国際電話セミナー「雅代人生道場」の健康・人生相談の予告(3)


一昨日、昨日と、3月6日(金)に開催の電話セミナー「雅代人生道場」
寄せられた健康・人生相談や質問をご紹介してきました。

さすがに「人生道場」というだけあって、単なる「質問と回答」に留まらず、質問・相談
内容を読んで、分析して、その背景にみえる、投稿者の生き方や表現方法なども学べる
ようになっています。

皆さんの様々なコメントからも、沢山のことを学べますね。

さて、今日は、「人生道場」の健康・人生相談の予告の最終日です。

東京の小林大介さんから、とても興味深い質問を沢山いただきました。

凄くいい質問ばかりなので、全部まとめてご紹介します。
(担当:さとみワトソン)

【質問 8】

今後の人生の方向性について

現在35歳ですが、今後何をやって生きていくのか考えています。

今考えているのは地球環境の保全活動です。

地球の環境破壊がかなり急激に進んでおり、このままの状態では遠からず人間が住めなく
なる日がやってくると言われておりますが、放置しないために自らが環境破壊の実態を
把握し、これ以上進行しないようにするためにはどうすればよいかを考え、活動したいと
思っております。

環境保全をするには人口問題、貧困問題、紛争問題なども一緒に対処していく必要がある
と思いますが、そのような問題も一緒に支援することを一生の仕事をしたいと思って
おります。

反面、資金の問題もそれと同じく非常に重要で、またお金がないと生活維持すら
ままならないため、いずれは自分で環境ビジネスを立ち上げようと考えてます。

雅代さんはどのようにお感じになりますでしょうか?

【質問 9】

海外留学について
 
私は今年の(早ければ)6月から海外へ1年間留学を計画しておりますが、高額な費用が
かかること、家族を日本へおいていくことが気になっております。

しかし、教育にお金をかけることは、後々のことを考えると、ものを買ったりするよりも
自分や家族にとって重要な投資になると思うので是非計画を実行したいと考えて
おります。

周囲には否定的な意見が結構多いですが、そのような人たちの意見(私の親を含め特に
私の目上の方々に多いです)をどのように扱えばよいでしょうか?

【質問 10】

健康について 
 
私は以前から無呼吸症候群の軽度の症状があり、先日妻から「いびきがうるさくて
眠れない」と指摘され、病院で検査を受けてきました。

結果は「心臓の不整脈がある。

ただし今のところはそんなに心配する必要はない」と診断されました。

私自身心臓が悪いと今まで言われたことがなく、2年半前も同じ検査を受けましたが
その時は問題ありませんでした。

また、親戚にも心臓に疾患を抱えた方いないため遺伝ではないと思います。

結果を聞いてかなりショックで、原因を考えましたが、思い当たるのはストレスぐらい
です。

今後どのようなことに気をつければよろしいでしょうか?

【質問 11】

子育てについて
 
最近夫婦間で子育ての意見が合わずもめることが多くなっております。

現在夫婦共働きです。

最近妻は車で15分ほど離れた妻の実家で過ごす時間が多く、週の半分くらいはそちらで
寝泊りしている状態です。

実家には妻の母(義母)のみで、子供は実家に近い保育所に預け、送り迎えを義母がして
おります。
(当初、自宅近くの保育所、もしくは妻が専業主婦になって日中子供の面倒を見る案も
出しましたが、妻の強い希望でこうなりました。)

妻の帰宅ルートは実家に寄って子供を連れてから私と住む自宅へ車で戻るのですが、
「疲れた」だの「風邪ひいた」だの理由をつけて実家にそのまま泊まることが週の半分
くらいあり、私が子どもとまともに触れ合うのは週末の夜くらいです。

それについて義母は一人暮らしで孫がかわいいこともあり、妻に「自宅に戻りなさい」
とは一言も言いません。

現在子供は1歳7か月ですが、この時期子供にとって、たとえ一日10分でも父親と
触れあうことは非常に重要だと思いますが、私から義母にも注意した方がよろしいで
しょうか?

妻には何度も言っておりますが効き目がなく、母娘でお互い親離れ、子離れができて
いないように感じて仕方がありません。

また、上記の海外留学に際して、「家族を日本へおいていく(一人で行く)」と
書きましたが、本当は家族で行きたいのですが、妻いわく「実家の母を一人で残して
おけない」と言って私一人で行く方向になっております。

妻にとって実家の母が中心になっており、それが一番気がかりです。 
(小林大介さん)

***********************

今回、時間が無いので、雅代さんが、大介さんからの全ての質問に答えることが
できませんが、皆さんならどう答えますか? 

コメント欄に、自由に意見を書いてみてください。  

Daisuke Kobayashi and Masayo-san
写真:2006年9月の東京講演会にて。
雅代さんと小林大介さん。
大介さんは、雅代さんのお勧めの方法を、素直に実践。
その結果、長年の痔、胃腸虚弱、鼻炎アレルギーを克服!

また、雅代さんの「幸運へのダイナマイト」にある、ご主人のロブさんとビデオの
お見合いで出会ったというのに刺激を受け、諦めずに何度もお見合いをした末、素敵な
女性と出会い、結婚でき、可愛く、健康なお嬢さんにも恵まれ、どんどん幸運体質に
なって、新たなチャレンジに向かってられます。

雅代さんとビルの大変貴重な回答とアドバイスは電話セミナーでのみ公開します!

