「ベーコン」がベーコンにならなくてすんだ話~「ジョリー・タイムス」より


     ☆★☆残暑お見舞い申し上げます!☆★☆

お盆も過ぎ、日差しもどこか秋の色を帯びてきたようにも思えるものの、
暑さはまだまだ勢い衰えず……。

ですが、お子さんの夏休みも残すところあとわずか。

残りの夏の日々、「雅代メソッド」を駆使しながら元気いっぱいに、思い切り楽しく
満喫したいものですね。

今日はその残暑にふさわしく、こんがりHOTに始まり、でもちょっと冷や汗をかきつつ、
読み終わるとじんわり心が温まってくるお話を、
皆さんおなじみの「ジョリー・タイムス」からお届けします。

♪♫ベーコンがベーコンにならなくてすんだ話♪♫

食べるベーコンは豚から作られ、火でジュージュー焼いて、こんがりと焦げ目をつけると
香ばしく美味しい物です。

これは最近本当にあった、めでたしめでたしの話です。

ある人が「ベーコン」と言う名前のブタを家でペットとして飼っていました。

ところが主人が外出した際、その家が火事にあってしまいました。

彼は、火事の知らせを聞いた途端に「ベーコン」のことが心配で心配で、
やっとこさ家にたどりつきました。

すると、家は全焼してしまっていたのですが、運よく「ベーコン」は無事消防士達に
運ばれ、助けられていたのです。

『ベーコン! よくぞベーコンにならないでいてくれた!!』

この主人の喜びの叫びで、「ベーコン」は ベーコンにならなかった「ベーコン」と
いろいろなニュースで報道され、一躍有名なブタになってしまいました。
(おしまい)

Bacon
写真:九死に一生を得たブタのベーコン。
もっとも実物のベーコンの写真は入手できなかったのですが、
ここはロブさんが代わりに見つけてくれた可愛いペットのブタの写真を、どうぞ!

===========================

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

★重要★
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。

This entry was posted in ジョリー・ストーリー(楽しいお話), 心温まるお話. Bookmark the permalink.

18 件のコメントがあります。 「ベーコン」がベーコンにならなくてすんだ話~「ジョリー・タイムス」より

  1. ダヤン より:

    蜩が鳴きはじめ、確実に秋は近づいているようですが、まだまだ暑いですね。
    日中は、体が燃えるように熱くなる時もあり、火事じゃなくてもベーコンになりそうで、つい節電など忘れて冷房の中で快適に過ごしてしまいます。
    ブタもペットになると、かわいらしいですね。

  2. ジョリー・タイムスの掲載ありがとうございます!
    ベーコン君には悪いですが、記事を読んでベーコンが
    食べたくなりました。

    お盆中実家に帰省し、帝王切開の未熟児で生まれた甥の
    様子を見てきました。まだ入院中ですが、体重は順調に増加
    (現在1700gくらい)し、検査に全く引っかかることなく
    結構元気そうでした。妹は妊娠する前から、栄養補強をしており
    その効果があったようです。
    母の健康は子供の健康に直結するのだと改めて思いました。

  3. Cocoro より:

    ジョリー・タイムスの掲載ありがとうございます。
    ベーコン君は火事で焼けて「ベーコン」にならなくて本当に良かったですね。
    ほっこりするお話をありがとうございます。

    今日、初めてブログでご紹介いただいたどんぶりを作ってみました。
    さっぱりしていて、暑い時も食が進みますね。
    何よりも洗って、切って…で、簡単にできるのがいいですね。
    また作りたいと思います~

  4. そら より:

    ジョリータイムスからの掲載ありがとうございます ペットも大事な家族です。ベーコンがベーコンにならなくて良かった。笑ってほっと一息つけます

  5. アメジスト より:

    私もダヤンさん同様、厳しい残暑でベーコンになりそうです。かわいいブタちゃんの写真に癒されました。楽しいお話をありがとうございます。

  6. とよみ より:

    豚のベーコンが、ベーコンにならずに済んだ!ということがニュースで報道される、ユーモアいっぱいのアメリカならではの、ひろーい心がのぞけて、楽しい気持ちになります。暑さいっぱいの毎日ですが、ちょっと余裕の気持ちをもって、過ごしたいと思います。

  7. ケミー(あけみ) より:

    火事で逃げられない状況の中、ベーコン君は相当焦ったことでしょう。私だったら、「きっと誰かが助けに来てくれる!」と、手を合わせ祈っていることでしょう。ベーコン君は、手を合わせられないけれど、消防隊員の方に助け出され、無事で良かったです。ベーコンがベーコンにならなくて、本当に良かったね!楽しいお話を、ありがとうございます!心がホッカホカになりますね!^^

  8. 敦子 より:

    写真のブタちゃんを見て、ペットのブタ君もうなずけました。
    ここにもロブさんが登場され、当時にかわされた雅代さんとの会話を
    想像し暖かい気持ちになりました。ありがとうございました。。

    だいすけ@愛知さん
    妹さんの無事ご出産おめでとうございます。
    母子共お元気で重ね重ねおめでとうございます。

  9. twinstar より:

    ベーコン君のお話をありがとうございます。残暑厳しい中、このほっこりするお話と写真の豚くんを見ていると癒されます。

  10. さとみワトソン より:

    いつもロブさんはユーモアたっぷりで心温まるお話を私達に紹介してくださっていました。正にこのお話もその1つ。ペットの豚に「ベーコン」と名づけるオーナーのユーモアのセンスも最高! そういえば、前に会ったアメリカ人の方が、自分の猫に「Neko(ねこ)」という名前をつけていました。日本が好きな方だったので、なるほど・・・納得でした♪

  11. 顕琢 より:

     おはようございます!

    残暑お見舞い申し上げます!

    猛暑ももうちょと、といったところでしょうか?

    ほんとに、暑い時ほど、「こんがりHOTに始まり、でもちょっと冷や汗をかきつつ、読み終わるとじんわり心が温まってくるお話」がいですね。
    ピッタリの「ジョリー・タイムス」でした。

      ありがとうございます。I LOVE YOU!    顕琢

  12. 太田みほ子 より:

    何回読んでも、このベーコン君の話は、「ベーコンにならずに良かったなあ」と心がほっとします。ペットは家族の大切な一員。消防隊の人たちに感謝ですね。

    アメジストさん、息子さんたちのその後の成長、とても嬉しく拝見しました。これからも楽しみですね。

  13. MIZUNO より:

    このお話は、読んでいて心がホッと暖かくなります。「ベーコン」という名前をつける飼い主のユーモアが良いですね。

  14. もこな より:

    そろそろベーコン君の話が掲載されるかな~と思っていたら本当に掲載されていました。
    飼い主にとってはかわいい家族の一員のベーコン君が本当のベーコンにならなくて良かったです。

    我が家もCocoroさん同様、休日に厚揚げドンサラダを作りましたというより母に作ってもらいました。
    暑い中でもさっぱりとおいしくいただけるので、ついつい食べ過ぎてしまいました。

  15. ミヤケン より:

    今年も、「ベーコン」の心温まるお話しの掲載をありがとうございます。

    我が家では犬(ミニチュアダックス2匹)を飼っています。
    なので「ベーコンの話し」は、ひと(犬)ごとではありません。
    まだまだ、暑い日が続くので、「ホット・ドック」になってしまうのではないかと…
    気がかりです。

  16. ベーコンがベーコンにならなくて良かったです。今年うちにはカブトムシがまたやってきました。生き物って可愛いです。夜中にゴソゴソ動いています。

  17. りんりん より:

    豚をベーコンと名付づけ、ペットとして飼うなんて、『彼は、火事の知らせを
    聞いた途端に「ベーコン」のことが心配で心配で』というくらい、ほんとに
    豚が大好き人なんですね。火事という不幸の中に、笑えるユーモアのお話に、
    心和みます。

    >だいすけさん、
    妹さんのご出産おめでとうございます!
    未熟児にも関わらず、すこやかに成長しておられるご様子、良かったですね。
    だいすけさんが「冥土の土産」に始められた栄養補強が、妹さんとそのお子様
    への「お土産」として役立っているのですから、素晴らしいですね。

  18. 宮兄 より:

    心が和むベーコンの話を有り難うございます。留学をしていた時に猫を1ヶ月位飼っていた事があるのですが、名前をつけるのを悩んで居るうちに居なくなってしまいました。(近所の人の話によると、車にひかれたらしいのですが…)
    このオーナーのようなユーモアのセンスがあったらなぁと、今更ながら思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


bannerクリック忘れはありませんか?人気ブログランキングのクリックをお願いね!