高齢の母の悪性リンパ腫も、「元気必須ミネラル」と栄養補強で、大改善へ!(1)


かつて主治医にも治るのは難しいと言われていた糖尿病も、「雅代メソッド」によって
改善へと導かれた、京都府にお住まいの湯浅敦子さん(60代)。

ご自身の健康回復のみならず、悪性のリンパ腫を抱えていた高齢のお母様も、
「元気必須ミネラル」と栄養補強で、短期間のうちに大改善されています。

以前ご紹介した折に大反響を呼んだ、敦子さんのお母様の体験談を、
今日と明日にかけて再びお届けさせて頂きます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2010年3月、92歳になる同居中の母がガンを発症。

前年11月に、鎖骨のあたりに腫れがあり、虫刺されだと思っていたのですが、
少しずつ大きくなるので診察を受けました。

今まで、内臓のガンは知っていましたが、リンパ腺の悪性腫瘍と診断されビックリ! 

転移を調べる検査では、両脇の下と左鎖骨近くにも数個見つかりました。

唐突に医師からガンとの説明を受たその時の母の様子は、意外にも無表情でした。

「来るものが来た」という思いだったのではないかと思います。

ガンがリンパにあるということで母も覚悟したようでした。

92歳のそのときまでずっと、病気らしい病気もせずに元気で過ごしていた母ですが、
何しろ高齢なので、できるだけ体に負担がかからないように、
副作用で苦しまないようにと、弱い抗がん剤の点滴治療を受けることにして、
その1回目を同年4月に終えました。

治療を受けた後も比較的元気でしたが、徐々に病状は進み、5月の2回目の治療の時、
鎖骨付近のシコリが増えて両脇の腫瘍がピンポン玉大になり、また、
夜中に帯状疱疹の軽い痛みが走るようになりました。

そのことを先生にお話しすると、「それくらいの痛みでは済まない」と
平然とおっしゃったのです。

その言葉に驚き、これから現れるであろう病状の悪化と、
それにどう対処したらよいかを考えました。

穏やかな最期を迎えてもらうために、博学・博識でサイキックのビルさんの
リーディングを予約しました。

そして、私自身が栄養補強で体調が良くなっていたので、母にも効果があるはずと、
キャンディータイプの噛める抗酸化剤「ネオガードチュアブル」と
「元気必須ミネラル」を勧めました。

実は、母は風邪気味の時は、白梅酢を水でうすめた液を飲んで治し、
ドクダミ茶を午前中に飲んで整腸を心掛けていたので、
栄養補強を受け入れてくれるかどうか、案じていました。
(明日に続く)

Atsuko-san
写真:かつて「雅代メソッド」で糖尿病を克服し、
ますます元気いっぱいになった、笑顔がとても素敵な敦子さん。
愛犬のマロンちゃんと。

栄養補強のご相談は雅代メソッド・サポートへどうぞ!

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in ガン, ビル・モンロー(サイキック), 健康体験談, 元気必須ミネラル, 栄養補強. Bookmark the permalink.

21 件のコメントがあります。 高齢の母の悪性リンパ腫も、「元気必須ミネラル」と栄養補強で、大改善へ!(1)

  1. ケミー(あけみ) より:

    92歳で、初めての大病にもかかわらず、覚悟ができていたという敦子さんのお母様。確かに、ジタバタしても仕方ないですよね。しっかりと現実を受け止められているところはさすがです。栄養補強は、受け入れてもらえたのでしょうか?明日の続きを楽しみにしています。

  2. アメジスト より:

    いつお会いしても上品で柔らかな印象の敦子さん。「雅代メソッド」で糖尿病が改善、ご主人の腰痛もビルさんからのアドバイスで改善と、着実に実践を積み上げてきたことが、お母様の悪性リンパ腫に対しても冷静に対処できたのだと思います。

  3. 早乙女真帆 より:

     敦子さんの体験談をありがとうございます。92歳のお母様のために、最善のことをしてあげようとされた敦子さんの思いに胸を打たれます。私だったらどうするだろうかと、考えました。明日の続きを楽しみにしています。

     腰のことを意識することもないほどに、ずっと調子がよかったので、何も考えずに、昨日、子どもたちと雪合戦をしてしまいました(別府では雪があまり降らないので、園庭にうっすらと雪が積もった日には子どもたちはもう、外に出て、おおはしゃぎなのです)。わいわい言いながら夢中で遊んでいたら、あれ?腰がいた~い……。ということで、今日も長く家事をしていると腰にきます。でも、エゴスキューをすれば、すーと痛みがひくから不思議です。子どもたちと思いきり遊ぶためにも、エゴスキューをしっかりして、腰を完治させたいと思います。

  4. 太田みほ子 より:

    「92歳のそのときまでずっと、病気らしい病気もせずに元気で過ごしていた」という一文にとても驚きました。敦子さんのお母様、素晴らしいですね。医師から悪性腫瘍と言われると家族もショックを受けますが、その後の敦子さんのビルさんのリーディングの予約やチュアブルと元気必須ミネラルのお勧めなど、ご自身の体験を元にした素早い対処も冷静沈着ですごいと思いました。