絶対に聞き逃せない、ライブで体験できる人生勉強の大チャンス!

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in ビル・モンロー(サイキック), 健康体験談, 元気・強運クラブ, 充電会のお知らせ・報告, 幸運・強運・人生好転, 心・魂の栄養, 痔(痔ろう、いぼ痔、きれ痔、その他), 精神・魂, 胃腸, . Bookmark the permalink.

27 件のコメントがあります。 国際電話セミナー「雅代人生道場」の健康・人生相談の予告(3)

  1. ミカ より:

    小林さん、奥様は小林さんのこれから歩みたい人生について、理解してもらえているのでしょうか?小林さんの夢はすごくすばらしいと思います。いろいろ頑張って思い詰めていることが、体に影響されているのではないかと感じてしまいました。私自身をふりかえれば、夫婦間のコミュニケーションもそんなにうまくいってないし、夫婦共々精神的に子どもなので、我が子はさぞかし苦労しているだろうと日々感じています。自分のことは余りよく見えないのに、こうしていろいな方の相談を読むと、「こうなんじゃないかな」と客観的になれる自分が不思議です。とても大事な勉強をさせてもらっていると感じています。今回のセミナーがとても楽しみになってきました。ありがとうございます。
    *くみさんへ
    とてもやさしいコメントをいただき、感激しています。くみさんのひとことで、自分は一人じゃないんだとすごく勇気づけられました。私の相談なんて「甘い!」と怒られてしまうんじゃないかと勝手に思いこんでいたのです。コメントしてくださる皆さんは経験豊富なすばらしい仲間だと思えるようになりました。これからもよろしくお願いいたします。

  2. 真美子☆ より:

    質問9と質問11について思うことを書かせていただきます。

    「教育にお金をかけることは、後々のことを考えると、ものを買ったりするよりも自分や家族にとって重要な投資になる」

    とお考えのようですが、確かに「重要な投資支出」であることは間違いありません。もっと重要なのは、自分はともかくご家族にとっても、その投資からリターンを得られるか否かではないでしょうか。投資から得られるリターンは不確実です。留学がその後の大介さんのお仕事や収入につながらなくても、大介さんは留学そのものから何らかのリターンを得るかもしれません。では、奥様やお子様はどのような投資リターンを得るのでしょうか?

    ところで、私の夫が留学した大学は毎年400万円近くの授業料で、家賃は毎月15万円ほどでした。学位をとるために6年かかりました。ただし、夫は奨学金を得て留学しましたので、授業料や家賃はかろうじでカバーされました。大介さんも金額を具体的に書いてください。日本の国立大学授業料の約60万円ほどか、アメリカの私立大学の約400万円ほどか、家賃や健康保険にいくらかかるのか、そして、その投資支出から得られるリターンは何なのか。投資だとおっしゃるなら、投資金額とリターン、リスクを提示するべきです。リターンもリスクもはっきりしない投資に対して、コメントはできませんし、ましてや支持もできません。

    「上記の海外留学に際して、「家族を日本へおいていく(一人で行く)」と書きましたが、本当は家族で行きたいのですが、妻いわく「実家の母を一人で残しておけない」と言って私一人で行く方向になっております。妻にとって実家の母が中心になっており、」

    だそうですが、奥様にとってお母様が中心になっているとは別に思いません。お母様のことをひとつの理由にしているだけで、他にも言葉にしにくい理由があるのかもしれません。それに子育てには大介さんよりお母様が不可欠になっているのでしょう。海外に一緒に行けば、お母様以上に奥様の助けになる自信がありますか?私は大学院生なのでわかりますが、勉強するのは学校にいる間だけではありません。宿題やテスト勉強は思ったより時間がとられます。外国語で書く場合はなおさらです。家で奥様に、お子さんを静かにさせるよう絶対にお願いしない自信はありますか?

    ところで、奥様にとって大介さんの海外留学についていくメリットはなんですか?

    海外留学についていく場合、奥様の今のお仕事、キャリアはどうなるのでしょうか。なぜ奥様は専業主婦になりたくなかったのでしょうか。海外で奥様も何らかのキャリアアップにつながる活動ができたらいいかもしれません。それなら、その手続きをとってください。奥様も留学されたりインターンをしたりするなど可能でしょう。それなら行き先の決定とビザや保険などの手続きを済ませ、奥様がそのような活動ができるように現地での保育園やベビーシッターの確保し、そのためのお金を準備してください。さらに1年後、帰国されたときの奥様の職場復帰も確約する必要があるでしょう。ちなみに夫の留学先のニューヨークで日本レベルの保育サービスを受けるなら、1年前からの予約で、保育園料は毎月10万円でした。ベビーシッターは現地に留学している日本人学生などを利用すれば、1時間1000円以下です。とにかく予算の裏づけのないマニフェストは、実行の可能性が乏しいですから、奥様が納得すると期待するべきではないでしょう。

