インフルエンザの予防接種する、しない?(2)


上部頚椎の辺泥先生と岩田先生が、数年前に、アメリカ視察旅行をなさいました。

本場で上部頚椎アジャストに情熱を注いでおられる、シカゴのウェラー先生をご訪問され、
情報交換や今後の協力体制などについて話し合われ、その他、自然療法事情、高齢者住宅
などもご見学。

たまたま、充電会の時、お二人は、私の自宅にご滞在中。

その時に、昨日のブログのご質問について、ラッキーな事に、辺泥先生が、貴重な
アドバイスをくださいました。

辺泥先生は、残念ながら、今年5月に亡くなられましたが、新しいブログ読者の方の為
にも、辺泥先生の回答を再度、ご紹介しますね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

辺泥先生の回答:

日本でも、ここ何年間、インフルエンザの予防接種の有効率がかなり低いということが
分かって来て、しない人が増えています。

整体には、『風邪の効用』といい、風邪をひくことによって体を治せるという理論があり、
年に4回(春・夏・秋・冬)は風邪をひいた方が良いと言われています。

植物と同様、人間も自然の中に生かされているので、季節ごとに変化し、体力も
上がったり、下がったりします。

女性のメンスも月経と呼ばれ、月、月食、日食など自然との関わりは避けられないのです。

ですから、風邪をひくことにも意味があり、表面的に止めようとしないことが大切。

渡り鳥がインフルエンザの菌を運んでくるとも言われています。

しかし、菌が入っても、戦える体力や免疫力が普段からあれば、予防注射をする必要は
ありません。

昔の日本人は風邪とも仲良くしていたそうです。

風邪は悪いものでなく、体に必要で、体から毒素(下痢・涙・鼻・痰・尿など)を出す
ことができるのです。

さてさて、私達が予防接種をせずに、風邪や病気知らずで、
超元気でいる秘訣は:

1)まずは、私達のお勧めのクエスト社の栄養食品と解毒食品で、普段から効果的な
栄養補強をし、体から毒物を出して、自分の免疫力、自然治癒力を健全に維持している。

2)ちょっと風邪をひきそうな気配、発熱の兆し、ジンマシン、怪我、手術前、手術後、
過労、ストレスなど、とにかく体が「SOS」で急遽助けが必要になった時は、最高の
抗酸化物である、「ガード」を一度に5-8錠(一日15-24錠)飲む。

ガードが飲めない子供や高齢者は、「チュアブル」を普段の3-4倍食べさせる。

この方法で、大人も子供も、30分から12時間位の内に、皆どんな問題からもケロリと
元気になってしまう。

3)ガードに加えるか、あるいは単独で、通常は解毒用である、「メンド」を一度に3錠
(一日9錠)飲む。

驚くかな、このメンドも「凄い優れもの」で、これだけでも、驚くような効果がある。

メンドは「マイクロ・エレクトリック・チャージ」と呼ばれる、ハーブの細胞の中の
電子への充電が行われているためか、とても効力が出るのが早い。

Dr. Smoodie, Heal, Mend
写真:日本人用に特別に作られた解毒食品ヒールとメンド。
左はこれを作ってくださったスムーディー博士。
「メンド」は、風邪、ジンマシン、過労、不調の時にも、1回に2~3錠飲むとよい。

4)特に不調な時は、最低でもお水を3-4リットル飲む。

アメリカでは勿論、風邪、様々な疾患、怪我、精神的な問題、手術後、体がむくんでも、
医者はとにかく、お水を飲むように勧めるのが、日本と大違い。

講演会でよく言うが、私達の不調の大きな理由の一つは、「脱水症状」。

私の母がアメリカに遊びに来て、風邪をひき、3日間日本の方法で汗をかいて
良くしようとしたが、全くよくならず、救急病院へ。

すると、診断は風邪より、脱水症状!!

母は、点滴をされた途端に、「あれ? 私、もう、良くなった!!」と跳ね起き、
私は驚きの大発見!!

