『自転車・弟脱走・ゴット姉ちゃん』~「ジョリー・タイムス」より


来週の日曜日、5月5日は子供の日。

「端午の節句」はとりわけ男の子のたくましく健やかな成長を願い祝うイベントですが、
今や女の子も強くたくましく……!? 

本日は、まさに「端午の節句」が似合いそうな雅代さんの子供時代のエピソードを、
毎回掲載するごとに大好評の「Jolly Times(ジョリー・タイムス)」から
お届けします。

※「ジョリー(Jolly)」とは『楽しい、愉快な』という意味で、雅代さん最愛のご主人・
ロブさんの苗字でもあります。

その名の通り思いやりにあふれ、愛情いっぱいのロブさんが生前、
アメリカの生の様子を日本の皆さんにお伝えしたいと書きためてくださったエッセイ集が
「ジョリー・タイムス」です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

先日、私たち(ロブさんと雅代さん)の家の前のハイウェーで、
自転車天国のような催しがありました。

それで、その自転車の話から発展して、雅代の人格形成に大いに影響したであろう、
子供の頃の「弟の自転車脱走物語」を聞き出せることになりました。

5月の最後の日曜日に、朝5時から10時まで湖沿いのハイウェーを一般に開放して、
48キロの『自転車を楽しもう』という催しがありました。

その半分を走ってもよく、シングルも家族連れも清々しい空気を満喫!

Jolly Times 24-1
写真:朝6時30分頃の景色。
右は世界のジャズとブルースフェスティバルも行われる大きな公園。
左側はミシガン湖。
家から写真を撮ったため、左側のガラスに家の中が反射していて少し見づらいかも。

最近、事故防止と対策の為、アメリカでは自転車に乗る人もヘルメット着用を勧められ、
この日も参加者は絶対にヘルメット着用とされていました。

また、最近2~6人こぎの自転車や、下の写真のように、
自転車の後に子供用のカートをつけて走っているのをよく見かけます。

Jolly Times 24-2

それで、私は20年前ぐらいに、合計3年ほど台湾に住んでいたことがあるのですが、
雅代もよく台湾に行き、ふたりで台湾の家族自転車の乗り方の思い出話となりました。

当時、台湾の車道には、1台の自転車を父親がこぎ、子供が前の小さな席で、
後ろは子供を背負った母親の、4人乗りの自転車がたくさん走っていて、

驚いたものです。

もちろん、ヘルメットもないし、たくましい!

あるときは、前と後の席の間の棒のような所に子供を背負っている人が
もう1人座っていて、なんと合計6人。

しかも、6人も乗っていて、自転車をこいでいるのは男性ひとりだけ! 

驚いて写真を撮ったのですが、古い写真の箱からは見つかりませんでした。残念!

そんな話をしていたら、今度は雅代が、「私の母も弟たち3人を自転車に乗せて、
保育園に連れていってたみたい」と言い出し、
雅代の母親から聞いたという「苦労話」をしてくれたのです。

雅代にはなんと弟が3人。

そして、その弟たちは普通の子供たちより元気で、運動神経抜群で超活発。

母親は毎朝、1人を前の籠みたいな席に、2人を後ろの席に前後に並べて乗せて、
保育園に自転車で連れて行っていたそうです。

ところが、長男はいつも「保育園なんか行きたくない! 自由に遊びたい!」の感じ。

それで、いつも自転車に乗る時は、後ろの席で母親につかまって、
自分の前に座ることになっている弟に約束をさせたのです。

「いいか。

俺は走っている途中で飛び降りるけど、絶対に知らんふりしてるんだぞ」とね。

そして、母親が決して気づかないほど上手に飛び降り、脱走。

こんな調子で、逃亡が判明したときは、すでに「時遅し」。

「ああ、また、消えちゃった!!!」

しかし、「兄弟のちぎり」は固く、次男は断固として口を閉ざし、
母親に兄の飛び降りた場所や時間を決してバラさない。

それで、手がかりを得ることができず困る母親は、機敏に上手く逃げ隠れする、
走るのも早い「脱走息子」探しが朝の仕事。

いつもこの調子で、毎日超多忙の母親も、朝は何も仕事ができないありさまだったとか。

このようなエネルギーがあり余っている弟3人との、毎日がこんな感じの子供時代。

この様子を垣間みるだけで、どうして雅代が、威勢の良い面倒見のよい、さっぱりした
「ゴット姉ちゃん」になったのかが、よく理解できるでしょう!

Jolly Times 24-3
写真:いちばん後ろが雅代。
その前が約束を決して破らない次男、三男、脱走が得意の長男。

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in ジョリー・ストーリー(楽しいお話). Bookmark the permalink.