    「この時期子供にとって、たとえ一日10分でも父親と触れあることは非常に重要だ」

    それなら、あなたも奥様のご実家に泊まればいいのです。海外留学なんてもってのほかです。子どもと父親のふれあい時間云々じゃなくて、奥様がご実家で過ごしすぎることのほうが不満なのではないですか。それなら大介さんは奥様のために何をなさっているのでしょうか。奥様のお仕事に不可欠な保育園の送り迎えに役に立っているのですか。自宅近くの保育園だったら、大介さんが送り迎えをできるのですか。文章からの推測ですが、おふたりのお仕事の都合上、保育園の送り迎えができるのは奥様のお母様だけのようです。それならお母様にとって都合のよい保育園にしようと奥様がお考えになるのは当然です。自宅に帰ってきて欲しいなら、大介さんが奥様の実家にお迎えに行って、奥様に「帰ってきて良かった」と思わせるような何かをしたのでしょうか。

    とても長くなり申し訳ございません。夢のないネガティブなコメントになったかもしれません。でも、全体的に奥様に対する配慮があまり感じられませんでしたので、思うことを正直に書かせていただきました。

  3. アメジスト より:

    三日間にわたっていろいろな方の様々な質問をよませていただきましたが、雅代さんやビルさんに聞きたいことを、きちんとまとめて文章にして発信するというアクションを起こされたことが、素晴らしいと思いました。そんな質問の数々に答えることは、まさに疑似体験であり、自分を映し出す鏡であり、大変勉強になりました。あらためてこの場を設けてくださった雅代さんと質問者の皆さんに感謝します。

    大介さんの質問に対して・・・・
    8の答えというか感想
    壮大なスケールで物事を捉えていてすごい!と思いました。
    ちょっと今は答えが浮かびません。
    9から11の答え
    全体を通して浮かび上がってきたのは、奥様と大介さんとの関係性が希薄なのではないかということです。大介さんにも大きな夢があるように、きっと奥様の頭の中にも何かビジョンがあるのかもしれません。一度お二人でとことん話し合う機会を設けた方が良いと思います。お互いに何を必要としているのか、現状はどうなのか、お互いの夢や目標を達成するためには、パートナーとしてどういった形で応援やサポートが出来るのかなど・・・。それぞれがやりたいことをやるのは良いのですが、自分の事しか頭になくなってしまうと、家庭とのバランスがとれなくなってしまいます。(我が家では経験ありです。)

    問題が積み重なっているように見えますが、今こそ、大介さん一家が本当の家族になれるチャンスのように感じられます。ぶつかり合う事もあるでしょうが、それを乗り越えて、お互いがお互いにとっての最強の応援団になれることを私も応援しています。
    そこをクリア出来たら、ストレスも奥さんが実家に入り浸ってしまう事もなくなってくると思います。そんな家庭の様子を見て、周囲の人たちも安心して海外留学も良い形で行けるようになれればいいですね。親御さんや目上の人たちは留学うんぬんだけではなくて、今の大介さん一家の様子を危なっかしく思って否定的なことを言っているかもしれません。

    さんさん、息子さんの大活躍ぶりを嬉しく読ませていただきました。小学生版甲子園出場、おめでとうございます!

  4. くみ より:

    質問8について、
    とてもスケールが大きく素晴らしいことですね。世界中の人達一人ひとりが環境問題を徹底して意識した生活をすればビジネスという考え方はなくなるのかなと思いますが、今の時世ではビジネス化してでも環境を守らなければならない時代になったんだなと切々に感じます。
    大介さんの今のお仕事、お立場を理解していないの意見しづらいのですが、現在そういった環境に関連するような事をボランティア等でされているとか、近いところにいらっしゃって、それをビジネスとして展開して行こうと考えてあるのであれば難しいことではなく、大変素晴らしいことだと思います。

    質問9について
    留学のことは、真美子☆さんの意見に同感です。ご主人が実際に留学されているのでリアルに体験を聞くことができました。もう目前のことのようですが、費用の問題、家族の事、留学後のことなど具体的に計画してある前提だったら大介さんの周りの方は気持ちよく「いってらっしゃい。」と言って下さると思います。

    質問10について
    無呼吸症候群の医学的なところはあまり詳しくないのですが体重増加の問題があると聞いたことがあります。最近太られたとか?
    そうでなければ大介さんが感じておられるようにやはりストレスなのでしょうか。留学のことや子育て、ご家庭のことなどが原因なのかな?と感じました。

    質問11について
    義理のお母様と同居される事が一番だと感じました。
    大介さんも奥様もお仕事されているので、帰ってから大介さんがかなり育児に協力的でない限り。奥様としては大介さん以上に育児に協力してくださるお母様と一緒に居るほうが楽なのではないでしょうか。
    大介さんがお子さんのお迎えは無理にしても、そのほかの部分で毎日子育てに協力され、奥様の家事も軽減されることになれば、奥様も毎日うれしくって家へ帰ってこられるのではないですか。

    3日間に渡りありがとうございます。
    大介さんの質問を通して、自分のことだけではなく、相手(家族や周りの環境)の立場を少しでも冷静に考える事が出来ました。いざ自分の事になると、利己主義になりがちなので大変勉強になります。

  5. リウマチ感謝2号 より:

    もしも、私の夫がだいすけさんなら、絶対について行きたいので、どうしたら着いていって、新天地で生活できるか?また、どういう機関からヘルプをもらえるのか??いろいろ調べまくると思います。子供がいても連れていきます。きっと・・・