この発見で、「脱水症状」に関心を持った私は、それから、色々観察研究し、水を
飲まない人が多い日本人の不調の原因の一つは、脱水症状からだと確信をもった。

私自身が、一度どうした事か40度位の熱があった時、多めに栄養補強をし、沢山お水を
飲んだら、ちょっと熱っぽい感じだけで、普通の生活ができる事を実体験!

★私達の超元気の秘訣は、まだまだ続きます。

明日もお楽しみにね!

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in インフルエンザ, 上部頚椎, 予防接種・抗生物質, 自然療法, 解毒, 解毒・好転反応, 風邪・おたふく風邪. Bookmark the permalink.

26 件のコメントがあります。 インフルエンザの予防接種する、しない?(2)

  1. さとっち より:

    今、「風邪の効用」という本を読んでいます。
    お医者さんに行くと薬などで抑えてしまいますよね
    体の掃除、がん細胞が死んでしまうという報告もあるそうです。

    今まで毎年インフルエンザにかかっていた娘
    春からチュアブルをはじめた冬はインフルエンザどころか
    ちょっとハナをたれたくらい
    学校が閉鎖になったのに
    私もかかりませんでしたよ
    前に年は娘のインフルエンザをもらいこじらせ
    大変でしたが
    メンドもいいなんて・・・
    今年は常備しておこうと思います!!

  2. 団塊男 より:

    私は58歳、3人の娘の父親です。一番上の娘に勧められて、初めて充電会を聞かせていただきました。
    お話の中で、心遣い、気遣いは教えられなければわからないというものがございました。
    それを実感する出来事がございまして、大変恥ずかしながら、ご報告させていただきます。

    土曜日にバスに乗る機会がございました。すると知り合いのお嬢さんが、バスに乗ってこられました。
    お鞄に一つのバッチが付けられていました。ふとバスの窓を見ますと、そのバッチは
    「マタニティーマーク」と言うらしく「マタニティマークを見かけたら、やさしい心づかいをお願いします」
    と書かれていました。私は座席に座ったまま、「おめでたですか、おめでとうございます」と周囲に聞こえない
    ように小声で声をかけました。周りに聞こえますと、その娘さんが恥ずかしい思いをすると思ったのです。
    いつも妻や娘たちに、街中で会った時に、大きな声で声をかけられるのは恥ずかしいと言われておりました。
    家に帰って、その話をしました。「父さんはちゃんと小声で声をかけたぞ」と話すと、娘に
    「え?席を譲ってあげなかったの?」と言われました。席を譲るとという発想はまったくございませんでした。

    また、日曜日のことです。コンビニに入ろうと思いましたら、ベビーカーを押して店を出ようとしている女性が
    いました。私は外で待ってあげることにしました。すると女性はベビーカーを押して店から出るときに、
    「ドアを開けてくださると助かるんですけどね」と言っていきました。待ってあげたので感謝されることを
    予想していたので、言葉を失いました。しかし、その話を家ですると、「ばかじゃないの!じゃあ、なに?
    その女の人は、一度ベビーカーから離れてドアを開けて、またベビーカーに戻って押して店を出たわけ?
    しかもお父さんがいるから、かえって急がされて迷惑だったでしょうに」と娘が言いました。
    先に通してあげようとは思いましたが、ドアを開けてあげるとは思いもしませんでした。

    どちらの話をしたときも、私は娘たちの言葉に不機嫌になり、しばらく無言になり、妻に嫌な思いをさせました。
    しかし、心遣い、気遣いの仕方、方法について確かに勉強不足であると、今更、実感しております。
    充電会のお話では、お母さんが子供にその方法を教えるというお話でございましたが、私の母はすでに
    他界しております。私のような年で心遣い、気遣いの仕方を学ぶよい方法がございましたらお教えいただけますよう
    お願い申しあげます。

  3. アメジスト より:

    栄養補強を始めてからは、風邪を引いても軽く済むようになりました。「引くかも!?」という時に、ガードとメンドを多めに飲む方法で、とても助かっています。
    これからの季節にとてもためになるお話を再度紹介していただき、ありがとうございました。