23 件のコメントがあります。 『自転車・弟脱走・ゴット姉ちゃん』~「ジョリー・タイムス」より

  1. ダヤン より:

    ハイウェーを自転車で走れるなんて画期的!
    アメリカは考えることが違いますね。
    普段車の中から見ている景色を自転車の速度で見られて、気持ちよさそうです。
    そして雅代さんの弟さん、「保育園に行きたくない」ということは、小学校入学前だと思うのですが、こんなにはっきりとした主張を持っていたとは、そして行動していたとは、わんぱくを通り越して大人ですね~。

  2. rapy より:

    ジョリー・タイムスは、いつも楽しいですね。

    昨日、神戸の体験会に参加してきました。
    その時はよくわからなかったのですが、帰ってから顔を洗ったときに
    しっとりして引き締まっていて、いつもと全く違う感じになっているのに
    びっくりしました。そして今朝目覚めてからは、体も心も軽くなっていて
    今日一日とても楽に過ごせました。

    神戸の場所は、駅からも近くて分かりやすくて良かったです。
    これからもこちら方面での開催楽しみにしています。

    雅代さん、ミヤケンさん、ミホコさん、お手伝いの方々、お世話になり
    ありがとうございました。

  3. けいこ北海道 より:

    ジョリータイムスをありがとうございます。
    「兄弟のちぎり」はすごいですね!
    この様子を想像しただけで楽しくなります。
    でもお母様は大変だったでしょうね。

    今日は主人が熱を出して寝込んでいます。
    たぶん、好転反応だと思います。
    熱以外は何の症状もありません。
    ミネラルをたくさん食べさせ、お水を飲ませ、ブレインパワートレーナーをかけて
    寝ています。本人は知恵熱だと言っています。何の知恵やら。

  4. ケミー(あけみ) より:

    超活発でわんぱくな弟3人のお姉さまであれば、ゴッド姉ちゃんにもなりますね。弟3人より強くたくましい雅代さん。子供の頃の光景が目に浮かぶようです。
    お国の自転車事情は、いろいろですね。でも、よく6人乗りできますね。バランス感覚がいいのでしょうか?母はどこの国でも、たくましいです!

  5. 敦子 より:

    ジョリータイムスをありがとうございました。
    ハイウェーを自転車で走れるという発想にお国柄を感じ、感動しました。
    自転車の禁止ルールが目立つ昨今、愛好家に思い切り走らせてあげたい
    (ルールを守って)衝動が起きました。
    雅代さんの多くの人にかけられるご配慮は、この時に培われたものなのですね!

  6. がっちゃん より:

    自転車気持ちよさそうですね!! 僕も最近自転車であちこち出かけるのでロードバイクが欲しいこの頃です。

    先週の木曜日に渋谷のuplinkで映画「祈り」を見てきました。とても良いドキュメンタリー映画で、理系、文系、どちらの視点から見ても面白い映画です。映画はしばらく振りに見たけれど、これは本当にオススメです。

  7. 早乙女真帆 より:

      ジョリータイムスの掲載をありがとうございます。自転車から飛び降りた息子を捜す母、口を割らない弟。それにしても、何度も脱走する兄のたくましさには惚れ惚れします。なんとものどかな時代だなあと、現代を生きている私にはうらやましくも感じます。今は心配しすぎる人が多い時代だから、こんなお話はみんなに聞かせたいです。
     
    ☆りんりんさん、とよみさん、MIZUNOさん、コメントありがとうございました。
    あれから、またまた嬉しいことがありました。うちの母がエゴスキューをやり始めたんです。あの頑固者の母がですよ! あまりにも足腰が痛そうだったので、ほうっておけず、「エゴスキューした方がいいよ」と勧めたら、すんなりやる気になってくれました。今日で2日目。明日からは私がついていてあげられないので、エゴスキューの本をテーブルの上に置いて、見てするように言いました。効果を実感できたらいいなと思います。

  8. さとみワトソン より:

    このお話を読むたびに昔なつかしい子供時代を思い出します。昭和の香りがしますね~。自分も含めやんちゃな子供が多かった気がしますが、決して悪いことをするのでなく、その時々での自己表現の表れで、とっぴょうしもないことをよくやっていた気がします。でもそんな経験が今の行動力や自信につながっています。親があれこれと干渉しすぎずに、私を信じてくれてた上での放任主義がよかったのだと思います。さて、果たして自分はそんな親になれているのかな? と考える今日この頃です。

  9. るみな より:

    何回か拝読している記事ですが、今回は「朝5時から」ハイウエーを解放してというところに目がとまりました。とても早くから解放されているのですね。雅代さんのお住まいからの眺めはいつも最高ですね。

    私は雅代さんとご兄弟のこのお写真がとても好きです。私の昔のころの時代と重なり、懐かしくなります。

    元貴さんのファーストアルバム「I’mA北海道MAN」はいつも通勤の車の中で聞いています。たくさんの曲が入っていて、そのなかのカバー曲で、中島みゆきさんや、ドリカムさんの曲は知らなかったのですが、大好きになりました。もちろん、元貴さんのオリジナルの曲も故郷を愛していることが感じられて素敵です。お声がとても素敵でいつも癒されております。

  10. 顕琢(けんたく) より:

     おはようございます!

