も何もわからない時に、突然見知らぬ白いひげと赤い服をきた
妙な大きな人が、低い大きな声で “ホー ホー ホー”と声を出すと、
子供が驚きで泣き出すのも無理はないと思います。

初めてなのに恐れない子は、誰にでもなつくようで、かえって危険かも。

サンタがその子の用心度のテストになりますね。

明日も心温まる素敵なお話をご紹介します。

どうぞお楽しみに♪

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in アメリカ・海外事情, ジョリー・ストーリー(楽しいお話), 心温まるお話. Bookmark the permalink.

19 件のコメントがあります。 “サンタが怖い” 写真コンテスト 

  1. メロン より:

    楽しいお話、有難うございます!

    幼い子供にとってサンタは、怖いですよね。ほんとにそうと思います。

    うちの下の子も、もうすぐ2才の時にショピングセンターで、フィンランド風サンタと写真を撮ったことあります。
    何とか逃げようとしてる一枚となりました。

    回りでいくら「サンタサンタ」と言っても、普段見かけない大きさと格好に、ビックリするのは、無理もないなぁと思います。

  2. ダヤン より:

    まだサンタクロースという存在を知らない子供にとっては、ただの知らないおじいさんなのかもしれませんね。
    3位の、泣いている男の子を見ている赤ちゃんのさめた表情が最高です!

  3. 敦子 より:

    サンタさんとの可愛い写真をありがとうございました。
    先日、孫と「機関車トーマス」を見てましたら、クリスマスのシーンで
    サンタさんが「ホー、ホー、ホー」と言っていましたが、私はサンタさんの声を
    初めて聞きましたので何だかわかりませんでした。今日わかりました。
    サンタさんの話し言葉だったのですね!

  4. ミヤケン より:

    サンタさんと協力して・・・
    今年の娘たちの希望は、私の想定をはるかに超える高額のスポーツウェアだったのです。
    サンタさんと相談して、パパとサンタさんとお年玉と誕生日(1月なので)を合わせてのプレゼントになりました。サンタさん、ご協力ありがとうございます~
    サンタさんからの返事は「ホー、ホー、ホー~」でした。ほんとです。

  5. あゆ より:

    可愛い写真とお話をありがとうございました。
    大人にはなじみのあるサンタさんでも、小さい子から見れば、見なれない格好をしたおじいさんですから、怖いでしょうね。わたしも小さいときに会ったら、泣いていたと思います。
    写真を見ながら、子どもは日本でもアメリカでも変わらないなと温かい気持ちになりました。
    この温かい気持ちこそ、ロブさんが届けたかったことかなという気がしています。どうもありがとうございました。

  6. 「ジョリー・タイムス」のご紹介ありがとうございます!
    可愛い写真に元気をもらいました。
    今度の帰省で甥っ子に会うのが楽しみになりました。

  7. けいこ北海道 より:

    サンタさんとの楽しいお話をありがとうございます。
    小さな子どもにとってサンタさんは怖いでしょうね。白いひげと赤い服は妙な感じですよね。2位の子供もサンタさんも泣いている写真は何とも言えないですね。
    ロブさん、心温まる記事をありがとうございました。

  8. Mie より:

    家では子供も成人したので クリスマスといっても
    平日と変わりなく過ごしています。
    今日のお話でほのぼのとしたクリスマス気分を味わうことができました。
    有り難うございます。

  9. 塩スイカ より:

    ご無沙汰しております。塩スイカです。
    毎日勉強漬けで忙しくしております。
    大変と言えば大変ですが、勉強に没頭できる幸せ(?)な日々を送っています。

    ジョリータイムスのご紹介、ありがとうございます。
    サンタが怖い、意外ですね。

    三枚とも泣いているので、サンタさんが可哀想な気もしますが、これも子供が理解するまでの辛抱ですね。

    何故かクリスマスというより、「なまはげ」みたいだなぁと思いました。

    子供の安全と成長を願う気持ちに、国境は無いのかも知れませんね。

  10. Sophia より:

    「ジョリー・タイムス」から、アメリカのクリスマスのご紹介をありがとうございます。
    サンタさんは夜中にこっそりやって来るものと思っていたので、写真を撮るのが恒例となって子どもの用心度のテストになる、と知って新鮮な驚きとともにアメリカのご家庭にホームステイをさせていただいたようなワクワクして温かい気持ちになりました。

  11. 顕琢(けんたく) より:

     おはようございます!