    それにしても、壮大なスケールの夢に圧倒されてしまいました。環境を学ばれるということは、留学先はドイツでしょうか(環境国家=ドイツというイメージがあります。)家族でとなると、まず経済的な問題がかなりありますよね。渡航するだけでもかなりの費用がかかりますし、英語圏でない場合は言葉の壁がはばかり、知らない国での育児や通じない言葉の壁で奥様はヘトヘトになられるのではないかと思いました。
    奥様にとっては環境にはそんなに興味はないし、外国にも興味がなければ、なおさらだいすけさんのスケールのでっかい夢は「何いっての?まだまだ手のかかる子供がいるのに・・・しかも、1年後の生活どうすんの?」となるのも無理はないのかもしれません。

    もっと奥様といろいろお話をされてみてはどうですか?奥様にも行くことができない事情もあるのかもしれませんし、実は行ってみたいけれど不安だから行かないのかもしれません。その話し合いの材料として、行かれる国や年にはそこにながーく暮らしておられる方たちの日本人会というのがあります。そういう人たちのアドバイス(子育て環境やお国事情)をしてもらうのも良いかと思います。

    私はデンマークに一人で行ったときに自力でホームーステイ先を探したのですが、そのときはデンマーク日本人会のHPの掲示板に「デンマーク在住の日本人の方でホームステイーを受け入れてくださる方がおられましたらご連絡ください」と打ち込むと、連絡をしてくださる方がおられ、2泊ほどとめてもらえました。いろんなところにアクションを起こして情報収集をもっとしてみたら、何かもっとよい案がみつかると思いますよ。

    もし、奥さんや子供さんを置いていかれることになったら、そのときは義理お母様との同居もありだと思います。

    ☆3日間みなさんの質問を通して、まだまだ自分に経験のしたことない悩みばかりでしたが、相手の立場になって考える練習をする機会と皆さんの意見を聞く中で視野が広げることができたことに感謝しています。ありがとうございます。6日の人生道場楽しみにしています。どうぞよろしくおねがいします。

  6. くみ より:

    ☆さんさん
    ご長男さん、スタメンで「3番 キャッチャー」、カッコイイですね。
    >エゴスキューを充分にこなした日の試合は必ず5割以上打ちます。投球コントロールも全然いいです。
    また、エゴスキューの凄さを実感する体験談ありがとうございます。

  7. mika より:

    本当に大介さんの夢はスケールが大きくて素晴らしい!と思いました。環境問題など分かっているつもりでいてもそこまでたどり着かず、大介さんのように情熱を持って真剣に取り組もう!としている方は、尊敬してしまいます。

    私も、約1年半程スイスに滞在したことがありましたので、特に大介さんのように大きな夢を掲げられて海外で学んでみたい!と思う気持ちはとてもよく分かります。

    私の場合は、自分で好んで行き本当にワクワクして日本では経験できないことも多々学べる機会もあるだろうし...ととにかく希望、ワクワクに満ちた気持ちで日本を後にしました。
    しかし、そんな私でも一時は「日本語以外は聞きたくない!」と思うほど、どうにもきつい時期があり、日本人と話したい!
    なんて思った時期がありました。

    ですから、もしご家族と行きたいというのならば、奥様が望んでいくのでないならなおさら、、まず言葉の壁。そして、その中で子育てをしていかなくてはならない大変さ、環境の大きな違い、考え方の違い...などがあることもきちんと話し合い、大介さんの留学してまで達成したいことを詳しく話し合ってみたらいかがでしょうか。
    しかし、その海外生活という、異国での生活を乗り越えられたら家族の絆は一段と深まる気がします。

    奥様の本当に行きたくない理由が、ただ、単に「外国」と聞いていろいろ大変だから嫌だ、と思われるのか他に理由があるのか、きちんともう一度コミュニケーションをとられるといいかな、と思いました。

    この3日間本当にとてもいい勉強をさせていただきました。
    そして、皆さんのコメントも大変勉強になりこんな考え方もあるのだな、と教えていただきました。
    ありがとうございました!

    ****************************
    いよいよ引越しです。
    なんと、電話が今月中旬ごろまで工事が間に合わない関係で使えないようです。ということは、パソコンも見られないのです。
    6日の日もとってもとっても楽しみにしていたのです。。。
    かなり残念ですが、また中旬から参加しますのでよろしくお願いします。

  8. 小林大介さん、とても興味深い質問ありがとうございます!
    自分も環境に興味がありますので、
    質問8について書いてみます。

    まず、環境に関してですが、↓のサイトは参考になるかもしれません。
    「市民のための環境学講座」
    http://www.yasuienv.net/

    また、スピリチュアルな観点から環境問題を解説した
    素晴らしい本があります。↓
    「神との対話②(ニール・ドナルド・ウォルシュ著)」

    大介さん(同じ「ダイスケ」ですね)の仰るとおり、
    環境問題は深刻です。
    今すぐにでも、手を付けないといけない問題がたくさんありますね。

    環境ビジネスも一つの方法だと思いますし、
    国際機関やNGO等も選択肢の一つだと思います。

    >ミカさん
     今子育てをしている世代の方も、人生を模索している段階だと思います。
     ですので、おじいちゃん、おばあちゃんなど人生経験豊富な人に助けて
     もらったりアドバイスしてもらうと良いと思います。
     子育てをみんなでサポートできる社会を作りたいですね。

