死にかけていた犬が見事に回復!(1)


本物は、万能!人間だけでなく、犬、猫、うさぎ、ハムスターなど動物も、私たち
お勧めの栄養補強で、健康で長生きができます。

動物は、保険が無い(最近は、ペットの保険もあるが、補償額により、月の保険料が
高くなる)ので、病気や怪我をすると、医療費が非常に高くつきます。

しかし、「クエスト社の栄養補強を普段からきちんとあげていると、病気知らず、医者
要らずで、元気でいてくれるので、大助かり」とペットのオーナーの皆さんも大喜び!

そこで、今日と明日で、死にかけていた、ほしこさんご家族の愛犬レオ君が、
栄養補強で、劇的に回復したという嬉しい体験談をお届けします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

以前飼っていたゴールデン・リトリバー(犬)が、ある日、突然倒れてしまいました。

慌てて、近所にある北里大学の動物病院に連れて行くと、獣医さんが、「農薬が原因
では?」ということでした。

実は、うちの近所に農薬をまく人がいて、それが風に吹かれて、我が家の犬の飲み水に
たまり、農薬が含まれる草を食べ、犬も農薬を浴びていたことが原因だったのです。

大学病院では、全力投球での診療をしてくださいました。

それは、とても有難かったのですが、病院に通って犬が死ぬまでの2ヶ月間に、もの凄い
額のお金を使い、すっかり「犬貧乏」になっていました。

また、決して安らかでなく、苦しんだ末、8才で死にました。

この経験から犬も自然に任せて死ねたら良いと言う事を学びました。

今飼っている犬は、その後、あるご縁で、飼い主が「保健所に連れて行く」ということ
でしたので、引き取りました。

6才でしたが、健康問題が生じても、病院に行かずに過ごしていました。

ところが、今年のお正月明け、散歩の後、急に立てなくなり、そのまま寝込んでしまった
のです。

もう、14才でしたので、家族全員で、泣きながらお別れをいい、看取る用意を
しました。

しかし、以前、「死にかけていた愛犬が、クエスト社の栄養補強で元気になった」という
石川はるかさんの体験談を思い出しました。

そこで、えさは食べなくても、お菓子はなめたので、“冥土の土産”にと、ケーキに
抗酸化物の「ガード」を差し込んで与えました。

すると、次の日、何と。。。

続きは、明日をお楽しみにね!

hoshiko
先日体験談をご紹介し、雅代リジュビネーションで、
バナナの斑点のようなシミ・そばかすが消え、益々素敵になった、ほしこさん。

栄養補強のご相談は雅代メソッド・サポートへどうぞ!

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in ペット, 健康体験談. Bookmark the permalink.

41 件のコメントがあります。 死にかけていた犬が見事に回復!(1)

  1. thanks thanks より:

    ペットにも栄養補強がきくとは!!!明日の体験談の続きがとっても楽しみです。
     
     農薬や除草剤について、考えさせられた夏でした。ミツバチが消えたり、隣近所のごめいわくになるからと除草剤をつかったり、みためを大事にすると、少子高齢化の社会では、環境に悪いものをつかわざるをえない・・・それが、徐々に身近に影を落としつつあるのを感じました。なので、わんちゃんのえさに農薬がたまった話は、インパクトありました。

    ほしこさんの体験会のご成功をお祈りしています。

  2. 真美子☆ より:

    冥土の土産にガード!これは結果がとっても気になります。以前は「ペット保険」なるもののCMを見て、すごいものが登場したなと驚いたものです。それだけ、ペットが病気になるとお金がかかったのでしょうね。

    前に飼っていたワンちゃんは、どうやら農薬が原因で亡くなったそうです。農薬は、目的とする植物だけでなく、まわりの環境、もちろん人間にも深刻な影響を与えているでしょう。恐ろしい話です。さて、新しくやってきたワンちゃんも、もちろん農薬の影響から逃げることはできませんよね。家族がお別れをした後の瀕死のワンちゃんがガードを食べてどのようなサプライズがおこったのでしょうか。続きを楽しみにしています。

  3. 歌姫カオル より:

    ほしこさん、またまた体験談ありがとうございます!!ほんと、保険がきかないってすごい大変ですよね!