    >母親は毎朝、1人を前の籠みたいな席に、2人を後ろの席に前後に並べて乗せて、保育園に自転車で連れて行っていたそうです。

    今でも、時に前に1人、後ろに1人乗せて3人乗りで保育園にいくのだろう自転車を見ることがありますね。何時の時代も母親はたくましいですね。
    道路交通法では、二人乗りはもちろん三人乗りは禁止されているようです。が、働くお母さんを支援するために専用の三人乗り自転車を開発して許可するみたいですね。
    自転車は、健康のためにもいいですね。
    事故のないよう乗りましょう!

      ありがとうございます。I LOVE YOU CANCEL ZERO!    顕琢

  11. ともみ より:

    雅代さんの子供時代の微笑ましいエピソードをありがとうございます。このお写真は私も大好きです! 保育園に行くのが嫌で自転車から飛び降りて脱走するなんて……なんともたくましくて、やんちゃな弟さんですね^^ 私の地元にもやんちゃな女の子がいて、保育園に行かずに、1人山の中で遊んで過ごし、お弁当箱からぐみの実がたくさん出てきたことから、幼稚園に行っていないことが判明した……ということがあり、思わずそのエピソードを思い出しました。子供時代のこういう経験は、一生の宝物ですよね! 我が家もそうですが、今の子供にはこんな大らかな自由はないなぁ、と思います。でも、今の環境の中でも工夫して、できる限りのびのび育ててあげたいなぁ…とあらためて思いました。何か大切なことを思い出させていただいたような気持ちです。ありがとうございました!

  12. とよみ より:

    このお話しの写真が大好きな私です。本当に雅代さんのご自宅から見える景色は素晴らしいですね。そして、ハイウエイを自転車で走れるのもアメリカならでわの大きさも感じますし、気持ちよさそう。雅代さんと弟さん達との写真も、とてもとてもかわいいです。2番目の弟さんとお兄ちゃんとの固い約束も微笑ましく思います。それにしても台湾の自転車事情、家族のたくましさには驚きます。私も15年くらい前は、娘たちを前と後ろに乗せて走っていました。もっと昔は、新聞をピラミッド状に高く高く前かごに乗せ、後ろにも高く積んで配達していた大学時代を懐かしく思い出します。自転車って、いろいろな使い方ができる凄い便利な乗り物だと改めて思います。

    早乙女真帆さん
    今度は、お母様にも良いことが起きてきて、良かったですね!

  13. Sophia より:

    さわやかな気分になるジョリータイムスの再掲載をありがとうございます。アメリカは車社会と思っていたので、このようなアイディアに初めは驚かされましたが、柔軟な発想にこちらまで楽しい気分になりました。

    昨日、ブレインセラピー体験会に参加させていただきました。雅代さん、ミヤケンさん、みほ子さん、ご参加のみなさま、貴重な時間を共に過ごさせていただきありがとうございました。
    ブレインパワートレーナーも使用者の声から進化していると知り、博士のビタミン愛がたっぷり注がれているのを実感しました。また、エゴスキューやパッチなどもその場で一緒に実践され、わずかな時間で大好転された方の笑顔を拝見し、幸せホルモンがたっぷり自分のなかに作られたようです。ありがとうございました。

  14. アメジスト より:

    雅代さんの弟さん三兄弟のこのお話、大好きです。子供の兄弟愛ってとても微笑ましいんですよね。昨夜、床にこぼした麦を拾うのが嫌で、ぐずっていた次男のそばで、黙々と麦を拾い、皿に戻していた三男の姿を思い出しました。
    また、私が載っていた自転車も古くなり処分してしまったのですが、このお話を読んで新車!? が欲しくなりました。

    私の長~いコメントにメッセージをくださったみなさん、ありがとうございました! 