     また、質問はどんどんしてよいと思いますよ。
     質問することは、人間の進化向上のための方法の一つです☆

  9. nakamura-akemi より:

    大介さんの環境保全などを考えてられることや
    もっと学びたいという留学を考えてられる姿勢は
    素晴らしいと思います。夢をえがかれ、行動を
    起こそうとされるのは前向きな証拠だと思います。
    ただ奥様とすれ違いというか、会話がないために
    夫婦お二人の気持ちの方向の向きが違っているん
    ですね。皆さんものべられているように奥様に
    求めすぎなのでは?と相手に求めるだけで自分は
    どれだけ相手を思って行動しているのか?と感じ
    ます。自分の思いばかりを言ったり相手を責めても
    何もプラスになることはないと思います。今の
    大介さんご夫婦はそうなのでは?と感じます。
    奥様ともっとお話をされることを希望します。
    夫婦でも育った環境も違うのだから、意見が食い
    違っても当然だから、相手を思いやる気持ちで
    話し合ってみてはいかがですか?大丈夫ですよ!!
    雅代さんのご意見を聞かせていただくのを楽しみに
    しています。

  10. つきこ より:

    大介さん、考えさせられる質問をありがとうございます。全体的な印象としては、大介さんの夢と奥様との間にズレがあるような気がしました。1歳7ヶ月のお子さんなら、まだまだこれからが手がかかる時期だと思います。奥様にとって初めての子育てですし、働いているともなれば、協力者は必要でしょう。それを親離れ子離れしていないとバッサリ切り捨ててしまっては、奥様は誰に悩みを打ち明ければよいのでしょう?そこに思いやりはありますか?夫婦はいつも同じスピードで成長していくわけではありません。夫婦で一緒に暮らしていきたいのであれば、相応の努力は必要だと思います。雅代メソッドで出会われたお二人なのですから、是非、相手を責めることなく、本音で話し合ってみてはいかがでしょうか?

    それから、「不整脈」ですが、健康な人でも睡眠不足だったり、ストレスを抱えていたり、疲れていたりすると一過性に出る不整脈もあります。この場合、ゆっくり休むなどすれば不整脈は消失します。睡眠時無呼吸があるのでしたら、まずは減量すること、口や顎周辺の筋肉を鍛えてして舌根沈下にならないようにして睡眠の質を高めること、そして思い当たるストレスを解消されてはいかがでしょうか。

    雅代さん&ビルさんの回答を楽しみにしています。

  11. モフワ より:

    大介さんが取り組もうとしている地球問題はとても壮大で 志は素晴らしいと思います 質問を読んだ限りではまだ漠然としているようですが 勉強されれば何をなすべきか見えてくると思います
    ただ全ての質問を読ませてもらって感じるのは 一人で人生を送っているように思えます まず人生のパートナーである奥さんと上手くコミュニケーション出来ていれば今の問題は問題でなくなると思います
    いびきは舌の筋肉(ノドの筋肉)を鍛えると寝た時に舌が落ちて気道を塞がなくなり 改善されるそうですよ (舌をベェーって思いっきりだしたり ねじったりする)
    ここが頑張り時って感じだね まずは大介さんにとってかけがえのない家族問題の解決を。

  12. うさこ より:

    何年か前に雅代さんのセミナーで、大介さんと隣の席になってお話したことがあります。

    その時から海外留学の夢を持っていて、今回実現されるとのこと。きっととても努力されたのでしょう。
    おめでとうございます!

    ただ、今のご家族との関係を考えると、もっと奥様とお話したほうがよいと思いました。

    私は以前ビルさんのリーディングを受けた際、結婚生活をよりよくするには、
    「コミュニケーションをとることだよ」と教えていただきました。

    ご家族と一緒に行く、行かないどちらになっても、
    理解し合えるようになればいいなと思います。

  13. ボンド より:

    質問8について
    環境保全 人類にとって大変な問題ですね。
    環境問題を考える前に 環境を作っているのは私達一人ひとりだということを忘れてはいけないと思います。環境問題は「こと」ではないと思います。
    自分が当たり前のように行っていること 自らが持っている価値観がどのようなものか 自分の内側を知ることも大切ではないでしょうか。
    どんな「願い」を持って環境ビジネスを始めようとされているのでしょうか。
    一番身近かな家族 家庭のことが環境問題その一 だと私は思っています。「苦しくても 幸せ」こんな価値観を持つことができれば地球環境はいい方向に向かうと思いますが いかがですか。
    大介さんはどのような家庭を築きたいですか。出来る出来ないを横に置いて 奥さんと話し合ってみてはいかがでしょう。そうすればお互いの違いが見えてくると思います。その違いを認め合うことから素晴らしい家庭になって行くと思いますよ。

    大介さんが確かな願いを持って環境問題に立ち向かわれる時を心待ちにしています。
      

  14. 真美子☆ より:

    2回目の投稿です。皆さんの質問やコメントを読むことが本当に自分の成長につながります。学びの機会に感謝です。

    皆さんのコメントからは、奥様と話し合いやコミュニケーションをもっとしたらいかがか、との意見がたくさん見られます。その通りだと思います。しかし、その方法は簡単ではないだろうな、という気配が大介さんの文章からうかがえます。

    奥さまの意見や思いを、ひたすら聞いてあげましたか?それを完全に受け入れてあげましたか?奥様のお話に対して、「でも」とか「しかし」という否定の言葉を使ったり、「子どものためには・・・するべきだ」「家族のためには・・・したほうがいいだろう」と、正論をかざして非難したりしませんでしたか?また日頃から奥様に対して、働かせてやっている、実家に泊まるなどのわがままを許してやっている、などの傲慢な態度はないですか?