    自然治療も全部保険がきかないから、ときどき、”これに全部保険がきいたらどんなに助かるだろうな・・”と思ってしまいます!

    それにしても、冥土の土産にケーキにガードを差し込む!!
    なんて、ほしこさんったらその表現、ユーモアのセンス抜群!!今度の体験会もわくわく楽しまれることを願ってます☆
    おはなしの続きも楽しみ☆

    さて、好転反応についてのみなさまのあたたかいコメントありがとうございました。

    ええと、どんな症状かといいますと、皮膚の炎症部分がいつもより赤くなり痛み痒みが増し、気が狂いそうになります☆(今年はこれで、3回目。1回目は3月に鍼したとき。2回目は、6月に多田さんの師匠先生の治療受けた当日、あ、2回目はそんなひどくはなかったけど)。

    で、今回が3回目です。
    なぜかというとですね、ヒールとメンドの解毒をやったのです。もう解毒は4回目で、いままではこんなふうになったことはありませんでした。

    でも、去年から今年の間にいろいろなことをTryして、身体が変わったため、血流やリンパの流れがかなり良くなったので、ヒールとメンドのアクチベーション(活性化)作用にすごく皮膚が反応してしまったためと思われます。

    だから、いいことなんですよね!成果の現れ!

    しかしそれでも気が狂いそうなので、なんとかして乗り越えました!

    今回のおかげで、いろいろとネットで調べたりしてさらに乾癬についての知識を得ることができました。つまり!!まだ試してない、別の手!!

    乾癬はまだまだ治療法も確立されておらず、お医者さんでもわからないことだらけの病気。やってることが効くか効かないか、大丈夫なのかそうじゃないのかは、自分で実験するしかありません。
    でもまだまだ希望は、捨てませんよ~!

    繰り返しになりますが、みなさん、温かいおことば、ありがとうございます!

  4. 太田みほ子 より:

    ほしこさんの愛犬復活の話の続きが楽しみですね。うちも昔、秋田犬を飼っていたときに、手術代で20万もかかりました。結局、そのまま死んでしまいましたが、その時にガードがあれば助かったかも…。

    ◆歌姫カオルさん、
    気が狂いそうなほどの痒みは、想像を超える大変さがあると思います。父を介護していたとき、湿疹がひどいことがあり、それこそ、気が狂うように掻きむしって血だらけになりました。その時、看護師の方々が「ある意味、痒みは痛みよりもしんどい」と口ぐちに話していました。さまざまな良い方法をチャレンジしての反応ですから、きっと良い結果につながると思います。今はしんどいでしょうが、今後の成果が楽しみですね。応援しています!

  5. アメジスト より:

    ほしこさん、輝いている御写真とともに、愛犬くんの体験談をありがとうございます。皆さんも書かれているように、「冥土の土産にガード」というフレーズが、ツボにはまってしまいました。続きが楽しみです。
    我が家にペットはいませんが、たまに抱っこさせてもらうワンちゃんがいます。人懐っこいのか、私にも尻尾を振ってこられると、可愛くってたまらなくなります。

    カオルさん、好転反応の様子を詳しくシェアしていただき、ありがとうございます。

  6. kumako より:

    家族同然の愛犬が苦しんでいたら、お金がかかっても何とかしてあげたいですよね。
    実家のチワワも今年で16歳で一段と老犬らしい動きになってきました。わたしもはるかさんの体験談を思い出し、ガードをえさに忍ばせてみました。すると吠え方がやたらと元気になったように思ったのですが、えさが欲しい時は今も変わらず元気なわんこだったのです。(ちょっとガッカリ)
    体験談の続きを楽しみにしています。

    カオルさん、好転反応について詳しくありがとうございます。
    治療が効果的なほどに反応が出るのでしょうか。その後はどんどん楽になるはずですよね。

  7. ひかり より:

    泣きながらお別れを言い、看取る用意までしたワンちゃんが
    ガードを食べてどうなったのかとても気になります。
    農薬は生物を駆除する為のものなので、生き物全てに何らかの影響はあるのでしょうね。
    知らないうちに摂取しているかと思うと怖いです。