  5. 敦子 より:

    母のガン治療体験を載せていただきありがようございました。
    ガンの種類もあると思いますが、こういう例もあることを
    知ってくださったら、お役に立てたら嬉しいです。

  6. とよみ より:

    ご主人の腰痛のときの、ビルさんのアドバイス、本当に驚きでした。ビルさんの凄さに改めて驚いたことを思い出します。敦子さんは、ご自身の糖尿病、ご主人の腰痛、そしてお母様のことと、上手に雅代メソッドを活用されていらっしゃいますね。ブログコメントも何年も毎日続けられ、いつもコツコツ実践されているからこそ、情報や叡智を賢く活かせるのでしょうね。優しい笑顔と、人のお役に立ちたいという姿も素敵です。

  7. 敦子さん、体験談ありがとうございます!
    コメントにあるように「こういう例もあることを知っておく」と
    いざという時に役に立ちますし、参考になりますね。
    ガンも大改善することができるという体験談は心強いです。

  8. あゆ より:

    敦子さん、体験談をありがとうございました。
    90歳を超えてのお母様のはじめての大病、敦子さんもお母様も、さぞかしショックだったことでしょうね。でも、それまでの体験を生かして、冷静に、栄養補強と元気ミネラルで対処なさったのは、すばらしいと思いました。わたしが行っている会社の人で、定年後に悪性リンパ腫になった方がいらしたのですが、治療後にお会いしたときに、大変だったと伺いました。今だったら、雅代メソッドのことをお伝えできて、もし実践なさったら、それほど大変ではなかったかもと、その時のことを思い出しました。(その方は、幸いお元気になられたのですが)

    明日の続きも楽しみにしています。

  9. さとみワトソン より:

    敦子さんはいつもブログコメントの投稿もきちんとされていて、何事にも前向きに取り組まれる姿勢が本当に素敵だと思います。ビルのリーディングで何度かお話させていただきましたが、優しいお声から、何かとても強いパワーを感じました。2010年で92歳ということは、お母様・・・今年は95歳ということですよね。素晴らしいです!! 体験談のシェアをありがとうございます。

  10. 顕琢(けんたく) より:

     おはようございます!

    >夜中に帯状疱疹の軽い痛みが走るようになりました。そのことを先生にお話しすると、「それくらいの痛みでは済まない」と平然とおっしゃったのです。

    お医者さんは、ときどきこんな感じで言われることがありますね。お忙しいこともあるのでしょうが?
    現在の私ならどうするか考えてみました。
    まず、何であれ、先生のその言葉を「キャンセル、キャンセル」して一度ニュートラルというか「ゼロ」にして、最善の方法を考えて実践するでしょう。
    その時、「雅代メッソド」を知っていることが大きな安心感になるでしょう。
    きっと、敦子さんそうであったことでしょう。続きが楽しみです。

      ありがとうございます。I LOVE YOU!     顕琢

  11. ミヤケン より:

    敦子さん体験談をありがとうございます。このマロンとの写真好きです。
    これから迎える春を先取りした気分です。

    敦子さんは行動力もさることながら、ASKという行動もまず行うので、ぶれることなく最短最善の道をとることができたのだと思います。
    見習わなければと思いました。

    さて、本日1月20日は、ブレイン・セラピーの体験会です。
    参加される皆さん、お気をつけてお越しください。会場で、皆様にお会いできるのをお待ちしています。

    また、次回以降の体験会をご検討されている皆さんへ・・・
    今回もそうでしたが、期日間際にお申込みされる方が多く、残念ながら満席につき別の日にして頂いている状況となっています。今週末の25、26、27日も若干お席がございますので、お早めにお申し込みされておくことをお勧め致します。

  12. 水島智裕 より:

    敦子さんのお母様の体験談の再掲載をありがとうございます。敦子さんの即行動に移される行動力、実行力が素晴らしいと思います。できることをできるだけまずはするって大事だと思いました。続きもまた楽しみにしています。

  13. りんりん より:

    敦子さん、愛犬マロンちゃんとのお写真、懐かしく拝見しました。
    一家の太陽として、大家族の健康に気を配っていらっしゃる姿に
    感銘しています。今年のお正月もご家族13名が集われ新年のお祝い
    をなさったようですが、そんな中でもブログのコメントを書き続け
    ておられて素晴らしいと思います。

  14. 宮兄 より:

    お医者さんの「それくらいの痛みでは済まない」と言う言葉、本当に無責任。
    痛みの覚悟をさせる事で、責任逃れをしているように聞こえてなりません。
    同じ言葉をかけるのなら、患者が病気に負けないように励ましたり安心させる
    言葉をかけてあげるべきですよね。
    そんな中、冷静に雅代メソッドを実践し、ビルのリーディングの予約をされた
    敦子さんの行動、とても素晴らしいと思いました。これからはこうでなくてはと、
    新しい時代の医療のあり方を予感しました。

  15. ともみ より:

    敦子さん、体験談をありがとうございます。
    お母様に穏やかな最期を迎えてもらうために…と、ビルさんのリーディングをすぐに予約された行動力と愛情に感動しました。
    92歳まで病気らしい病気をせずに元気に過ごして来られたお母様。普段から安易に薬に頼らず、昔ならではの自然の知恵によって、ご自身で日々健康管理をなさっていたんですね!私もそうありたい、と心から想いました。
    雅代さんのメソッドを取り入れてからどう変化されるか、今日の続きも楽しみにしています。

  16. Sophia より:

    湯浅敦子さん、体験談をご紹介くださりありがとうございました。
    お母様がもともと白梅酢やドクダミ茶を活用されていたとのお話に、日頃からご自身の健康に積極的に取り組んでおられるからこそ大きな病気をすることなくご長命であられるのだなあと学ばせていただきました。雅代さんが高齢の方ほど基本ができているからエゴスキューや栄養補強等がよく効くとおっしゃっていたことを思い出しました。その栄養補強を勧められて、、、続きのお話が楽しみです。

  17. MIZUNO より:

    敦子さん体験談をありがとうございます。何かあったとき、ビルさんのリーディングがとっても大きな心の支えになりますよね。92歳という高齢でも改善に向かえること、栄養補強の効果はスゴいと思います。そして何より敦子さんの、お母様への心配りが素敵だと思います。私も母を大切にしようとあらためて思いました。

  18. 紫葉 より:

    悪性のリンパ腫という病名を聞くだけで恐ろしい感じがしてしまいます。でもどんな時でも心強い雅代メソッドですね。次回が楽しみです。雅代メソッドは本当に頼もしいの一言に尽きます。私も母はせきがひどくなって、ディサービスを休んで家で寝たきりの生活をしていましたら、二日でもどんどんとボーっとしってしまい言葉もなくなってしまいました。主人も私もあわててしまいました。認知症が進んでいるので、すぐに自分の症状も忘れて病院に行きましょうと言っても、頑としていかなくなるのが常ですし、マスクも嫌いなので、せきがあるうちはディサービスにも行くことができません。そこでパッチをのどとうなじのところと2箇所貼りましたら、すぐにしっかりと話しもするようになり、またディにも行くことが出来ました。部屋でいる時も、横になっているよりは机に座って大好きな塗り絵をするようになり、本当に助かりました。

  19. ☆ほしこ☆ より:

    敦子さん、再投稿の体験談をありがとうございます。自分の身に起こっていることと照らしあわせて読ませていただいています。92歳までの素晴らしい生き方を思うと穏やかな最期を・・・と思う気持ちが痛いほど伝ってきます。

    雅代さんブログの皆さん寒中お見舞い申し上げます。今年もよろしくお願いします。
    今、本当に久しぶりに家に誰もいなくなり、自分の時間が持てました。(三女は、長女に連れられて三沢基地のアメリカの方も集う教会へ・・・)
    三女のことだけではなく、年始の父の緊急入院と、三女にかかりっきりになっていて母とも半年合わずにいたら、なんと、背中がすっかりせむしになり、顎と鎖骨がついてていて、歩くのが不自由になり、食べ物が上手く喉を通らず、痴呆の症状も出ていて痩せていました。父は、病院に任せて母に私の家にいてもらうようにお願いし、12日間2〜3時間のエゴスキューと栄養補強をしっかりしました。食事を普通に取れるようになり、杖なく歩け、話し言葉に元気が出て「帰ってやることがある」と言われ、今週帰って行きました。うちの母の場合、いくら言っても自分でエゴスキューはできません。しばらく実家にも通おうと思っています。今週から学校が始まり、朝起きれない三女は、体調が整った時点で学校への送迎をすることにしているのですが、中々私の思ったようには行かず、気の休まらない日々です。歩くこと、運動を一切しなくなっていたのですが(先月散歩に連れだしたら、少し歩いて疲れたと言い雪の上を四つん這いで歩いた・・・)昨日を含め3日間3kmの散歩をすることが出来ました。年末にとよみさんから電話をいただき、栄養補強の量を増やし、学校に行かなくてはいけないプレッシャーからも開放され、体力がついたのだと思っています。私も減るばかりの体重が増えました。エゴスキューの活動はお休みさせていただいていますが、徐々に再開して行きたいと思っています。ビルさんのアドバイスと雅代さんのアドバイスを実行しながら日々過ごしています。ありがとうございます。

  20. thanks より:

    敦子さんの実践を積み重ね、ご家族の健康を取り戻す体験談に、勇気づけられます。92歳のお母様の病を受け入れ、雅代メソッドを実践していく様子に学びがたくさんあります。
    ありがとうございます。

  21. けいこ北海道 より:

    敦子さん、体験談ありがとうございます。
    92歳まで病気らしい病気をしたことがないというお母様、すごいですね!
    突然、癌の宣告を受けても無表情でいられたなんて私も見習いたいです。
    ビルのリーディングに栄養補強と行動された敦子さんも素晴らしいですね。
    明日の続きが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!