    私にとっても夫とのコミュニケーションの方法はとっても学ばなくてはならないところで、ぜひ皆さんのアドバイスをうかがいたいです。

  15. あやこん より:

    大介さんの志は素晴らしいと思います。

    >家族を日本へおいていくことが気になっております
    気になっている理由は、家族のためですか?それとも自分のためですか?(自分が家族と一緒にいたいからではないですか?)
    >この時期子供にとって、たとえ一日10分でも父親と触れあることは非常に重要だと思いますが、私から義母にも注意した方がよろしいでしょうか?

    お子さんのためでもありますが、だいすけさんも子供に会いたいのだと思います。もちろん、それは当然の気持ちです。

    でしたら、だいすけさんが子供に会いに行けばいいのではないでしょうか?べつに会わせてくれない訳ではないのですから、会いに行けばいいのです。

    大介さんのことを思って言うのですが、お母様に注意するのは止めるべきだと思います。
    奥様が実家に泊まるのは、多分・・・実家の方が安らげるからです。
    ということは、注意なんてしたら、ますます帰るのが嫌になってしまいますよ。帰ってきて欲しいのなら、帰ってきたくなる家にすることです。

    なんだか、厳しいことばかり言ってしまってごめんなさい。
    でも、このように正直に悩んでいることを相談できる大介さんには幸せになって欲しいのです。

    人は自分の鏡です☆
    自分がないがしろにされているように感じたら、自分も相手をないがしろにしている可能性があります。

    自分の悩みを鏡にして自分自身に問いかけてみてください。
    例えば・・・[質問8]人生の方向性について
    大介さんは、奥様の今後の人生の方向性をよく理解されていますか?奥様はどのような人生を送りたいと思われているのでしょうか?

  16. てんこ より:

    とても大きな夢に向かって進まれているんですね。素晴しいと思います。
    大介さんは留学でキャリアアップしたい、と考えてのことだと思いますが、奥様のキャリアアップは留学することでは叶わないのかもしれません。大介さんに同行するだけならリウマチ感謝2号さんのように、高いモチベーションや、楽しもう思う気持ちがないと大変に感じられるだけだと思います。
    長い目で見て、これからの家族のこと、子育てのことを話し合われてみるのも大事ではないでしょうか?

  17. リウマチ感謝2号 より:

    2回目の投稿です。

    正直夫婦の問題はよくわかりません。しかし、皆さん意見を読み人生の擬似体験をさせていただいています。ありがとうございます。

    私ができるアドバイスがもうひとつだけあります。
    それビルさんのリーディングを受けられることです、以前雅代さんにアドバイスをいただいたのですが、「特に大きな行動を起こすときにはやはり時期というものがあるよ。行動を起こす前にビルのリーディングを受けるといいよ」というものでした、もしかしたら、解決の糸口が見えてくるかもしれませんし、もしかしたら、今は留学される時期ではなく、きちんと家族の絆を深める時期なのかも?しれません。そういう課題が天から与えられているのかもしれません。ビルさんの意見を指針に行動を起こすと一気に解決するような気がします。

    だいすけさん、もっと奥さんに感謝の気持ちを表現されてみては?たとえば、いくら毎日遅くてもお風呂と晩の茶碗洗いは必ずする」とかほんの少しでいいので、お手伝いをされてみると奥様もとってもうれしくなり、大介さんのことを改めて好きになり、もっとだいすけさんのことをしりたくなるのでは??

    予断ですが、日本人の4割くらいの夫婦は妻から言わせれば、子供ができたら”夫への愛は冷める”という、なんともいえないデーターがあるそうですよ。奥様は今その4割の中に足をつかんでいらっしゃるのでは???だいすけさんもですが、奥様のことも、助けてあげたくなりました。

  18. 大介さんの夢の地球環境保全活動、素晴らしいですね!
    先祖から引き継いだ自然環境を次世代、後世に良い状態で引き渡したい
    ですよね。
    大介さんの背景がよく解らないので言い難いのですが、では、資源ゴミ
    の分別、地域のリサイクル、ゴミ拾い活動などに日頃からご自身で取り
    組まれていますか?ご家族帯同でなく、大介さんお一人での海外留学にも周囲の方が反対為さる理由を、夢を語るだけでなく、論破出来
    うる何か確たる実績をお持ちでしょうか?
    周囲の方は大介さんの夢が大風呂敷を拡げているだけの様に思えて
    危なっかしく思っているのではないでしょうか?
    周囲の方が単なるドリームスチーマーなのか、大介さんのことを
    心配なさって親身にアドヴァイスとして仰っているのか?
    今一度考えてみて下さい。

    それから奥様とのことですが、文面から大介さんの家族は奥様とお子
    さんだけを意味する様に受け取れるのがとても氣になりました。
    奥様にとっては大介さんやお子さんは勿論、お母様も大切な家族
    です。お子さんが生まれ、初めて育児の大変さを身をもって知った
    今はお母様への感謝の思い、愛情も一段と増したことと思います。
    ましてお一人暮らしのお母様のことを案じて氣に掛けるのは当然です。
    仕事に家事に慣れない育児に、奥様にとってお母様は、育児について
    の先輩で良き相談相手であり、奥様が育児をし乍ら仕事をする良き
    理解者で有り、大切な欠くことの出来ない支援者でもあるのでは
    ないでしょうか?
    大介さんは家事、育児を積極的に分担または手伝っていますか?