    *****
    ほしこさん、昨年お会いした時とずいぶん印象が変わりましたね。
    輝いてイキイキしていらっしゃいます。
    雅代メソッドを実践し続けた結果ですね!
    私も刺激をいただいてがんばりたいと思います。

  8. RAOSU より:

    ほしこさん、いつも楽しいエピソードを聞かせていただけるのがすごく楽しみです。
    今までにも『ボロ雑巾』や『バナナの皮』など失礼なほど笑わせていただいていて、今回のタイトル『死にかけていた犬』もほしこさんのエピソードだと分かった瞬間に大爆笑させていただきました。(さすがほしこさん!)
    ユーモアたっぷりでストレートな表現と、行動力のあるお人柄が大好きで、僕もほしこさんの大ファンの一人です。明日の続きも楽しみにしています!

    歌姫カオルさん
    苦しい時期を迎えていらっしゃるにもかかわらず、それを見事に克服しようとしている姿が文章からもガンガン伝わってきます。
    その気持ちの強さは真似ができないほどで、いつも本当に感心させていただいております。
    幾つものチャレンジを乗り越えてシンガーとしての能力もドンドン上がっていくのが目に見えます。楽しみですね。

  9. 智子 より:

    ガードを盛られたワンちゃんが一体どうなったのか、続きが楽しみです♪

    ここ数日は、お肌に関する皆さんの体験談を拝見して、とても良い勉強をさせていただきました。
    私は現在、腸クレンジングと栄養補強の好転反応で顔のアトピーと左手の主婦湿疹の症状が酷く出ていて、一体いつになったら良くなるのかわからず途方にくれていました。
    特に、左手の湿疹の酷さ(指が腫れて曲げられず、滲出液も出てピリピリ痛い)には閉口していました。

    昨日、サポートセンターに電話をかけて相談したところ、
    「肝臓がきちんと解毒をしている証拠」
    と励ましていただき、とても気持ちが楽になりました。
    好転反応がおさまるまで、ネオガードを多めに摂りつづけてみようと思います。
    アドバイスありがとうございました!

  10. FLOWER より:

    ペットにも栄養補強が効くとは素晴らしいですね。
    以前のはるかさんのワンちゃんの記事も読ませていただきました。効果てきめん!すごいですね。

    それにしても農薬は怖いですね。私も以前、自然あふれる田舎に住んでいたことがあるのですが、周囲の田んぼが農薬散布する日は慌てて洗濯物を取り込んでいました。
    ほしこさんのワンちゃんのように外で飼っている犬は被害を直
    に受けて本当に気の毒です。
    でもその後どうなったのか明日の続きを楽しみにしています。

  11. Fumi より:

    ほしこさん、ワンちゃんの体験談ありがとうございます。いやー、驚きました。ペットたちにも栄養補給がバツグンの効き目があるとは…。ウチにもかなり高齢の愛猫がいるので(ほしこさんのいらっしゃる青森生まれの猫です)、是非試してみたいと思い、興味しんしんです。はるかさんのワンちゃんの体験談も、クリックして読ませていただきました。明日の続きを楽しみにしています。

  12. 勇気リンリン より:

    ペットにも栄養補強が効くんですね。人間だっておおまかに分類すれば動物ですもんね。
    今はペットも保険が利きますが以前は全額、負担だったことを考えると治療費は途方もない金額でしたもんね。
    ガードを与えられた瀕死のワンちゃん続きがとっても気になります。

  13. sea-chan より:

    ほしこさんの優しさがワンちゃんに伝わり、家族愛って素晴らしいですね。感動しました。
    貴重な体験談をありがとうございます。
    明日、続きを楽しみにしています。
    私は最近、エゴスキューをしながら、雅代さんのDVDを毎日のように見ています。
    見れば見るほど、心に響き感動します。
    私はこうでなければならない、あーしなければならない、周りの目が気になる生き方をしてきて、自分の生き方がしんどくって、自分の生き方や考え方を変えたいと思っていました。
    雅代さんいわく、「いい加減でいい!」その言葉を言葉を聞いた時に、なんだか肩の荷が降りました・・・
    ほっとしました・・・
    毎回、DVDを見るたびに、うん、うんと納得しています。
    雅代さんの話はサイコーです!!
    魂にしっかりと響きます。
    いつもありがとうございます。