    団塊男さん、
    はじめまして、よろしくお願いします。
    雅代メソッドのひとつに「相手の心と頭になって考える」というものがあります。
    私もなかなかうまくできないのですが、いつも心に留めて実践するようにしています。

  4. モフワ より:

    「風邪の効用」の話 目からうろこがポロリです 毒を出す為に風邪をひくとは! 子供の頃ひ弱ですぐ扁桃腺をはらし高熱を出していました アトピーだったし さぞ毒がたまっていて免疫力が低かったんだなあと思います 今もし風邪にかかったとしたら 毒素排出できるありがとうですね

    団塊男さん コメント読ませていただきました 立派に育ったお嬢さんをお持ちでお幸せですね 教えてくれるお母様がもういらっしゃらないからどうすれば?って???素敵な奥様という先生がいらっしゃるではありませんか 奥様を気遣ってあげることからはじめられたらいかがですか?っと偉そうなことを申してごめんなさい でもちょっと呆れてしまったので書かせていただきました 

  5. 葡萄の樹 より:

    風邪の効用を、私も一般向けの整体の本を読んでから知り色々試してみました。特に、風邪で熱を出した後は、いつも、身体が柔らかくなっています。。逆に抗生物質を飲むと、堅くなるように感じました。メンドの使い方ありがとうございます。

  6. たまっち より:

    先日の充電会のお礼をまだコメントできなかったので・・・。と~~っても楽しかったです。特に今回は質問が沢山あったので回答が聞けて嬉しかったです。

    さて、小1の息子ですが、インフルエンザの予防接種に限らず受けてません、と言いたい所ですが、BCGだけ受けさせてしまいました。その後いろいろな情報を読み、必要ないものと判断しました。確かに「はしか」は怖いですが、もう、7歳なので栄養補給もして大丈夫だろうと思っています。
    「風邪の効用」は私も読みました。風邪に罹ることも悪いことではないようです。
    息子は保育園に通っていたので他の子は親が子供に寝込まれると困ると言う理由もあって、ほとんどの子供が受けていました。自然食や泥んこと太陽が大好き!!と、言う保育園でも予防接種は奨励されていました。

    団塊男さん、初めまして。不機嫌になられたと言うことでしたが、こうして充電界にも、コメントにも参加されて前向きなかただと思いました。
    いつも雅代さんが行動することを教えてくださいます。それから、コミニュケーションも大事だと。日本の男性は無口な方がいいと育てられてきたので難しいと思いますが、不機嫌で無口にならないように、奥様とお話してみてくださいね。奥様もホッとされると思いますよ。と、失礼しました。

  7. >年に4回(春・夏・秋・冬)は風邪をひいた方が良いと言われています。

    面白い理論ですね。そういえば、栄養補強をはじめて
    大きく風邪をひくことはありませんが、
    季節の変わり目になると、少し鼻水が出ます。

    ペティ先生のブログは、どうも削除されているのか、
    ページに行けません。
    ですが、こういうこともあると予想して、
    ブログの内容をすべて、テキストファイルで保存して
    います。欲しい方は、声をかけて下さいね。

  8. モネ より:

    インフルエンザは職場ではほとんど義務のようになってしまい、毎年受けています。しかし接種後に罹患する人もいるので、是非が問われるなか、医療現場で働いているので、感染を防ぐ意味で仕方なく続けています(注射嫌い)。しかし栄養補給をし始めて風邪は一切ひいていません。本当に凄いですね。

  9. ミキティ より:

    ずっと風邪らしい風邪を引いてないのは悪いこと?風邪を引かない免疫力やたが備わっていると喜ぶこと?風邪を引いてないということは毒がたまっているのでしょうか?それとも自分で気づかないうちに少しずつでも軽い鼻水等で毒出しをしてきたのでしょうか?
    腸クレンジングもヒールとメンドもそれぞれ3ヶ月間解毒しましたが、メンドが風邪や過労、不調などにもいいと教えていただいたので、これから寒くなる季節、早速常備しようと思います。タイムリーな情報をありがとうございます。
    「風邪の効用」なかなか面白そうな本ですね。一度読んでみたいです。