    >母娘でお互い親離れ、子離れができていない
    >妻にとって実家の母が中心になっており、それが一番気がかり 
    恋愛は当事者だけの問題ですが結婚はお互いの家族をそれぞれ自分の家族とすることだと思います。奥様は母親思いの心優しい方だと
    思います。
    奥様に一方的に理解を求めるだけでなく、奥様の求めていることへも
    耳を傾けて下さい。

    育児についてですが在る男性がこんなことを仰っていました。
    『専門家として育児や教育の仕方を妻にあれこれと意見していた時は、
    「じゃあ、貴方がやってみなさい!」と反論され、喧嘩ばかりしていた。
    だが或る日育児に疲れている妻を見て「正論をいくら言ってもダメ
    なんだ」と氣付いた。それからは帰宅後、妻から機関銃の様に発せられる
    愚痴に、ただひたすら耳を傾け聞き役に徹し、相談相手になり、
    「大変だったね。よく頑張ったね。子供達や家のことをいつも
    頑張ってやってくれてどうも有り難う。」
    と労って感謝の言葉を述べ、週に三日は奥様の肩もみやマッサージを
    するようにした。そうしたら夫婦仲も良くなった。母親の気持ちが
    安定することで子供達をガミガミ叱ることが減って子供が明るくなった。
    家庭や子供を明るくするには、先ず奥さんを明るくすることだと
    氣付いた。」

    栄養補強を始めようとした時、シスターズの登代美さんから
    「お子さんを元気にしようと思ったら先ずお母さんから!」
    と、アドヴァイスを頂きました。雅代さんが常々仰っておられる
    ことですよね。私も其の通りだと思います。

    >「疲れた」だの「風邪ひいた」だの
    先ずは奥様の栄養補強を万全に為さっては如何でしょう?
    体調が悪いと前向きになりたくてもなれませんから。。。

    雅代さんの教えを受けている大介さん、「ピンチはチャンス!」です。
    この機会を人生の大好転の切っ掛けに為さって下さいね!
    応援しています!

    此の三日、皆さんの質問、コメントを通して疑似体験し、とても
    考えさせられました。良い勉強になりました。
    此の様な機会を戴き、感謝しています。どうも有り難うございました!

  19. みとも より:

    皆さんの回答が、私にも とても勉強になりました。

     私たち夫婦は大介さんと同年齢、子供も2歳1ヶ月とほぼ同じ。(男の子ですが)そして、家族で抱えている問題も似たりよったりと、とても親近感を覚えてしまいました。

     子供はマダマダ手がかかるし、自分の余暇時間も欲しいし、自分の仕事も大事だし、身体は疲れ易いし、夫と意見や生活時間がすれ違ってきているのも気になるし・・・

     解決方法としての話し合いって、でも、難しいですよね。
    意見が食い違って、平行線で終わってしまったら?(ウチではよくありました)
     どちらかが折れて、またはお互いが折れて、話し合いが収拾しても、なんとなく不満足だったら?(これもよくありました(笑)

     いきなり話し合っても対決しがち。なので「話し合い」の、その前に・・・!!私は、まず夫をイイ気分にさせて、とにかく対決しない作戦を展開中です。
     立場を変えて、大介さんからみると、こんな感じでしょうか。

    1)奥様をねぎらう
     仕事も、育児も、本当に、ほんとうに!毎日フル回転でタイヘンです。大介さんも大変だと思いますが、とにかくまずは、「毎日ありがとう!」って沢山言葉をかけてもらえたら、嬉しいです。

    2)奥様のご実母も、労う
     私は実家も遠く頻繁にいけませんが、行く時に、夫がなんとなく遠慮がちなのはわかります。
     だからこそ、あやこんさん他の皆さんの言うとおり、奥様のご実家へ頻繁に出向くことはインパクトが大きくなります。
     お義母様も、孫がかわいいとはいえ、保育園の送迎は大変なもの(我が家もそうですが、朝は出がけにぐずることもよくありますし、夕方もお迎えの時間に縛られます。罪悪感もあります。)
     ですから、大介さんが、お義母様を頻繁に訪ねて ねぎらって差し上げるのが、奥様にとっても喜びになります。

    3)子供の可愛さに無条件で共感、同意してくれる
     単純に子供の世話の分担より、「今日は保育園どうだった?」とか、日々の成長を一緒にみてるんだよと、もっともっと共感してもらえると、嬉しいものです。

     こういうことがないままですと、夫より、実母の方が味方にみえてしまいがちです。でも、こんな風に歩み寄ってもらえれば、「やっぱり夫はやさしいなあ!それで?なになに?じゃあ、もうちょっと話し合ってみようか~」という気持ちになるのではと思います。

     お互い、家族と良好な関係を築けるように、少しづつ歩いていけたらいいですね!
     