  14. 石川はるか より:

    ほしこさん、愛犬の体験談どうもありがとうございます!
    しかも我が家の愛犬の体験談がお役に立てたなんて♪嬉しいです。ありがとうございます。
    その我が家の愛犬は、一昨年前老衰であちらの世界に旅立ちました。が、体験談として生きている活かせて頂けることができて本当に良かったです。ありがとうございます!

  15. ほしこさん 
    楽しくて心温まる体験談ありがとうございます。
    栄養補強をしてもらえて ワンちゃん 幸せですねっ!
    明日の続きが楽しみです。
    パッチの時にお風呂でおみかけしたのですが、
    ハツラツとしていらして イキイキ健康美人!
    ていう言葉がピッタリだと思いました。
    体験会、沢山の方がいらして Eサイズ 楽しめる様
    祈ってます。

    歌姫カオルさん
    本当に前向きで 感動してしましまいました。
    きっとみなさんも 勇気&元気 づけられていると思います。
    ありがとうございます。
    お歌も応援していますので、頑張ってくださいませ。

  16. まき より:

    ほしこさん
    こんにちワン!
    わんちゃんのお話をありがとうございます。
    うちではペットを飼っていないのですが、
    ウォーキングでいつも使っている公園はとても広く、
    ドッグランもあるので、犬の散歩で来る人が大勢います。
    たくさんの種類のわんこ達と出会えるのですが、
    愛犬家って本当に多いなぁ~と、いつも感心します。

    ケーキに「ガード」を差し込むと、次の日…
    愛犬家の皆さんに朗報の予感です!
    明日の体験談も楽しみにしています。

    歌姫カオルさん
    好転反応のご様子を教えて下さってありがとうございます。
    「気が狂いそう」な程の痛みかゆみとは、相当なものだと思いますが、
    そんな激しい好転反応も前向きにとらえられる
    カオルさんの姿勢は、乾癬に悩んでいる他の人にとっても、
    そして、私たち、栄養補強をしている人にとっても、
    すばらしいお手本です。
    そんなカオルさんを、みんなが応援したくなるのも当然です。
    雅代メソッドなど、カオルさんのたくさんの努力と、
    皆さんからの応援エネルギーの相乗効果で、
    カオルさんの乾癬がどんどん良くなるのが目に見えるようです。

  17. ひまわり より:

    ほしこさん、愛犬レオ君の体験談をありがとうございます!
    まかれた農薬が風に吹かれて飲み水にたまる・・・いつの間にか農薬に汚染されているのは、本当に恐ろしいですね。

    急に立てなくなり寝込んでしまったワンちゃんに、冥土の土産とはいえ、ケーキの中にガードを差し込んで与えるという工夫をされたことが、良い結果に繋がったのですね。
    続きも楽しみです。

  18. グレイシー より:

    ほしこさんは沢山のエピソードをお持ちですね。愛犬のお話まであるとは思いもよりませんでした。クエストの栄養補強は、ペットにも効果があるのですねぇ。

    ケーキにガードを盛られたワンちゃん、どんな変化があったかとても氣になります。明日が楽しみです♪

  19. nakamura-akemi より:

    我が家の愛犬にもガードを食べさせています。
    おかげで元気いっぱいです^^クエスト社の
    栄養補強はすごものです。
    ほしこさん、明日の続きを楽しみにしています。

  20. うさこ より:

    ほしこさん、レオ君の体験談をありがとうございます!

    以前飼われていたワンちゃんが、農薬で亡くなってしまうなんて、本当に悲しくて辛かったですね。
    農薬の害はなんて恐ろしいのでしょう。

    保健所に連れていかれるレオ君を引き取って命を救い、さらにガードを食べさせるほしこさんご家族の深い愛を感じます。

    明日の続きも楽しみです!