  10. nakamura-akemi より:

    辺泥先生の電話番号が、まだ私の携帯登録に残っています
    ので、「ああ今日も見守り下さい」なんて見ることがあり
    ます。辺泥先生に教えて頂いた心配りは決して忘れません。
    ありがとうございます。
    自分の身体は自分で守るという事を今一度心にとめて
    元気に積極的に過ごしたいと思います。

  11. ミキティ より:

    すみません、
    「風邪を引かないのは免疫力や体力が備わっていると喜ぶこと?」
    の間違いです。

  12. 風邪を引く事にも、意味があったんですね。

    私は小さい頃、季節の変わり目には必ず風邪を引いていたので、「私ってなんて体が弱いんだろう」と思っていたのですが、この理論を知って「なんだ、それで良かったんだ♪」と、大変自信がつきました!

    きょうこさんへ

    同じ意見の人がいると、なんだかホッとしますよね。
    こちらこそ、ありがとうゴザイマス^^

    団塊男さんへ

    はじめまして。
    コメント、微笑みながら読ませて頂きました(ちょっとオモシロかったです^^)
    「気づく事からすべてが始まる」と言いますし、団塊男さんは自分に足りてないと思える部分に気づいた事だけでも、ものスゴイ進歩だと、思います。

    あとは、身の回りにいる気配りの上手な人を観察して、そのマネをするなどの地道な作業が、素敵な紳士への道なのではないか?と私は思いました。(偉そうでスミマセン。)

  13. good daisaku より:

    予防接種は、すこし不自然のようですね

    風邪は、身体からのメッセージなのでしょうね

  14. うさこ より:

    私も予防接種はしません!
    以前の職場で2回程接種してしまったけれど、体調は最悪でした。
    よくよく考えたら今まで1度もインフルエンザにかかったこともないので、
    栄養補強でますます必要なくなりました♪

    確かに辺泥先生の仰るように、風邪を引かなければ体を休めることもないですね。
    引いたときにはきちんと栄養補強、たっぷりのお水、そして休養が一番!
    これから寒くなる季節、雅代メソッドで元気に迎えられます。
    ありがとうございます!

    団塊男さん、はじめまして!
    学びたいというその姿勢が凄いなあと思います。
    私の父に読ませたいぐらい(笑)

    教えてくれるのはお母様だけではないはず。
    奥様、立派なお嬢さん、周囲の人達みんな、
    気付いていないだけで実は団塊男さんの周りに心遣いが
    たくさんあるのかもしれませんよ!

    まずは、自分がそうしてもらったら助かる!嬉しい!と思うことをやってみてはいかがでしょう。
    私も毎日反省&学びの繰り返しですが、そんな経験も有り難いことですよね。

  15. 歌姫カオル より:

    ああ、ぺティ先生だあ・・
    こちあるごとに、ぺティ先生を思い出します・・。
    今頃元気で、尺八でも吹いていらっしゃるでしょうか?

    風邪で解毒の話は、ぺティ先生に聞いてから、いろんな人に話しましたが(つい最近も)、みんな、”へええ~!”と感心されます。あ、そうそう、だから、たまに風邪ひいて解毒しないと(いつも元気にみえる人)は、急にぽっくりいっちゃうからあぶないって言ってましたっけ。

    もちろん、予防接種は今年もしませーん♪

    P.S.1) だいすけ@福岡さん、テキストほしいです~!楽天のブログはもう閉鎖されているので~
    P.S.2)音楽チャリティー、”ミュージックツリー”ただいまダウンロードランキング54位です☆
    http://www.ongen.net/mt_search_detail_artist/at0000100726/

    とにかく、上位13名くらいに入れば、より多くの人に私のうたを聴いていただけるようないろんな特典がつきますので、皆様よろしくお願いします!!

  16. 歌姫カオル より:

    追伸

    団塊男さんへ。はじめまして!ご報告ありがとうございます!!