    >この泣いている女の子は今やお母さんになり、自分の子供にサンタを説明しているそうです。

    伝統は、自然な形で受け継がれていくのですね。メリークリスマス!

     ありがとうございます。I LOVE YOU CANCEL ZERO!  顕琢

  12. とよみ より:

    1昨日はガールスカウトのクリスマス集会で、小さい子供たちと過ごし、可愛かったなあ。サンタさんも登場してプレゼントを配っていましたが、4歳くらいになると泣く子はいなかったです。この写真はもうちょっと小さい感じですものね。私は2位のサンタさんの困っている顔が好きです。クリスマス集会の大人の事情も大変でしたので共感します。ですが、我が家の二人の娘達も、リーダーとして、子供の面倒をみたり、会を進行させたりと、良い勉強になっていることに嬉しく思ったりもした1日でした。今日はイブ。皆さんも良いイブを!

  13. MIZUNO より:

    子どもたちの微笑ましい写真をありがとうございます。今日はクリスマスイブですね。最近外にいることが多かったので今日はゆっくり家族と過ごしたいと思います。皆さんにも良いクリスマスが訪れますように。

  14. 宮兄 より:

    “サンタが怖い”写真コンテストのお話の再掲載を有難うございます。
    クリスマスと言うとほのぼのした感じがあり、心温まる話ばかりを
    掲載する事を考えるのに、全く逆の発想で、子供の泣き顔のコンテストを
    シカゴで一番大きな新聞社が行う辺りにアメリカの自由さを感じました。

  15. アメジスト より:

    今年は平日のクリスマス・イブですね。ローストビーフ用の肉は現在解凍中、これからケーキを買いに行ったり、野菜料理を作ったり、いつもの「ご飯」と「味噌汁」も欲しいので作ります。
    サンタさんにはやはり小さな子供がよく似合う、写真を見てそう感じました。
    今月に入ってから街中でたびたびサンタの格好を見かけます。警察署の前で交通安全教室に参加していた子供たちに会うために準備をしていたサンタさんや、どこかのクリスマスパーティーに参加したのか、子連れのお父さんがサンタの格好をして、家族そろって家に戻るところとか……。そんな場面に出会うたびに、心が温かくなります。

  16. りんりん より:

    昨日は、田舎へ出かけて、甥や姪の子供たちと久しぶりに
    過ごしました。うるさいくらい賑やかな子供たちですが、
    泣いても笑っても癒されます。子供に泣かれて、泣き顔の
    サンタさんも可愛いですね。

  17. クンツァイト より:

    サンタさんと子供達の写真をありがとうございます!小さな子供達にとって大きくて見馴れない人を見たら恐いですよね。でも自然な表情で良いですね!御家族それぞれ色々な事情があると思いますが、ささやかでも家族と一緒に楽しい時間を過ごせたらいいなァ~と思います。子供の頃親に愛され大切にされた記憶は大人になってからの心や行動にも出てくる気がします。世界中の皆様が早くhappyな気持ちで過ごせる日々がきます様に☆ありがとうございます。

  18. Chip より:

    昨日甥っ子と姪っ子のクリスマスプレゼントを買いにショッピングモールにでかけました。モールの中は子供たちとパパ、ママで賑わっていました。そんな光景を見ていて、今私たちに家族の幸せな時間を与えられていることに感謝の念が湧いてきました。
    皆さん、良いクリスマスイブをお過ごしください!

  19. うさぴょん より:

    「ジョリー・タイムス」から、意外な怖いサンタさんのお話を
    ありがとうございました。

    アメリカでは、写真を撮るのが恒例となっているのですね。
    日本の子供たちは、サンタさんは夜中に
    こっそりときてプレゼントを置いていくというイメージがあるので、
    新鮮な気持ちで拝読させていただきました。

    塩スイカさんもおっしゃっていましたが、
    少し日本の「なまはげ」にも似ているような???(笑)

    アメリカのサンタさんの記事を拝読して、
    ほんわか温かな気持ちになりました。
    ありがとうございます(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!