    ☆カオルさん
    いつも明るく笑顔なカオルさんが「気が狂いそう」と口にするのだから、本当に本当にお辛いことと思います。

    それでも真っ向から立ち向かうカオルさんはとても強くて
    凄いと思います。

    お会いするたび、お肌がどんどんよくなっていくイメージが浮かぶので、絶対私も信じています。

  21. まどか より:

    ほしこさん 「冥土の土産」って発想が愉快です たぶん動物の本能が働いてガードスペシャルトッピングケーキを食べてくれたんだろうと思います どんな姿をみせてくれたのかつづきが楽しみです
    それにしても 気がつかないでいろいろな薬害にさらされていますね 賢く身を守る方法を身につけなければならないと 改めて思います

    22日の体験会 たのしいものになりますように! 弾けちゃってくださーい!!応援エネルギーをおくらせていただきまーす

    カオルさん!一刻も早く 加速度を増して完治することを願います きっと!もうすぐだよ!みんなが応援してるから! 

  22. ほしこさんの愛情深さがひしひしと伝わってくる体験談を
    ありがとうございました。

    近所の方の農薬が及ぼす影響の大きさは侮れませんね。

    先日、近くの郵便局に手紙を出しに行った際、郵便局の向かいで行なっている工事現場の柵の外側に、工事現場の方が、除草剤をポンプで撒いていました。それを見て、私は口を押さえて早々に退散しましたが・・・
    その草を散歩中のワンちゃんがなめたりするケースもないとは言えないと考えたばかりでした。
    数日後、そこを通ったら、見事に草は茶色に枯れていました・・・

    “冥土の土産”にと、ケーキに抗酸化物の「ガード」を差し込んで与えた後、どうなったのか続きがとても楽しみです。

    ほしこさん、
    体験会に関するご質問に対する私の考えをメールしましたので
    少しでも参考になってくれれば幸いです。
    大丈夫!大丈夫!
    私でもできたんだから♪
    たくさんの方との出会いを楽しんでくださいね♪

  23. RinRin より:

    ほしこさん、「バナナ肌」のほしこさんにしかお会いしていないのですが、「モモ肌」のように、見事にお肌がキレイになられましたね!
    今度、どこかでお会い出来るのを楽しみにしています。

    私も以前2匹の犬を同時に飼っていたことがありますし、ウサギも飼ったことがあります。
    やはりペットの最後を看取るのは、とても辛かったですね。
    しゃべれない分、その苦しそうな表情にこころが痛みました。

    ご家族の愛のこもった、ガード入り「冥土のみやげ」ケーキを食べたワンちゃんは、喜んで食べたのでしょうね。つづきが楽しみです。

    歌姫カオルさん、智子さん、
    好転反応、おめでとうございます。
    「好転反応さん、感謝!感謝!」で、早く乗り切られることを応援しています。

  24. とよみ220v より:

    ほしこさんの体験談は、愛情いっぱいなのと、ユーモアがたっぷりで、読んでいて、ニコニコしてしまいます。
    でも、農薬は、こわいですね。

    栄養補強は、ペットにも効くので、大助かりです。
    我が家も、7年前のことですが、怪我をきっかけに、ハムスターに毎日チュアブルを1錠あげていました。すると3年も生き、老衰で死ぬ直前まで、ゲージの中を2階まで上がり、餌をむしゃむしゃ食べて、眠るように死んだのでした!

    実家の犬も、チュアブルのカラカラという音に、敏感で走ってきます。犬も体に良いのがわかるようで、大好物です。

    人間にもペットにも良いので、大助かりです。雅代さんお勧めの栄養補強は、さすが本物。本物は万能ですね。

  25. つきこ より:

    今年のお正月は帰省して姉(ほしこ)の家で過ごしたのですが、犬がぐったりしていてまともに散歩ができず、姪っ子達が協力してソリに犬を乗せ、雪の上をソリで引っ張る形で散歩に連れ出していました。まさに、お犬様状態です。腹水が溜まっているようで、もう長くはないかなぁと思っていましたが、横浜に戻って来て数日後、「もうダメかも知れない。」との連絡が入りました。ほとんど動くことがなくなり、排泄にも介護が必要な状態になったそうです。それでも、今も生きているんですよね、レオ君。8月22日のエゴスキュー青森体験会の為に帰省するので、久しぶりに会ってきたいと思います。