  15. アメジスト より:

    上記文中、「載っていた」→「乗っていた」に訂正です。

    神戸では、雅代さんから新しいクリームを試させていただく機会に恵まれました。ハーブ? の香りでひんやりトロトロした使い心地、コリを感じていた首につけたところ、肩甲骨から上があたたかくなり、持ち上げられるような軽さを感じました。そして顔にもつけたのですが、3日経った今も、肌の奥からしっとり潤いプルプルと子供の肌のような感触でとっても嬉しいです♪ 求む商品化! です。

    まだまだ書きたいことがあるのですが、今日はここまで。

  16. 宮兄 より:

    この「兄弟のちぎり」のお話、大好きです!幼い子供が、どんな気持ちで、どんな顔して口をつぐんでいたのかなどと想像すると思わず笑顔になってしまいますよね。私自身は一人っ子なので、このような堅い契りを結べませんでしたので、とても羨ましく思います。

  17. MIZUNO より:

    湖とみどりをみながらハイウェーを自転車で走れるなんて気持ち良さそう。さすがアメリカ、盛大なイベントですね。

    早乙女真帆さん
    お母様がエゴスキューを実践されるようになって良かったですね。きっと真帆さんの良いエネルギーが伝わったんでしょうね。良い輪が広がっていて素敵です。

  18. りっちー96 より:

    このお話、私も大好きです。今まで台湾の記事はあまり気に止まらなかったのですが、私の母は、祖父の仕事の関係で、台湾に生まれ、終戦の女学校まで台湾育ちだったので、雅代さんとの出会いも何かここから来ているような気がしてきました。

    先日、神戸の「祈り」の上映会に参加させていただきました。
    皆さんがコメントされているように、素晴らしい映画でした。
    私たちの意識が地球全体に反映している。
    すべてが繋がっていて一つであること。
    いろんなメッセージが伝わってきました。
    映画のあとの白鳥監督、雅代さん、シータさんの講演も素晴らしかったです。
    白鳥監督は、「祈り」という人の意識のお話から、「地球蘇生プロジェクト」として、これからは、与える経済、フリーエネルギーへの移行、完全に循環させる農法、発酵微生物の文化のお話などもありました。
    雅代さんは、いつものマシンガントークで、シータさんとの出会いや紹介、雅代さんのご使命を、14分という短い講演時間の中でお話され最後に話しきったというガッツポーズ、がとてもチャーミングで大きなエネルギーをいただけました。
    シータさんは、「祈り」の映画をまだ見る前から上映会を開こうと決断された話など、何か不思議なオーラで、最後に会場の皆で和になり手を繋いで、シータさんの作られた歌を歌い、君が代を歌った時の力強い声が、体全体に響いてきました。

    その日に松本まで帰らなければいけなかったのですが、新幹線、高速バスと1分のムダもなくいいタイミングで帰ってこられました。母と一緒に参加しましたが、「雅代さんにお会いできるといつもエネルギーいただけるね。」と話しながら楽しく帰ってきました。
    沢山の雅代ファミリーの方に出会えたのも、とても嬉しかったです。
    素敵な一日をありがとうございました。

  19. ponta より:

    だ~い好きなジョリータイムスを、ありがとうございます。
    「兄弟の契り」、いいですね~。
    大人になって、たくさんの小さい頃のエピソードに花がさいているんでしょうね。
    成人しても、兄弟仲良くしているのを見ると、微笑ましく思っています。

    神戸に参加した皆さま、シェアーありがとうございます。
    ワクワクの様子が伝わってきて、私もワクワク感いっぱいになり、
    とても幸せです。
    ”ありがとうございました。”

  20. ゆみ より:

    子供の頃は、よくケンカもしたり、私は末っ子なので、女なのに学校で使うものは兄のお下がりばかりで・・・と不満も多く過ごしていましたが、今思うと一人っ子にはない兄弟の絆は親子の絆同様に大きな存在ですね。雅代さんのご兄弟とのお写真と素敵なエピソードで、懐かしい子供の頃の思い出が思い出されました。縁あって同じ両親から生まれ育った家族ですから、「兄弟のちぎり」は強いものですよね。微笑ましく読ませていただきました。

  21. peco より:

    わたしもこのお話大好きです!自転車は細い道も走れて、意外な発見があるので、乗るのも大好きです。季節的にも、楽しめますね、気持ちよい風をうけながら、雅代さんたちの写真を思いだしそうです!

  22. 水島智裕 より:

    いつもこの脱走のお話は、ついニヤリとしてしまいます^^面白いです。そして決して約束を破らない次男さんも立派ですね^^

  23. フローラ より:

    ジョリータイムスのすてきなお話をありがとうございます。
    雅代さんのやんちゃな弟さん達!お母様は大変な毎日でしたね。でも子育てって子どもたちが大変であればあったほど、いつのまにかそのことがとっても大切な思い出になってるんだなって、最近良く思うようになりました。それだけ私も年をとったのかな。私も男の子と同じような遊びを繰り返していた子ども時代、自由だったあの頃が思い出されて古き良き?時代が懐かしく思い出されました。

    りっちー96さん
    >すべてが繋がっていて一つであること。いろんなメッセージが伝わってきました。
    ますます「祈り」を見に行きたくなりました。いよいよ来週見に行けそうで今から楽しみです。
    そして神戸のお話のシェアーを皆様ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!