  20. PONTA より:

    私が大介さんだったら、いくら大きな夢に向かっていても、 仕事の事、健康の事、子育てや夫婦の事で悩んでいる    今のままなら、留学はできません。
    それは、心の底からワクワクできないからです。

    ご家族の方と、いっぱいいっぱい話し合われるといいと思いました。

    この3日間ありがとうございました。

  21. thanks thanks より:

    大介さんはラッキーな方です。こうして率直に質問をだされることで、また良いほうに流れがいくことになるのですから。

    質問11におこたえします。
    気になったのは、「注意」ということばです。もう、おくさんとおかあさんを責めモードの目線でみていませんか。または、上から目線になって、相手の言い分をはねつけてませんか?
    腕組みして立派なことならだれでも言えます。

    雅代さんがいつもおっしゃる「相手の頭と体にはいりこんで」
    考えてみましょう。大介さんのおこさんぐらいの年齢のころの子育てってとってもかわいいけれど、奥さんは仕事もなさっているし、まだこどものうったえていることも読み取れないし、接し方も不安だし・・・とおかあさんとしてはまだまだ初心者マークがついている段階で、不安だらけなんですよ。「だいじょうぶ」の安心感が何よりもほしい時期なんです。

    そこをどう夫婦で乗り切るか・・・実家に助けを求める人、楽な解決法です。安心です。自分が楽になりたくて安易にはしっているか、夫婦ともにできることは精一杯やってのうえでの選択なのか、自分の経験からいうとそのあとのこどもにみんなでるように思います。

    子育て真っ最中のころ母に「こどもは最後は絶対自分が引き受ける」覚悟を持てといわれつづけました。その覚悟をご夫婦で問われているようにみえます。

     はじめにいったように、こうして皆さんからたくさんのあたたかい励ましのことばやご自分たちの気づきできっといいほうに行くことになりますよ。ラッキーですね!!!

     

  22. kumako より:

    小林さんが夢を抱いて実際に行動に移されようとしている姿勢、素晴らしいと思いました。
    でも、小林さん自身は奥様のご理解や後押しを必要としているのではないかと思います。(自分自身が気になるところに話が偏っていたらすみません。)
    夫婦間でお互いに仕事や夢を理解しあって励ましあえたらこの上なく心強いし、困難も乗り越えられそうな気がします。

    新参者ではありますが6日の国際電話セミナー楽しみにしております。

  23. Masako より:

    ボンドさんが書かれていた「家庭が環境問題の第一」に賛成です。
    欠点を見つめすぎると広がっていくんじゃないのでしょうか。

  24. あやこん より:

    私も、ボンドさんが書かれていた『家庭が環境問題の第一』という言葉に大賛成です。

    改めてみなさんのコメントを読んで、大変勉強になりました。
    私も、疑似体験をすることで夫婦関係や自分の夢について深く考えさせられました。

    真美子☆さんの投資についての説明は非常に分かりやすく理路整然としていて、雅代さんがいつも言っている自己投資についてさらに理解を深めることができました。

    最後に、だいすけさん質問してくださってありがとうございます。細かい状況まで丁寧に書いてくださったので、自分のことのように疑似体験できました。
    勇気を出して相談されたことも、素晴らしいと思います。
    これからの大介さんの活躍が楽しみです^^

  25. 菅原由紀子 より:

    留学!私は娘2人をアメリカ留学させました。二人とも現在キャリアをしっかり身に着け自立しています。日本の大学に行っていたら現在の彼女たちはなかったと思います。それから私は日本にあった米国大学に13年間勤務していました。日本の高等教育はとても貧しいものがあります。そこで2000名ほどの様々な年齢、様々な事情を抱えた留学を目指す人々を見てきました。途中であきらめざる終えなかった人、初志貫徹新たな人生を送っている人それぞれですが、何のために、何を、どうやってやりたいのか?それさえ間違っていなければ、達成できると思います。家族の問題、経済的な問題それはクリアできるものです。思いが強さ、目標に向かって一つ一つ問題を解決していくことです。勉強はほんとに大変で寝る間も無い程、死ぬほど勉強する覚悟が必要です。

  26. ひまわり より:

    大介さんの大きな夢、素晴らしいですね。
    質問11についてですが、奥様にとって実家の方が安らげるのだと思います。
    お子さんがまだ小さく手がかかること、お母様がお一人なこと、子育ての良き相談相手で心強いことなども理由のひとつだと思いますが、これだけではないように感じます。
    大介さんに夢があるように奥様にも夢があるのでは?奥様の本音をじっくり冷静に聞かれてみてはいかがでしょうか。
    家族の絆を深めるチャンスかも知れないですね。

    皆さんの質問、コメントから学ばせて頂き、ありがとうございました。
    今夜の充電会、楽しみです。

  27. 直樹 より:

    私は独身で子育ての経験も無く、夫婦生活についても詳しくは分かりませんが、【質問 9】と【質問 11】が同時に出てくるのは矛盾している氣がします。単身で海外留学を考えられるようであれば、当然子育てや夫婦仲にも良くない影響が出てくるのではないでしょうか。
    また、【質問 10】で、
    >思い当たるのはストレスぐらいです
    と書かれていますが、それこそまさに不調の原因だと思います。心・精神が身体にどれほどの影響を与えているか、もっと意識された方がいいのではないでしょうか。雅代さんがいつもおっしゃる「ホリスティック」な健康を目指されるのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!