  26. 菊池みどり より:

    ほしこさん、いつもスンゴク可愛い、オリジナルの表現で、人々の心にほのぼのとした、ともし火をつけてくださり、有難うございます。

    ほしこさんは、前世でコメディアンだったのかな?と思うことが多々あります。さかた体操、バナナ斑点の肌、冥土の土産にケーキをガードに。。。などなど天才的ですよね。

    この表現力と発想方法が大好きです。レオ君の体験談の続きも楽しみにしています。

    うちも犬と猫にチュアブルをあげていますので、お陰様で元気一杯です。9歳になる猫のヨーダは、一度も病気したことがありません。(猫1匹は以前に老衰で亡くなりました。)

    生後半年ぐらいの子猫時代に虚勢手術をした時も、「麻酔をしたので、半日か1日ぐらい、ぐったりします」と獣医さんに言われたのに、家に戻って来て、箱から出したら、その瞬間飛び出して、元気もりもりで、何事もなったかのように、ジャンプしまくってました。

    動物も大切な家族ですから、元気でいてくれて有難いし、とっても助かりますよね。

  27. 菊池みどり より:

    かおるさん、好転反応、おめでとうございます!

    乾癬(せん)を改善する為に、良いことをどんどんとり入れられ、いつも前向きに前進してられる姿が素晴らしいなと感動しました。

    早く好転反応がおさまるよう、ヒーリングのエネルギーを送らせていただきます!

  28. 菊池みどり より:

    智子さんも、アトピーと主婦湿疹の好転反応、おめでとうございます!

    雅代メソッドのサポートスタッフからのアドバイスがあったと思いますが、お水をできるだけ沢山飲んでくださいね。(好転反応が出ている時は、1日4リットルぐらい。すると体内の毒が早く出てくれます。)

    その他、もし、サイキックのビルのリーディングがまだでしたら、是非、お勧めします。

    どうして病気になったかという理由を理解することができます。(過去世からの学びということがほとんどです。)

    以前のリウマチ感謝2号さんのリーディングの感想にも過去世からの学びが書いてありますので、まだでしたらお読みください。http://masayo-blog.com/archives/1619
    http://masayo-blog.com/archives/1620

    今日も、リウマチのkumako さんのリーディングの通訳をさせていただき、ビルから皆さんにも参考になる、素晴らしいアドバイスをもらいました。

    kumako さんが、ブログに書きますと言ってくださっていたので、私が書かせていただきます。(今ご実家で、パソコンが無いようなので。)

    以前、敦子さんが、ご主人の腰痛が、寝ている場所(布団)を1メートル動かした(これは、左右、上下などに動かすという意味)ら、何をやってもだめだった腰痛が治ったと書いてられました。

    やっぱり、kumako さんも今、寝ている場所のエネルギーが良くない(地中からのエネルギー)ので、布団を1メートル動かしてみて、熟睡できたり、体の調子が良いところで寝るようにしたら良いとアドバイスをされてました。

    ところが、kumako さんのお宅はマンションで、部屋があまり広くないので、布団を1メートル動かすことができないと聞いてみると、

    「頭のあたる部分から、お尻のあたりまで、布団の下に、アルミホイルを引いておくと地中からの悪いエネルギーを遮断できるよ」ということでした。

    雅代メソッドの方法を色々とやってみて、それでも効果が出ない方は、布団の位置を動かしたり、アルミホイルを下に引いたりしてみてください。

    ビルからのこのアドバイスは、またこちらのブログでご紹介するようにいたします。

    とにかく、アトピーと主婦湿疹に感謝して、前向きに、好転反応も楽しく乗り越えてくださいね。ヒーリングエネルギーをお送りさせていただきます。

  29. リウマチ感謝2号 より:

    我が家にもワン子が2匹います。今とところ元気で生命保険には入っていません。

    とはいえ、年は確実にとっていくのでワン子にも元気な老後を迎えさせてあげたいと・・とおもっていました。

    冥土の土産にガードを食べたレオくんの続きがとっても楽しみです。

    いよいよ、青森体験会ですね。
    会場のホームページも拝見したのですが、自然がいっぱいで、牧場体験とかもできるようで、エゴスキュー体験会に家族で参加して、牧場で遊んでかえるのもよいなぁ・・そして、住所に「おいらせ町」と書いてあったので、渓谷があって、自然豊かな場所で、ドライブもいいな??など、気持ちはいく氣満々なのでした。気持ちだけ参加します。

    *************************
    カオルさん

    自分が苦しくても、辛くても人に思いやりを表現できる
    カオルさん・・いつもスゴイ!と思っています。
    病気に対しても、諦めることなく、更なるホンモノを追及される姿にいつも勇気をもらっています。好転反応の嵐が去ったら、かおるさんの目の前にどんな、お日さまがのぼるのでしょうか??ますます楽しみです。
    早く快復されるよう祈っています♡

  30. やまさ より:

    ほしこさん、ユーモアたっぷりの体験談ありがとうございます。

    農薬の怖さを改めて痛感しました。
    近所の農家では、自分の所で食べる分と出荷して売り物にする分ときっちり分けて栽培するのが当たり前のようです。
    やはり売り物は、虫に食われたり形が悪いといけないので農薬を散布し、自分の分は無農薬で作る。

    人間もそうですが、動物にも影響は大きいですね。

    冥土の土産にケーキにガードを食べたレオ君の続きが楽しみです。

    去年、我が家のわんこも大病をしましたが、やはりはるかさんの体験談を思い出し、ガードを与えて元気になりました。
    体験談をシェアして頂くこと、シェアすることの大切さを実感します。

    ほしこさん&レオ君の体験談も今そしてこれから先、動物を飼われている方の勇気と希望になると思います。

  31. やまさ より:

    歌姫カオルさん

    全力投球のカオルさん、どんな時も素直で前向きな姿にいつも勇気をもらってます。

    そして、カオルさんは自分で調べて行動するスペシャリストでもありますよね。
    そんな姿が可愛くて、神様の応援態勢も常に万全のはず!

    確かヒールとメンドでの大きな好転反応は初めてですよね。
    おめでとう〜!!どんどん加速を増して良くなっていく姿が私もイメージできます。
    私もカオルさんにパワー送ります。

    又お会いして歌声を聞けるのを楽しみにしてますね。

  32. ミヤケン より:

    我が家も、犬を飼っていますので、このお話しの続きが大変気になります。うちは、ミニチュアダックスが2匹いますが、毎朝、チュアブルを食べさせています。そういえば、毎年夏場は、暑さのせいか、食事量が極端に減る犬達だったのですが、今年は、まったく、食欲が衰えず、元気いっぱい。皮膚病もし易く、年に数回は、病院に行ってた犬が、考えてみたら、今年は一回も行っていません。今気づいんですが、これは、すごい事ですね。チュアブル感謝!!

  33. てるよ より:

    わんちゃん達にも効果があるんですね。
     元気はつらつがいいですね!!
     我が家の次男は、夏休み中、学校の授業のストレスがないせいか、それとも少しずつの栄養補強のせいか、、言うことがはっきりしてきました。自己主張はするほうでしたが、言い方がしっかりしてきました。勉強はさっぱりは相変わらずですが、日常生活の手伝い、段取り、時間を見ながら行動するということができています。
      自分のペースをキープしながら、相手にあわせること。これもぼんやりしていたのが、しっかりと。本来の性格が顔を出し始めている感じです。

  34. さとみワトソン より:

    ほしこさん、体験興味深い体験談のシェアをありがとうございます。我が家にも9歳になる雑種犬がおりますが、ペットも家族の一員ですから、常日頃の健康管理は大事だと思います。うちもチュアブルをあげていますが、おかげさまで医者知らずで、元気に過ごしています。この2週間の日本滞在中は、アメリカの友人の子供達に面倒をみてもらっています。メールが来ましたが、とてもよい子にしているそうです。あさって、アメリカに戻って久々に会えるのが今から待ち遠しいです。

  35. だいすけ@福岡 より:

    ほしこさん、体験談ありがとうございます!
    農薬は生物に悪影響を及ぼすのですね。
    死にかけていた犬がどうなった気になります。
    続きを楽しみにしています!