    なるほど~!!逆に、こちらが勉強になりました。よく街で、”どうしてこんな行動を?”と思うことがあったりしますが、当人が全然気がついてないんですね☆(たとえば、電車のなかで、日本人男性は席があくと率先して座ろうとします。まあ、疲れてるんでしょうけど・・)

    でも、団塊男さんのコメントを見て、雅代さんはきっと”なんて素直で、かわいらしい人なんだろう!”と微笑まれてるんではないでしょうか(笑)

    今まで気がつかなかったことに気がつくだけでも、新しい世界がひらけて楽しいですね!どんどん娘さんたちに教わって、年をかさねるごとにどんどん素敵な男性になられたら、素晴らしいですね!

  17. つきこ より:

    今年5月に風邪を引き、40℃の発熱と咳、山盛りの痰と鼻水が出ました。以前、結核性胸膜炎になったことがあり、1年半もの間、抗生剤を服用し続けて抑圧したので、それをお掃除してくれてるんだろうと感謝しながら過ごしました。以前は熱を出すこともできなかったので、随分健康になったものだと思います。栄養補強は本当にありがたいです。

    団塊男さん、気遣いについての学びをありがとうございます。素敵なお嬢さんですね。私も気遣いについて意識したいと思います。

  18. 真美子☆ より:

    「昔の日本人は風邪とも仲良くしていた。」とは、とても面白いですね。しかし風邪と付き合う日本人の身体は毒の蓄積と栄養不足など弱っており、仲良くしにくくなっているかもしれないと思いました。日ごろから解毒と栄養補強をして、体力・免疫力を高めておけば、風邪も今必要なお友達として歓迎できるのですね。実は今まさに息子が数年ぶりの蕁麻疹を出しており、タイムリーな情報をありがとうございました。チュアブルを普段の3-4倍というと、普段1日15錠くらいなので60錠ですか!すぐになくなりそうなので、さっそく追加注文です。

    団塊男さん。
    これじゃあ、いくら「やさしい心づかいをお願いします」なんてバスの窓に書いたってダメダメですねえ。当人なりに心遣い・気遣いをされていることがわかりましたけど、やっぱり方法が間違ってる・・・。ぜひ、毎日ブログをお書きになって、毎日の心遣いを自慢してください。みんなでコメントしますから、1年後には『勘違い心遣いの365日』なんていう本が出版されますよ。

  19. ヨーハン より:

    ぺティ先生の教えは一見不思議なのですが、とても納得できますよね。

    風邪の効用…へぇ~。また納得してしまいました。風邪にも意味があるんですね☆今後、風邪ともうまく付き合っていきたいです。

    去年はインフルエンザ予防受けてたのですが、今年からいらなさそうです。

    ~昨日のクイズの答え~
    シスター達に大いなる愛を出しているため、病気など悪いものが寄り付く余地がないのではないでしょうか。だから逆に、患者さんたちの体は良くなっていくのではないでしょうか。

    >団塊男さん 
    はじめまして。僕はまだ若くて何も言える立場ではないのですが、心遣いを『意識しよう』としているだけで素晴らしいことだと思います。読んでてなんだか心温まりました。これからもよろしくお願いします。

  20. incarose より:

    昨年の今頃はまだどんなに寝ても眠くて疲れきっていてどうしようもなく抵抗力がなかったと思うのですが、その後、腸クレンジング(現でるもんね)や栄養補強や解毒、そしてエゴスキューなどを始めて・・・いつから風邪を引いていないのかちょっと思い出せないくらいお陰様で本当に元気になってきました。