  36. MIZUNO より:

    ほしこさん、愛犬の体験談をありがとうございます。

    農薬が風に吹かれて飛んで来て、犬の飲み水に溜まるなんて、農薬の恐さを考えてしまいますね。

    “冥土の土産”のケーキと抗酸化物の「ガード」を食べた愛犬がどんな復活をしたのか。
    明日の続きをとっても楽しみにしています。

  37. なつめ より:

    うちでも犬を飼っていますが、ほしこさんのわんちゃんと名前も同じなので余計に親近感がわき、とても興味深く読みました。除草剤は意外に身近でも使われているのかもしれませんね。恐ろしいことだと思います。
    コメントを読んでいると、たくさんの方がガードやチュアブルをペットに食べさせているので、ぜひ参考にしようと思います。今はまだ若くて元気な犬ですが、やがて年をとって弱る時が来ると思うと寂しいし、いつまでも元気でいてほしいですから。
    ガード入りケーキを食べたレオ君がどうなったのか、この続きも楽しみです。

  38. 宮兄 より:

    ほしこさん、興味深い体験談を有難うございます。「冥土の土産」と言う表現、ほしこさんらしいですね。(笑)
    続きがとても気になります。

    そう言えば、7~8前、ペット保険の仕事をお手伝いしていた事があるんですが、実は、先進国と呼ばれてる国でペット保険がなかったのは、日本だけだったんですよねぇ。(金融庁から、ペットに対する保険の認可が初めておりたのが、3~4年前だったと思います。)
    と言うのも、日本でのペットの位置づけは、飼ってあげる動物であり、海外のように「家族」と言う立場ではなかったようです。それ故、保険金の為にペットを殺してしまう人が出たりして、ペット保険が成り立たなかったそうです。
    今では、金融庁も認めざるをえないほど、日本人のペットに対する意識が完全に変わったと思います。たまに、とても過保護の方も見受けられますが…^^

    歌姫カオルさん
    いつも笑顔のカオルさん、文章からも読み取れる、その前向きな強さがとても素敵です。見習うと共に、微力ではありますが応援してます。

  39. Tom より:

    ほしこさん、愛犬の体験談ありがとうございます。ガードを食べた後どうなったのか!?とっても気になります!
    それにしても、農薬を知らないうちに取り込んでしまっているなんて、怖い話ですね。

  40. ほしこさん、
    「犬貧乏」になるなで看病為さったり、保健所行きの犬を
    引き取ったりと、ペット、いえ、家族の一員の為に愛情一杯に
    接するほしこさん、本当にお優しい方ですね。
    農薬散布の被害や西洋医療の苦しみを伴う延命治療についてと
    考えさせられました。
    14才の犬と言えば人間ではかなりの高齢だと思いますが、瀕死の状態
    からチュアブルでどの様になったのか?続きを楽しみにしています。

    私事ですが昨夜、主人の実家への帰省から帰宅しました。
    留守中見られなかった雅代さんのブログを読めるのを楽しみに
    しています。
    帰省中、股関節に痛みがある義母(娘にとっては父方の祖母)に
    娘は先日のエゴスキューのセミナーで習った事を自ら熱心に教えて
    いました。雅代さん始めスタッフの皆さんの熱意が娘にもしっかりと
    伝わった様で嬉しく思います。歩くのが辛いと言っていた義母も
    エゴスキューのお蔭で孫との外出が苦にならなくなったと喜んで
    いました。祖母に喜ばれ孫の娘も嬉しそうでした。
    此の微笑ましい一時も雅代さんのお蔭です。
    どうも有り難うございます!

  41. 敦子 より:

    ほしこさん体験談ありがとうございます。うちにも10歳の
    雌犬がいますが、家族の一員ですから、いつか別れがくるであろう恐れは、飼っている人は常にもっているでしょう。我が家に飼われてうれしかったと思ってもらえるように、毎日コンタクトをとっています。ガードの威力はすごいですね。心強くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!