    ぺティ先生に何度かお世話になりましたが、いつも変わらず優しく接していただきました。なぜか分からないけど、お会いするたびになんとなく懐かしいなぁという感覚がしていました。
    薬を服用していることを話したら、薬は逆から読むと「リスク」なんだよ、とおっしゃっていたことを思い出します。
    私がショックで何も返答できずにいたら、それ以上は何も言わずにいてくださいましたが、出来るだけ早く止めようと思った出来事の一つでもあります。薬で良くなっていたわけでもなくただ症状を押さえているだけだったので、ずっと止めたいなと思いつつも飲まないと日常生活が送れなくて困っていました。でも、今年に入ってから気がつくともしかして薬を飲んでいないかも?(飲まなくても大丈夫かなぁ)という状態が続き、止められるかもしれない!に変わり、少しずつ量を減らしていきました。
    そして、8月にエゴスキューの講習会で雅代さんにお会いした際に栄養補強のアドバイスを頂き、絶対大丈夫!治るから!!とハグして下さった時に、あぁこれでもう大丈夫なんだ!薬はやめようと心に決めました。クリニックの先生に聞いてもそういう確信できる言葉を言ってもらえず、自分では大丈夫と常に思うようにしていたし友達にもたくさん励ましてもらったけど、でもやっぱりどこかで心細かったんだと思います。
    小さい頃から一縷の望みだけを抱いて生きていましたが、雅代さんのあったかいお言葉で目の前にパァーッと眩い光が差しこんできました。何度お礼を申し上げても足りないですが、毎日心から感謝の気持ちでいっぱいです。
    薬を抜いてからずっと禁断症状みたいに体の中を何かがうごめく感じがしていて、そうするともう体が動かせなくてベッドの上でもがく日々が続いていましたが、今はそれからもほぼ解消されてきました。
    ぺティ先生に「薬止めましたよ、もう大丈夫です、あの時は優しい言葉に救われました、本当に本当にありがとうございました!」と、やっと嬉しい報告ができたなぁと思う今日この頃です。

    団塊男さん 初めまして。なんだかとても微笑ましい感じで読ませていただきました。充電会に参加されて早速ブログにコメント、と行動力の早さが素晴らしいな、ちょっと分けてもらっちゃお!って思いました。うさこさんと同じく、私の父にも読んでほしいくらいです。

    だいすけ@福岡さん さすがだなぁ!って思いました。的を射たコメントいつも楽しみにしています。テキスト是非ほしいので、どうかよろしくお願い致します!!

    カオルさん ライブの日からずっと素敵な歌声に癒されています。朝一番からアルバム天使(エンジェル)をそして夜も寝る前にかけてるんです。1曲目のWonderlandの歌詞、最初の部分が「朝が訪れた いつも変わらぬ朝~♪」とありますが、この曲を聴くたびにようやく穏やかな気持ちになれたなぁと実感します。夜も熟睡できなくて朝もスッキリ起きられず昼間もだるい状態で長いこと過ごしていた私にとっては、心にしみる一曲です。朝聴くのはもちろん歌詞がしっくりくるのですが、同じ曲なのに夜は夜で心地よい気分に浸れて気づくと朝を迎えています。カオルさんの歌詞はどれも大好きです!!あぁそうなんだぁ、ちょっと私はそういう風に思ったことがないなぁとか分かる分かる!!とか色々な感情が頭の中をグルグルしています。カオルさんの心、想いに触れて、自分の気持ちに気づくことができるとても楽しく貴重な時間です。直接お礼が言えたらいいなと思いますが、今日はこの場をお借りして、幸せな時間と空間をありがとうございます。「音楽チャリティー、”ミュージックツリー」応援しています。
    ※ブログにコメントをと思いつつも、仕事を始めてから昼間は残せずにいます・・・。あとせめてペタだけでもと思っているのですが、今日失敗してしまいました。今日また挑戦してみますね。

  21. てんこ より:

    季節ごとに風邪を引くってきっと大事なんだと思います。
    2月に風邪で1週間ほど引きこもりました。
    その時、食事は半分程度で、解毒も腸クレンジングもしていませんでしたが、モリモリ排泄して、それががまた臭いし、黒いし…、「あ~、いま体が自ら浄化してくれているんだな~」と実感しました。風邪が治った後の、体の調子のよさはこれまた格別でした。

  22. リウマチ感謝2号 より:

    本当に風邪知らずです。。ちょっとヤバいかもと思ったらガードを多めに食べて、早めに寝るとか暖かくするとか、心がけるだけですぐに治ります。「風邪」の効用のお話面白いなぁとおもいます。風邪をひいても抑えないことが一番ですね。
    *************************************************
    団魂男様
     大切な気付きをありがとございます。これで、また気づかれて、変わり、真摯な男性の誕生でしょうか?真美子さんの意見に私も賛成です。団魂男さんのような男性が日本にはうじゃうじゃいると思うのでぜひ先頭切って、がんばっていただきたいです。

    incaroseさん

    本当に元気になれてよかったね♡
    薬はリスク・・本当にそうですよね。少しずつ少しずつ薬を減らそうと努力された様子が目に浮かびます。大変で勇気のいったことも多々あったと思いますが。やっぱり、雅代さんの「大丈夫」の一言が一番ですね。ぺティ先生も天国で喜んでおられると思います。

  23. やまさ より:

    「風邪の効用」思わず、なるほど〜〜〜と納得です。
    風邪を引く事の意味がわかれば、感謝しながら対処する事が出来ますね!
    栄養補強を始めてからは、本当に医者いらずで助かってます。

    団塊男さんへ

    充電会参加・コメント書き込み、おめでとうございます。
    素敵なご家族ですね!
    年齢関係なく、気付けた時がチャンスですもん。
    すぐにコメントを書かれたり、行動されてる団塊男さん!是非コメントを書き続けて下さい。
    私も頑張ります。
    素直って素晴らしいなと学ばせて頂きました。
    ありがとうございます。

  24. ひなまる より:

    「風邪の効用」はとても勉強になりました。
    風邪を引くことは体が弱いからだとかマイナスのイメージがあったので
    風邪を引くことにも意味があると知るとありがたい気持ちになります。
    人間の体って本当にすごいですね。
    子供達は、寒くなってくるこの時期には必ず鼻水を出すのですが
    毒素を出しているんだということがわかったので
    今までみたいに神経質にならずに済みます。
    ありがとうございました。

  25. 『風邪の効用」について、私も以前は風邪引きに対してマイナスイメージを抱いていたので、ペティ先生から伺い、目から鱗!でした。
    それ以来、ひなまるさん同様、子供たちが風邪を引いても神経質にならずに済み、大助かりです!ペティ先生にはいつも物事を色んな角度から観る様教えて戴いた様に思います。ブログを拝読していたら何だかペティ先生がお傍にいて下さる様な不思議な感覚がします。ペティ先生、本当に多くのことを教えて頂きまして、どうもありがとうございました!

    だいすけ@福岡さん
    ペティ先生のテキスト、保存為さっていらっしゃるなんて、流石ですね!是非頂きたいです。お手すきの時に宜敷くお願い致します!

    団塊男さん
    充電会に参加、ブログへのコメント初投稿と、素晴らしい行動力ですね!うさこさんやincaroseさん同様、私も父に読ませたいぐらいです!
    心遣い、氣遣いの仕方に付いてはアメジストさんも書かれている様に雅代メソッドの「相手の心と頭になって考える」が一番ではないかと私も思います。でも、では具体的にはどうすれば?と言うことだと思いますが、師はお母様だけでなく、身近にお嬢様と言う素敵な方がいるではありませんか!そしてそのお嬢様をお育てになった奥様が!今迄同様ご家族と色んなことをお話し、ご指摘頂いたことに感謝為さって(←これはとても大事!)、先ずはそれを実践為さることから始めてみては如何ですか?
    私も子供から教わる日々です。氣付きは年齢、性別関係なく多くの方々から得られると思います。私も未だ未だ至らないのでお互い、頑張りましょう!

  26. ひまわり より:

    「風邪の効用」はとても勉強になります。そういえば栄養補強前は一年に必ず数回風邪を引いていました。
    一度かかると長くて・・・特に咳がなかなか止まらず大変でしたが、体が解毒をしていたのですね。
    風邪にも感謝ですね☆

    栄養補強を始めてから、おかげさまで風邪はほとんど引かず、たまに引きかけてもガードを多めにして睡眠をたっぷりとると次の日には治ります。体力と免疫力も強くなったのだと思います。
    本当に有り難いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!